子宮頚管炎

出典: meddic

頚管炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性淋菌性汎発性腹膜炎の1例
  • 馬場 洋介,松原 茂樹,角田 哲男,近藤 恵,町田 静生,鈴木 光明
  • 自治医科大学紀要 29, 187-191, 2006-12-01
  • … 女性の淋菌感染症は多くの場合子宮頚管炎・下部尿路感染症を示すが汎発性腹膜炎となる場合もある。 …
  • NAID 110006457567
  • 当科で診断されたChlamydia trachomatis子宮頚管炎患者の臨床的検討
  • 本藤 徹,菅生 元康
  • 日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases 13(1), 87-92, 2002-06-20
  • NAID 10011520202

関連リンク

子宮頚管炎. STDは不妊症の原因にも. STD(性感染症)を放っておくと不妊症の原因や 子供に感染します。 自宅で簡単、早めの ... 子宮頚管炎は単独で起こることはまれで、 子宮頚管炎は、子宮頚管内に球菌、大腸菌、淋菌、クラミジア、連鎖球菌などの細菌が ...
子宮頸管炎。子宮頸管炎とはどんな病気か 子宮頸部(けいぶ)の炎症性病変で、性交 後に腟から病原体が上行性に感染して起こるものが多く、主な病原体はクラミジアや 淋菌(りんきん)などの細菌です。分娩や人工妊娠中絶などの子 gooヘルスケア 家庭の ...

関連画像

子宮頚管炎についてクラミジアによる子宮頚管炎子宮 頚 管 炎 の 状態 です クラミジアによる子宮頚管炎 男性尿道炎・女性子宮頚管炎子宮 頚 管 は 子宮 の 入口 に


★リンクテーブル★
国試過去問101G002」「106H021」「080A026
リンク元淋病」「Chlamydia trachomatis
拡張検索淋菌性子宮頚管炎」「子宮頚管炎マーカー」「マイコプラズマ子宮頚管炎
関連記事子宮」「頚管炎」「子宮頚管」「子宮頚」「

101G002」

  [★]

  • 37歳の2回経産婦。妊娠28週4日。少量の出血と規則的な腹部緊満感とを主訴に来院した。外子宮口は閉鎖しているが、少量の出血を認める。経膣超音波検査では、内子宮口の漏斗状開大を認め、子宮頸管長は24mmである。胎児心拍数陣痛図で子宮の収縮は当初15分に1回程度であったが、徐々にその間隔は短縮しつつある。胎児は週数相当の発育を示しており、特別な異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球401万、Hb12.0g/dl、Ht36%、白血球16,400、血小板25万。CRP6.9mg/dl。子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ4.4μg/ml(基準1.6以下)。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G001]←[国試_101]→[101G003

106H021」

  [★]

  • 18歳の女子。月経時の下腹部痛を主訴に来院した。 15歳ころから月経時の下腹部痛を自覚するようになった。下腹部痛は月経開始日から始まり、軽い頭痛悪心とを伴う。今回は特に症状が強かったため、月経3日目に受診した。初経は13歳。月経周期は28日型、整。経血量は正常範囲内である。体温36.0℃。脈拍84/分、整。血圧112/72mmHg。内診所見上、子宮は正常大で可動性は良好である。卵巣を触知しない。血液所見:赤血球380万、 Hb11.8g/dL、 Ht36%、白血球7,800、血小板18万。 CRP0.7mg/dL。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H020]←[国試_106]→[106H022

080A026」

  [★]

  • 成熟婦人で急激な下腹痛を訴えるのはどれか
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

淋病」

  [★]

gonorrhea (US)(oは発音しない), gonorrhoea (UK?)
gonorrhoea
淋疾 (淋病の方がよく使われるらしい)、gonococcal infectiongonococcal infections
淋菌細菌性感染症
  • 淋菌 Neisseria gonorrhoeaeによって起こる性病、性感染症

特徴

病原体

疫学

潜伏期間

感染経路

  • 性行為

症状(SMB.215)

  • 著明な排尿痛を伴った尿道炎(急性前部尿道炎)に始まり膿性分泌物(外尿道口からの乳白色から黄色の排膿)を排出。潜伏期は2-5日。発熱は大抵ない。 →淋菌性尿道炎
  • 進展すると後部尿道炎、精巣炎、前立腺炎、精巣上体炎を合併。発熱を来す。
  • 菌血漿を来たし、関節炎などを併発することもある
  • 子宮頚管炎/頚管炎。尿道炎、バルトリン腺炎、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎等の骨盤内炎症性疾患(pelvic inflammatory diseases, PID)に進展 →不妊、子宮外妊娠などの原因。
  • 婦人科的炎症症状(膿性帯下、不正性器出血、性交痛、下腹部痛など)を呈する
  • 半数近くが不顕性。

合併症

経過

検査

培養

治療(SMB.215)

  • 第一選択:ペニシリン系抗菌薬。
  • ペニシリナーゼ産生淋菌 penicillinase-producing N. gonorrhoeae PPNG:βラクタマーゼ阻害薬を合剤した合剤ペニシリン
  • スペクチノマイシン、セフトリアキソンも評価されている
  • ニューロキノロン耐性淋菌20-60%

予防

Chlamydia trachomatis」

  [★]

クラミジア・トラコマティストラコーマクラミジア
特殊な細菌クラミジアクラミジア感染症クラミジアトラコマティス症

特徴

  • 扁性細胞寄生菌 ← 細胞内への移行性・ペプチドグリカン無く、βラクタム無効、アミノグリコシド無効
  • 細胞壁有り
  • ペプチドグリカン無し

感染症

眼科

SOP.176

産婦人科

G9M.67,68,74
  • 潜伏期間2-3週間で、多くは無症状で経過。帯下は軽度増量し、水様透明の漿液性

泌尿器科

  • 尿道炎
  • 精巣上体炎

一般的な治療

国試




淋菌性子宮頚管炎」

  [★]

gonococcal cervicitis
淋菌性子宮頸管炎


子宮頚管炎マーカー」

  [★]

markers of cervicitis
頚管炎


マイコプラズマ子宮頚管炎」

  [★]

mycoplasma cervicitis

子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



頚管炎」

  [★]

cervicitis
cervicitis uteri
子宮頚管炎 uterine cervicitis子宮頸管炎子宮頸炎子宮頸部炎、子宮頚炎、子宮頚部炎頸管炎
淋疾
[show details]

定義

  • 子宮頚部に病原体の感染が起こり発症する

病原体

  • 細菌
  • ウイルス
  • 原虫
  • 真菌

症状

  • 帯下の増加

診断

  • 子宮頚管分泌物の培養検査、免疫学的検査(蛍光抗体法)、核酸増幅法(クラミジア)

治療

  • 病原体に特異的な治療を行う。



子宮頚管」

  [★]

cervical canal (Z)
子宮頚部

子宮頚管長

  • 超音波エコー検査で妊娠30週台前半まで子宮頚管長は3-4cmである。これより短縮している場合には切迫流産頚管無力症を疑う。


子宮頚」

  [★]

cervix of uterus (KL,Z)
子宮


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡