培養

出典: meddic

culturecultivationincubationculturecultivateincubatecultural
インキュベーションインキュベート栽培習慣、信条、培養液培養的保温温置培養物文化文化的起業支援培養組織養殖


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/13 20:31:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 7価肺炎球菌結合型ワクチン接種後に発症した侵襲性肺炎球菌感染症の2例 : 当科の血液培養陽性例の推移
  • 塩穴 真一,藤田 修平,五十嵐 登 [他]
  • 小児科臨床 67(8), 1271-1276, 2014-08
  • NAID 40020125764
  • 新しい三次元培養法による癌幹細胞の解析 (第1土曜特集 癌幹細胞) -- (癌幹細胞のアッセイシステム)
  • 腸管上皮幹細胞培養 : 幹細胞ニッチと大腸癌 (第1土曜特集 癌幹細胞) -- (癌幹細胞のアッセイシステム)
  • 川﨑 健太,佐藤 俊朗
  • 医学のあゆみ 250(1), 71-75, 2014-07-05
  • NAID 40020109875

関連リンク

培養(ばいよう、culture)とは、微生物、或いは多細胞生物の細胞や組織の一部を人工 的な環境下で育てる事である。多細胞生物を個体単位で育てる場合は飼育や栽培 として区別される。本稿では主に微生物の培養を扱う。組織の培養に関しては組織培養 を ...

関連画像

概 要培養 装置 カスタム 培養  データ 培養平板(セレウス菌画像クリックで拡大表示 細胞培養の実際 (大量培養機

添付文書

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

沈降インフルエンザワクチンH5N1「北里第一三共」(チンハイ株,10mL×1)

組成

製法の概要

  • 本剤は、厚生労働省より指定されたインフルエンザウイルス株を発育鶏卵の尿膜腔内にゲンタマイシン硫酸塩及びカナマイシン硫酸塩とともに接種して培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をとり、ゾーナル遠心機を用いたしょ糖密度勾配遠心法により精製濃縮後、ホルマリンにより不活化した後、水酸化アルミニウムゲルを加え不溶化し、さらに、リン酸塩緩衝塩化ナトリウム液を用いてウイルスのHAが規定量含まれるよう希釈調整した液剤である。

組成

  • 本剤は、1mL中に下記の成分・分量を含有する。

有効成分(製造株)

  • 不活化インフルエンザウイルス
    A/bar headed goose/Qinghai/1A/2005(H5N1)(SJRG-163222) HA含有量(相当値)は、30μg

アジュバント

  • 水酸化アルミニウムゲル(アルミニウム換算) 0.3mg

緩衝剤

  • リン酸水素ナトリウム水和物 2.5mg
    リン酸二水素カリウム 0.4mg
    塩化ナトリウム 8.1mg

安定剤

  • ホルマリン(ホルムアルデヒド換算) 0.0025w/v%以下

保存剤

  • チメロサール 0.001w/v%

効能または効果

  • 本剤は、新型インフルエンザ(H5N1)の予防に使用する。


  • 通常、0.5mLをおよそ3週間の間隔をおいて、筋肉内もしくは皮下に2回注射する。


慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、注意して接種すること。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者及び本剤の成分又は鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のもの、ゲンタマイシン硫酸塩、カナマイシン硫酸塩に対して、アレルギーを呈するおそれのある者
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 間質性肺炎、気管支喘息等の呼吸器系疾患を有する者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うに際し、注意を要する状態にある者


薬効薬理

  • 臨床試験において、健康成人男性に本剤を2回接種した後の中和抗体価は、接種前と比較して、皮下接種で平均7.5倍の上昇、筋肉内接種で平均12.4倍の上昇を示した。また、中和抗体陽転率は、それぞれ75.0%、100.0%であった。
    一方、健康成人に本剤を2回筋肉内接種した後の中和抗体価は、接種前と比較して平均5.1倍の上昇を示し、中和抗体陽転率は80.5%であった。
    本剤を2回接種することにより、インフルエンザウイルス(H5N1)に対する中和抗体価の上昇が認められたことから、新型インフルエンザの発症防止や重症化防止等の効果が期待される。
    本剤の類薬をマウスに2回接種することにより、類薬と同じ抗原性の強毒株インフルエンザウイルス(H5N1)の感染に対して発症防御することが報告されている4)。また、同様の試験において、類薬と異なる抗原性の強毒株インフルエンザウイルス(H5N1)に対する中和抗体価も誘導し、攻撃に対してもウイルス増殖を抑制するとともに発症防御することが報告されている5)


★リンクテーブル★
先読みculture」「cultural」「cultivate」「incubate
国試過去問106I051
リンク元リゾプス属」「cultivation」「incubation」「習慣」「培養液
拡張検索アメリカ培養細胞系統保存機関」「脳脊髄液培養」「連続継代培養」「嫌気培養

culture」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「grow in a special preparation; "the biologist grows microorganisms"」

WordNet   license wordnet

「(biology) the growing of microorganisms in a nutrient medium (such as gelatin or agar); "the culture of cells in a Petri dish"」

WordNet   license wordnet

「the raising of plants or animals; "the culture of oysters"」

WordNet   license wordnet

「a particular society at a particular time and place; "early Mayan civilization"」
civilization, civilisation

WordNet   license wordnet

「the attitudes and behavior that are characteristic of a particular social group or organization; "the developing drug culture"; "the reason that the agency is doomed to inaction has something to do with the FBI culture"」

WordNet   license wordnet

「the tastes in art and manners that are favored by a social group」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『教養』;修養;教化 / 〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化 / 〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》」


cultural」

  [★]

  • adj.
  • 文化の、教養の。啓発的な、文化的な。人文上の
  • 培養上の、栽培上の、飼育の
cultivate, cultivation, culturally, culture, incubate, incubation

WordNet   license wordnet

「relating to the raising of plants or animals; "a cultural variety"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『文化的な』;教養の,文化の / 『栽培上の』;培養の」

WordNet   license wordnet

「denoting or deriving from or distinctive of the ways of living built up by a group of people; "influenced by ethnic and cultural ties"- J.F.Kennedy; "ethnic food"」
ethnic, ethnical

WordNet   license wordnet

「of or relating to the arts and manners that a group favors; "cultural events"; "a person of broad cultural interests"」

WordNet   license wordnet

「of or relating to the shared knowledge and values of a society; "cultural roots"」


cultivate」

  [★]

  • v.
  • 栽培する、培養する
cultivationculturalcultureincubateincubationrear

WordNet   license wordnet

「foster the growth of」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈土地〉'を'『耕す』;〈作物〉'を'『栽培する』;〈魚など〉'を'養殖する / …'を'『教化する』,養成する,育成する / …'を'得ようとする」

WordNet   license wordnet

「prepare for crops; "Work the soil"; "cultivate the land"」
crop, work


incubate」

  [★]

  • v.
  • インキュベートする、温置する、保温する、培養する
cultivatecultivationculturalcultureincubation

WordNet   license wordnet

「grow under conditions that promote development」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈鳥が〉〈卵〉‘を'抱く,かえす;(人工的に)〈卵〉‘を'ふ化する / 〈考え・計画など〉‘を'じっくりと考える,熟考する / 〈鳥が〉卵を抱く,巣につく;〈卵が〉かえる」


106I051」

  [★]

  • 32歳の女性。不正性器出血を主訴に来院した。 6か月前から、性交後の出血と月経時以外の出血とがあった。初経13歳。月経周期は28日型、整。身長165cm、体重54kg。体温37.2℃。内診所見上、分泌物は血性で少量であり、子宮は前傾前屈で正常大である。両側付属器とDouglas窩とに異常を認めない。血液所見:赤血球305万、 Hb10.7g/dL、 Ht29%、白血球8,800、血小板24万。酢酸加工後のコルポスコピィの写真(別冊No. 10)を別に示す。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I050]←[国試_106]→[106I052

リゾプス属」

  [★]

Rhizopus
クモノスカビ属, Rhizopus属
ムコール目?、ムコール科?。ムコール症
写真

感染症

Template:生物分類表 クモノスカビは、菌界・接合菌門・接合菌綱・ケカビ目・ケカビ科(あるいはユミケカビ科)に属するカビ(Rhizopus)の和名である。基質表面をはう菌糸の様子がクモの巣を思わせることから、その名がある。

一般的特徴

クモノスカビは、湿った有機物表面に出現する、ごく普通のカビである。空中雑菌として出現することも多い。

体制はケカビに似ている。菌糸体は多核体の菌糸からなり、基質中に菌糸をのばすが、基質表面から気中へと匍匐菌糸をのばすのが特徴である。匍匐菌糸は基質の上をはい、基質につくとそこから菌糸をのばす。そのため、ケカビに比べると、コロニーの成長が早く、あっというまに広がる。基質の表面に広がる気中菌糸は、その表面に水滴がつき、きらきらと輝き、クモの網のように見える。

無性生殖は、胞子のう胞子による。胞子嚢柄は匍匐菌糸が基質に付着したところから出て、その下には仮根状菌糸が伸びる。胞子のう柄はほとんど分枝せず、先端に大きな胞子のうを1つつける。胞子のうは、ケカビのものによく似ているが、胞子のう柄の先端がすこし広がって胞子のうに続き、胞子のう内部の柱軸になめらかに続いている(ケカビでは、胞子のう柄は胞子のうのところでくびれる)。このような胞子のう直下のふくらみをアポフィシスと呼び、ケカビ目の属の分類では重要な特徴とされる。ただし、ユミケカビ(Absidia)ほど明瞭ではないので、見分けにくい場合もある。

胞子は、胞子嚢の壁が溶けることで放出される。はじめは壁がとろけてできた液粒の中に胞子が入った状態だが、すぐに乾燥し、柱軸も乾いて傘状に反り返り、その表面に胞子が乗った状態になる。クモノスカビの胞子はケカビなどにくらべて乾燥に強そうな、丈夫な表面を持ち、条模様が見られるのが普通である。

有性生殖は、ケカビと同じように、配偶子のう接合によって接合胞子のうを形成する。一部の種をのぞいては自家不和合性なので、接合胞子のうを見掛けることは少ない。接合胞子のう柄はH字型で、丸くふくらむ。接合胞子のうは黒褐色に着色し、その表面は凹凸がある。

人間との関係

クモノスカビは、基本的には腐生であるが、弱い寄生菌として、植物の病原体になる場合がある。食物の上に出現することも多い。モモなどの柔らかい果実について、その腐敗を早めることもある。

極めて成長が早いので、微生物培養時にコンタミとしてこれが侵入すると、一夜にして全てを覆いつくす。胞子もよく飛ぶのでいやがられる。

他方、コウジカビを使う日本以外のアジア全域において、紹興酒などのの醸造で麹に用いられたり、インドネシアでは茹でた大豆に生やしてテンペ(Tempeh)という食品にする例がある。

分類

100を越える種が記載されている。形態が単純で分類が難しい類でもある。実際の種数は十数種といわれる。

  • Rhizopus stronifer (Ehrenberg: Fr.) Vuillemin:もっとも普通な種
  • R. arrhizus Went. et Prinsen Geerl:食品等に利用されるもの
  • R. sexualis (Smith) Callen :自家和合性の種
  • R. microsporus van Tieghem, 1875
  • R. oligosporus Saito:テンペの醗酵に利用される種
-クモノスカビ属


cultivation」

  [★]

  • n.
cultivateculturalcultureincubateincubationrear

WordNet   license wordnet

「the process of fostering the growth of something; "the cultivation of bees for honey"」

WordNet   license wordnet

「(agriculture) production of food by preparing the land to grow crops (especially on a large scale)」

WordNet   license wordnet

「socialization through training and education to develop one''s mind or manners; "her cultivation was remarkable"」

WordNet   license wordnet

「the act of raising or growing plants (especially on a large scale)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「耕作;栽培;養殖 / 養成,教化,修養」


incubation」

  [★]

  • n.
cultivatecultivationculturalcultureincubate

WordNet   license wordnet

「(pathology) the phase in the development of an infection between the time a pathogen enters the body and the time the first symptoms appear」

WordNet   license wordnet

「maintaining something at the most favorable temperature for its development」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ふ化 / (病気の)潜伏,潜伏期」


習慣」

  [★]

habituationhabitcustompractice
行う開業習性嗜癖習慣性、信条、実行、治療慣れ培養練習診療習慣化慣習実践


培養液」

  [★]

culture mediumculture mediamediummediaculture solutionculture
栽培培地培養培養物文化培養組織養殖メディア


アメリカ培養細胞系統保存機関」

  [★]

American Type Culture CollectionATCC
アメリカ合衆国・養細胞系統保存機関


脳脊髄液培養」

  [★]

cerebrospinal fluid culture, CSF culture
脳脊髄液


連続継代培養」

  [★]

serially passaged culture


嫌気培養」

  [★]

anaerobic culture





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡