大十二指腸乳頭

出典: meddic

major duodenal papilla (M,Z)
papilla duodeni major
ファーター乳頭 Vater乳頭 Vater's papilla papilla of Vaterファーテル乳頭
主膵管総胆管胆膵管膨大部括約筋小十二指腸乳頭十二指腸乳頭






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/04 23:58:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃全摘術後17年目に無症状で発見された巨大十二指腸乳頭部癌の1切除例
  • 川井田 博充,板倉 淳,河野 寛,日向 理,藤井 秀樹
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 70(5), 1393-1396, 2009-05-25
  • NAID 10024958055
  • 膵臓と大十二指腸乳頭の神経分布
  • 易 双勤
  • 金沢大学十全医学会雑誌 110(1), 41-51, 2001-02
  • … 織化学的に検討した.腹腔神経叢から膵頭部に向かう神経叢は総肝動脈に沿って走行する系統と,門脈系後方を横走する系統に分かれ,それぞれを前・後肝神経叢に分類し,これら神経叢について述べた.又,大十二指腸乳頭への神経分布として,後肝神経叢の総胆管に沿って下行する経路,膵頭神経叢第1部を経由し総胆管左側の膵実質を下行し総胆管・膵管合流部に達する経路と主膵管の左側に沿って乳頭に至る経路,上腸間膜 …
  • NAID 110000140410

関連リンク

上部(第一部): 胃の幽門口の続きで、右へ向かう部位。上部の始まりの部分は 十二指腸球部と呼ばれ、肝臓との間に小網が張る。十二指腸球部は潰瘍の好発部位で ある。 下行部(第二部): 十二指腸上部の続きで、下へ向かう部位。大十二指腸乳頭( ファーター ...
ファーター乳頭(ファーターにゅうとう、papilla Vater)とは、主膵管と総胆管が合流した 共通管が十二指腸下行部に開口している部分のこと。十二指腸乳頭部 (Major duodenal papilla)、大十二指腸乳頭とも呼ばれる。副膵管はファーター乳頭の2~3cm 口側に ...

関連画像

大十二指腸乳頭 合して大十二指腸乳頭に開く辛抱しんちゃんのブログ八 十二指腸の構造と働きについて


★リンクテーブル★
リンク元総胆管」「輪状ヒダ」「小十二指腸乳頭」「十二指腸縦ヒダ」「Vater's papilla
関連記事十二指腸」「乳頭」「

総胆管」

  [★]

common bile duct (Z), CBD
ductus choledochus, ductus biliaris
胆管系胆嚢肝臓オッディ括約筋

解剖

胆管



輪状ヒダ」

  [★]

circular folds (Z)
plicae circulares
ケルクリング・ヒダ ケルクリングヒダ Kerckringヒダ Kerckring folds、ケルクリング弁 Kerckring valves
大十二指腸乳頭



小十二指腸乳頭」

  [★]

minor duodenal papilla (Z)
papilla duodeni minor
大十二指腸乳頭十二指腸サントリーニ管



十二指腸縦ヒダ」

  [★]

longitudinal folds of duodenum (Z), longitudinal fold of duodenum
大十二指腸乳頭


Vater's papilla」

  [★] 大十二指腸乳頭ファーター乳頭


十二指腸」

  [★]

duodenum (Z)
消化器系小腸


解剖

first portion 上部、球部
second portion 下行部
third portion 水平部
fourth portion 上行部

上部

-superior part
KA. 291,311,312
KH. 170

血管

下行部 descending part

KA. 297

血管

水平部

horizontal part
KA. 297
KH. 170

血管

上行部

ascending part
KH. 170

血管

組織

1 2 3 4 5 6
上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織筋層 漿膜/外膜
単層円柱上皮 吸収上皮細胞、杯細胞(ムチンノーゲン分泌)、
内分泌細胞、M細胞
腸腺 吸収上皮細胞、杯細胞、
幹細胞、内分泌細胞、
パネート細胞
内輪層、外縱層 ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、
アルカリ性の粘液、
ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜 外膜
(下行部水平部)



乳頭」

  [★]

nipple, papilla
papilla mammae
乳房


位置

  • 鎖骨中線のあたりであって、T4-T5肋骨の間、すなわち第4肋間隙にある(♂)、と思われる。
  • 上記の位置は、性差・個体差あり(KL.265)

臨床関連

  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ):圧迫部位は両乳頭のを結ぶ線と胸骨が交わる部位である。胸骨のやや下部となる。


頭」

  [★]

頭部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡