大動脈弁下狭窄症

出典: meddic

subvalvular aortic stenosis SAS, subaortic stenosis
大動脈弁下膜性狭窄?、大動脈弁下狭窄
大動脈弁上狭窄症大動脈弁狭窄症



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1)分離型大動脈弁下狭窄症に合併した閉塞性肥大型心筋症の一例(第198回日本循環器学会関東甲信越地方会)
  • 藤田 進彦,高山 守正,佐々木 朝子,菊池 有史,藤本 啓志,大野 忠明,小原 俊彦,高野 照夫,別所 竜蔵,新田 隆,落 雅美,西谷 一晃
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 70(Supplement_II), 1095, 2006-04-20
  • NAID 110004871580
  • 52) 左室駆出血流パターンと脳血流および腎血流パターンの密接な関連が確認できた特発性大動脈弁下狭窄症の1例(第84回日本循環器学会四国地方会)
  • 濱田 希臣,稲葉 慎二,小松 次郎,池田 俊太郎,渡辺 浩毅,栗村 美佐子,久保田 典夫
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(Supplement_III), 957, 2004-10-20
  • NAID 110002699593

関連リンク

y.大動脈弁下狭窄症:SAS. ほとんどの大動脈弁狭窄症のお子さんは大動脈弁の レベルでの狭窄を示しますが、大動脈弁の下の左心室の出口が狭くなっている(大動脈 弁下狭窄)お子さんがいらっしゃいます。 堤防状の硬い瘢痕組織が張り出しており、 これが左 ...
2009年3月12日 ... IHSSでは左心室の出口付近からトンネル状に狭くなり、僧帽弁が巻き上げられる(S...

関連画像

12) 大動脈弁下狭窄症 IHSS 大動脈弁下狭窄症)等の患者 大動脈 狭窄 症 という 病気


★リンクテーブル★
先読み大動脈弁狭窄症
リンク元SAS」「大動脈弁上狭窄症
拡張検索特発性肥大性大動脈弁下狭窄症」「特発性肥大型大動脈弁下狭窄症」「分離型大動脈弁下狭窄症」「限局性大動脈弁下狭窄症
関連記事大動脈弁」「大動脈」「」「狭窄」「狭窄症

大動脈弁狭窄症」

  [★]

aortic stenosis, AS, aortic valve stenosis
大動脈狭窄症大動脈弁狭窄
大動脈弁先天性大動脈弁狭窄症

病因

  • 先天性
  • 二尖弁:高齢者で石灰化を来し、ASの症状が出現する。
  • 閉鎖型:まれ。
  • 後天性
  • 感染症 :溶連菌感染によるリウマチ熱(現在では稀となっている)、感染性心内膜症
  • 血管疾患:動脈硬化に続発  →  最も多い、らしい

重症度の区分

ガイドライン1
  軽度 中等度 高度
連続波ドプラ法による最高血流速度(m/s) <3.0 3.0 -4.0 ≧4.0
簡易ベルヌイ式による収縮期平均圧較差(mmHg) <25 25 -40 ≧40
弁口面積(cm2) >1.5 1.0 -1.5 ≦1.0
弁口面積係数(cm2/m2) <0.6

身体所見

  • 聴診:
  • 奇異性分裂(A弁の狭窄により大動脈側の押し戻す圧力(back pressure)が上がるのに時間がかかり、A2音のdelayとなる)。収縮期雑音が両頚部で聴取される。
  • 往復雑音 to-and-fro murmur:拡張期の逆流性雑音に加え、一回拍出量の増加による相対的大動脈弁狭窄による収縮期雑音を聴取。

症状

  • 長く無症状で持続。

検査

ガイドライン1
表21 大動脈弁狭窄症の治療方針を判断する上での診断的手法の実施
クラスⅠ
1 心電図検査
2 胸部X線写真、心エコー・ドプラ法
  • 心エコー:大動脈弁の開放制限と収縮期モザイク
[show details]

ガイドライン

  • 1. 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2007年改訂版)

参考

  • 1. [charged] 成人における大動脈弁狭窄症の臨床像とその評価 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における大動脈弁狭窄症の自然歴 - uptodate [2]

国試



SAS」

  [★]

大動脈弁上狭窄症」

  [★]

supravalvular aortic stenosis, SVAS
大動脈弁上狭窄大動脈弁上部狭窄
大動脈弁下狭窄症大動脈弁狭窄症、(妖精顔の先天奇形)ウィリアムズ症候群


特発性肥大性大動脈弁下狭窄症」

  [★]

idiopathic hypertrophic subaortic stenosisIHSS
非対称性心室中隔肥大肥大型心筋症閉塞性肥大型心筋症特発性肥大性大動脈弁下狭窄特発性肥大型大動脈弁下狭窄症


特発性肥大型大動脈弁下狭窄症」

  [★]

idiopathic hypertrophic subaortic stenosis, IHSS
特発性肥大性大動脈弁下狭窄

分離型大動脈弁下狭窄症」

  [★]

discrete subaortic stenosis
限局性大動脈弁下狭窄症


限局性大動脈弁下狭窄症」

  [★]

discrete subaortic stenosis
分離型大動脈弁下狭窄症


大動脈弁」

  [★]

aortic valve (Z), AV
valva aortae
大動脈弁閉鎖不全肺動脈弁心臓




Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

ガイドライン


大動脈」

  [★]

aorta (Z), Ao
大動脈弁
  • 大動脈径:胸骨左縁アプローチで左室長軸断面を得て、心エコーMモードで評価。




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

狭窄」

  [★]

stenosis, stricture, constriction, narrowing



狭窄症」

  [★]

stenosisstenosesstenotic
狭窄




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡