塩酸タムスロシン

出典: meddic

タムスロシン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前立腺肥大症に対する塩酸タムスロシン0.2 mg から0.3 mg への増量効果の検討
  • 久松 浩,山下 修史
  • 泌尿器科紀要 56(6), 297-300, 2010-06
  • We determined the clinical efficacy of a loading dose of tamsulosin (0.2-0.3 mg) in patients with benign prostate hyperplasia (BPH). Tamsulosin was administered at a dose of 0.3 mg to 26 patients with …
  • NAID 120002233420
  • PP-421 先行α1遮断薬(塩酸タムスロシン)効果不十分例におけるナフトピジル75mg/日投与の有用性の検討(発表・討論,第98回日本泌尿器科学会総会)
  • 瀧 知弘,勝田 麗美,全並 賢二,大堀 賢,松原 広幸,中村 小源太,日比 初紀,山田 芳彰,本多 靖明
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(2), 474, 2010-02-20
  • NAID 110007868861

関連リンク

塩酸タムスロシンとは。効果、副作用、使用上の注意。 膀胱頸部(ぼうこうけいぶ)、尿道、前立腺(ぜんりつせん)肥大組織に作用して、 前立腺肥大症に伴う排尿困難 、 夜間頻尿 、 残尿感 などを改善する薬です。従来の薬に比べて ...
タムスロシン塩酸塩カプセル0.2mg「オーハラ」 タムスロシン塩酸塩カプセル0.1mg「オーハラ」 タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg「アメル」 タムスロシン塩酸塩OD錠0.1mg「アメル」 タムスロシン塩酸塩カプセル0.2mg「オーハラ」 ...

関連画像

フロマックス | フロマックスMR タムスロシン塩酸塩 タムスロシン塩酸塩 タムスロシン塩酸塩OD錠タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg「CH

添付文書

薬効分類名

  • 前立腺肥大症の排尿障害改善剤

販売名

塩酸タムスロシンカプセル0.1mg「アメル」

組成

有効成分

  • 1カプセル中、日局タムスロシン塩酸塩0.1mg

添加物

  • 結晶セルロース(粒)、ヒプロメロースフタル酸エステル、ステアリン酸カルシウム、エチルセルロース、タルク、塩化カルシウム、グリセリン脂肪酸エステル、トウモロコシデンプン、黄色三二酸化鉄、酸化チタン、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 前立腺肥大症に伴う排尿障害
  • 通常、成人にはタムスロシン塩酸塩として0.2mgを1日1回食後に経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 起立性低血圧のある患者〔症状が悪化するおそれがある。〕
  • 重篤な肝機能障害のある患者〔血漿中濃度が上昇するおそれがある。〕
  • 重篤な腎機能障害のある患者〔血漿中濃度が上昇するおそれがある。〕
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤を服用している患者(「相互作用」の項参照)

重大な副作用

失神・意識喪失

(頻度不明)

  • 血圧低下に伴う一過性の意識喪失等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止し適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

(頻度不明)

  • AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、黄疸等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 尿道及び前立腺部のアドレナリンα1-受容体遮断により下部尿路平滑筋弛緩作用が強く、尿道内圧を低下させ、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善する。強い選択的α1-受容体遮断作用を示し、例えばヒト前立腺標本受容体結合実験で、プラゾシン塩酸塩より2.2倍、フェントラミンメシル酸塩より40倍強い。また、α1-受容体サブタイプに対する親和性が異なり、前立腺に多いα1Aに選択性を示すことが前立腺組織への高い選択性の理由と考えられる。3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • タムスロシン塩酸塩(Tamsulosin Hydrochloride)

化学式

  • C20H28N2O5S・HCl=444.97

化学名

  • 5-{(2R)-2-[2-(2-Ethoxyphenoxy)ethylamino]propyl}-2-methoxybenzenesulfonamide monohydrochloride

性状

  • 白色の結晶である。
    ギ酸に溶けやすく、水にやや溶けにくく、酢酸(100)に溶けにくく、エタノール(99.5)に極めて溶けにくい。
    融点:約230℃(分解)。


★リンクテーブル★
リンク元ポリソルベート80」「tamsulosin hydrochloride
関連記事タムスロシン」「」「塩酸

ポリソルベート80」

  [★]

polysorbate 80
polysorbas 80
M.V.I.-12アドステロール-I131アトルバスタチンイノマールイムネースイモバックスポリオイルガスインジウム(111In)オキシンインデラニックインフルエンザHAワクチンウビロンウルサミックエイムゲン エキセメスタンエクセラーゼ配合エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセバックガーダシルキューカルキョーリンAP2配合クラリスロマイシングランケフレックスケルナックゴクミシンコバテンシンシンレスタールスピロノラクトンセファクロルダイメジン・マルチタムスロシン塩酸塩タンチパン配合ネオM.V.I.-9ネオラミン・マルチVビタジェクトフッコラートフルカリック1号ベザリップヘパンED配合マインベースヤンヤン温パップ ヤンヤン冷パップ ライドラースランソプラゾールレバミピドロタテック塩酸タムスロシン
ポリソルベート


tamsulosin hydrochloride」

  [★] 塩酸タムスロシンタムスロシン塩酸塩タムスロシン


タムスロシン」

  [★]

tamsulosin
塩酸タムスロシン tamsulosin hydrochlorideタムスロシン塩酸塩
ウロスロールタムスロンハラナシンハルスローハルタムハルナールパルナックハルリーブハロネロールリストリーム
αアドレナリン受容体遮断薬アドレナリン受容体
その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬


分類

  • 選択的α1受容体拮抗薬

作用機序

  • 前立腺に存在するα1A受容体を介して作用

薬理作用

  • 下部尿路平滑筋弛緩作用が強い。
  • 血圧は下げない

適応

添付文書

  • ハルナールD錠0.1mg/ハルナールD錠0.2mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2590008F1026_1_08/2590008F1026_1_08?view=body



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡