大動脈裂孔

出典: meddic

aortic hiatus (M,K), aortic opening (K)
hiatus aorticus
大動脈

  • T12椎体の高さ (KL.257)
  • 横隔膜を貫通しない

この構造を通過する器官 (N.189, M.105,175)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 再発横隔膜ヘルニアに対してMesh Plug and on lay sheetにて修復を行った1例
  • 杉藤 公信,越永 従道,星野 真由美,井上 幹也,後藤 博志,池田 太郎,萩原 紀嗣
  • 日本小児外科学会雑誌 40(7), 910-913, 2004-12-20
  • … 鎖した.術後65日目に胸腹部単純レントゲン写真にて左胸腔内に異常ガス像と縦隔の右方偏位とを認め,胸部CT検査で再発横隔膜ヘルニアの診断を得た.術後69日目に左開胸法にてアプローチし,後側中央部から大動脈裂孔付近にかけて径2cm×2cmのヘルニア門を確認した.ヘルニア嚢は後腹膜と連続しており一部が破れ,同部位より小腸と結腸の一部が脱出していた.脱出臓器を腹腔内へ返納した後ヘルニア嚢を修復し頭側からヘ …
  • NAID 110002115948
  • 解剖体および胃癌手術所見からみた大動脈裂孔周囲のリンパ経路と郭清意義について
  • 山田 和彦,大山 繁和,太田 惠一朗,松原 敏樹,山口 俊晴,武藤 徹一郎
  • 日本消化器外科学会雑誌 36(6), 443-450, 2003-06-01
  • NAID 110001294831
  • 解剖体所見から見た大動脈周囲リンパ節郭清の要点
  • 山田 和彦,大山 繁和,篠原 寿彦,辻 和彦,天岡 望,永野 秀樹,太田 恵一朗,山口 俊晴,松原 敏樹,平井 一郎,木村 理,武藤 徹一郎
  • 日本外科学会雑誌 103(臨時増刊), 572, 2002-03-10
  • NAID 110003951328

関連リンク

術後69日目に左開胸法にてアプローチし,後側中央部から大動脈裂孔付近にかけて径 2cm×2cmのヘルニア門を確認した.ヘルニア嚢は後腹膜と連続しており一部が破れ,同 部位より小腸と結腸の一部が脱出していた.脱出臓器を腹腔内へ返納した後ヘルニア嚢 ...
18. 臨床解剖研究会記録 No. 2 2002. 2. 第回臨床解剖研究会記録 ... 大動脈裂孔とリンパ系経路. 山田和彦. 大山繁和. 篠原寿彦. 辻 和彦. 天岡 望. 太田惠 一朗. 山口俊晴. 中島聰總. 高橋 孝. 武藤徹一郎. 癌研究会附属病院消化器外科 ...

関連画像

大動脈裂孔横隔膜図.png食道裂孔ヘルニアとは横隔膜:おうかくまくパーソナルトレーナーのお勉強正面 背面 前方斜め 後方斜め


★リンクテーブル★
リンク元腹腔動脈」「横隔膜」「腹部大動脈」「奇静脈」「胸管
関連記事大動脈」「裂孔」「動脈

腹腔動脈」

  [★]

celiac trunk (M,N,KH,KL,KA), celiac artery (Z)
  • 図:KL.404

由来

走行

腹腔動脈 腹大動脈で横隔
膜の大動脈裂孔
のすぐ遠位
ただちに分かれて,左胃動脈,脾動脈,総肝動脈となる 食道,胃,十二指腸(胆管よりも近位部),肝臓,胆汁路,膵臓
左胃動脈 腹腔動脈 後腹膜を上行して食道裂孔に至り,そこで肝胃間膜の2葉のあいだを通る 食道の遠位部と胃の小窩
脾動脈 腹腔動脈 後腹膜を膵臓の上緑に沿って走り,それから脾腎ヒダの2葉のあいだを脾門まで走る 膵体,脾臓,胃の大網
左胃大網動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃の大雪に向かう 胃の大考の左側
短胃動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃底に向かう 胃底
肝動脈 腹腔動脈 後腹膜を走って肝十二指腸間膜に至り,その葉のあいだを走って関門に達し,2本に分かれて右および左肝動脈となる 肝臓,胆嚢,胃,膵臓,十二指腸,肝臓の各葉
胆嚢動脈 右肝動脈 肝十二指腸問膜の中で起こる 胆嚢と胆管
右胃動脈 肝動脈 肝胃間膜の葉のあいだを走る 胃の小琴の右側
胃十二指腸動脈 肝動脈 後腹膜を下行し,胃十二指腸境界の後方を通る 胃,膵臓,十二指腸の第1部,胆管の遠位部
右胃大網動脈 胃十二指腸動脈 大網の葉のあいだを走り,胃の大雪に至る 胃の大雪の右側
前上膵十二指腸動脈および後上膵十二指腸動脈 胃十二指腸動脈 膵頭を下行する 十二指腸の近位部と膵頭
前下膵十二指腸動脈および後下膵十二指腸動脈 上腸間膜動脈 後腹膜で膵頭を上行する 十二指腸の遠位部と膵頭





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






腹部大動脈」

  [★]

adbominal aorta (Z)
aorta abdominalis
腹大動脈(解剖学では腹大動脈、臨床では腹部大動脈が一般的?)
大動脈
[show details]


  • 下行大動脈であって腹腔内にある大動脈
  • 図:N.257

由来

走行

  • 横隔膜の大動脈裂孔より

枝 (KL.404-408)

  1. 腹側臓側枝:前面から起こる無対性の枝で、消化管および消化管から由来する臓器に分布
    1. 腹腔動脈
      1. 左胃動脈
      2. 脾動脈
      3. 総肝動脈
    2. 上腸間膜動脈
      1. 下膵十二指腸動脈
      2. 空腸動脈
      3. 回腸動脈
      4. 中結腸動脈
      5. 右結腸動脈
      6. 回結腸動脈
    3. 下腸間膜動脈
      1. 左結腸動脈
      2. S状結腸動脈
      3. 上直腸動脈
  2. 外側臓側枝:前外側に向かう有対性の枝で、有対性の臓器、主として泌尿器に分布
    1. 中副腎動脈
    2. 腎動脈
    3. 精巣動脈卵巣動脈
  3. 壁側枝:後外側に向かう枝で、体壁に分布
    1. 下横隔動脈
    2. 腰動脈
    3. 正中仙骨動脈
  4. 終枝
    1. 総腸骨動脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


奇静脈」

  [★]

azygos vein (Z)
vena azygos
右縦胸静脈 vena thoracica longitudinalis dextra
半奇静脈副半奇静脈上行腰静脈上大静脈
門脈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



胸管」

  [★]

thoracic duct (Z)
ductus thoracicus
リンパ系リンパ本幹


  • 図:N.204(肺のリンパ管), 258(腹部)
  • 長さ40cm, 太さ2-3mm(Z)
  • 腹大動脈と共に大動脈裂孔を通過する
  • 下方では乳糜槽に繋がる


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




裂孔」

  [★]

hiatusesophageal hiatushiatal
食道裂孔


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡