国試 102

出典: meddic

102A001 102B001 102C001 102D001 102E001 102F001 102G001 102H001 102I001
102A002 102B002 102C002 102D002 102E002 102F002 102G002 102H002 102I002
102A003 102B003 102C003 102D003 102E003 102F003 102G003 102H003 102I003
102A004 102B004 102C004 102D004 102E004 102F004 102G004 102H004 102I004
102A005 102B005 102C005 102D005 102E005 102F005 102G005 102H005 102I005
102A006 102B006 102C006 102D006 102E006 102F006 102G006 102H006 102I006
102A007 102B007 102C007 102D007 102E007 102F007 102G007 102H007 102I007
102A008 102B008 102C008 102D008 102E008 102F008 102G008 102H008 102I008
102A009 102B009 102C009 102D009 102E009 102F009 102G009 102H009 102I009
102A010 102B010 102C010 102D010 102E010 102F010 102G010 102H010 102I010
102A011 102B011 102C011 102D011 102E011 102F011 102G011 102H011 102I011
102A012 102B012 102C012 102D012 102E012 102F012 102G012 102H012 102I012
102A013 102B013 102C013 102D013 102E013 102F013 102G013 102H013 102I013
102A014 102B014 102C014 102D014 102E014 102F014 102G014 102H014 102I014
102A015 102B015 102C015 102D015 102E015 102F015 102G015 102H015 102I015
102A016 102B016 102C016 102D016 102E016 102F016 102G016 102H016 102I016
102A017 102B017 102C017 102D017 102E017 102F017 102G017 102H017 102I017
102A018 102B018 102C018 102D018 102E018 102F018 102G018 102H018 102I018
102A019 102B019 102C019 102D019 102E019 102F019 102G019 102H019 102I019
102A020 102B020 102C020 102D020 102E020 102F020 102G020 102H020 102I020
102A021 102B021 102C021 102D021 102E021 102F021 102G021 102H021 102I021
102A022 102B022 102C022 102D022 102E022 102F022 102G022 102H022 102I022
102A023 102B023 102C023 102D023 102E023 102F023 102G023 102H023 102I023
102A024 102B024 102C024 102D024 102E024 102F024 102G024 102H024 102I024
102A025 102B025 102C025 102D025 102E025 102F025 102G025 102H025 102I025
102A026 102B026 102C026 102D026 102E026 102F026 102G026 102H026 102I026
102A027 102B027 102C027 102D027 102E027 102F027 102G027 102H027 102I027
102A028 102B028 102C028 102D028 102E028 102F028 102G028 102H028 102I028
102A029 102B029 102C029 102D029 102E029 102F029 102G029 102H029 102I029
102A030 102B030 102C030 102D030 102E030 102F030 102G030 102H030 102I030
102A031 102B031 102C031 102D031 102E031 102F031 102G031 102H031 102I031
102A032 102B032   102D032 102E032   102G032 102H032 102I032
102A033 102B033   102D033 102E033   102G033 102H033 102I033
102A034 102B034   102D034 102E034   102G034 102H034 102I034
102A035 102B035   102D035 102E035   102G035 102H035 102I035
102A036 102B036   102D036 102E036   102G036 102H036 102I036
102A037 102B037   102D037 102E037   102G037 102H037 102I037
102A038 102B038   102D038 102E038   102G038 102H038 102I038
102A039 102B039   102D039 102E039   102G039   102I039
102A040 102B040   102D040 102E040   102G040   102I040
102A041 102B041   102D041 102E041   102G041   102I041
102A042 102B042   102D042 102E042   102G042   102I042
102A043 102B043   102D043 102E043   102G043   102I043
102A044 102B044   102D044 102E044   102G044   102I044
102A045 102B045   102D045 102E045   102G045   102I045
102A046 102B046   102D046 102E046   102G046   102I046
102A047 102B047   102D047 102E047   102G047   102I047
102A048 102B048   102D048 102E048   102G048   102I048
102A049 102B049   102D049 102E049   102G049   102I049
102A050 102B050   102D050 102E050   102G050   102I050
102A051 102B051   102D051 102E051   102G051   102I051
102A052 102B052   102D052 102E052   102G052   102I052
102A053 102B053   102D053 102E053   102G053   102I053
102A054 102B054   102D054 102E054   102G054   102I054
102A055 102B055   102D055 102E055   102G055   102I055
102A056 102B056   102D056 102E056   102G056   102I056
102A057 102B057   102D057 102E057   102G057   102I057
102A058 102B058   102D058 102E058   102G058   102I058
102A059 102B059   102D059 102E059   102G059   102I059
102A060 102B060   102D060 102E060   102G060   102I060
  102B061     102E061   102G061   102I061
  102B062     102E062   102G062   102I062
        102E063   102G063   102I063
        102E064   102G064   102I064
        102E065   102G065   102I065
        102E066   102G066   102I066
        102E067   102G067   102I067
        102E068   102G068   102I068
        102E069   102G069   102I069
                102I070
                102I071
                102I072
                102I073
                102I074
                102I075
                102I076
                102I077
                102I078
                102I079
                102I080

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ハンガリー留学組が国試合格 歪んだ偏差値至上主義に一石 (特集 医師・看護師 大激変!! : カネと権力に異変あり : 医師編)
  • 102回看護師国家試験の東京アカデミーのデータ分析 : 専任教員ができる国試対策へのヒント (特集 2014年の国試に向けてできること)
  • 模擬試験成績とヒューマンエラー発生数との関係について
  • 国試を活かして学生指導(第6回)注射剤・輸液に関する問題

関連リンク

トピックス. 第102回医師国家試験問題および解答について. 平成20年2月16日(土)、 17日(日)及び18日(月)に実施した第102回医師国家試験の問題および解答を公開 する。 第102回医師国家試験問題. A問題 (1~31ページ(PDF:497KB)、 32~33 ...
第102回歯科医師国家試験問題および解答について. 平成21年2月7日(土)、8日(日 )に ...
2008年3月30日 ... 第102回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編 - 身体のコト、病気のコト。医学の楽し さ、伝えます。 - 医学処 -医学の総合案内所-
2008年3月30日 ... 第102回医師国家試験 学校別ランキング 総計編 - 身体のコト、病気のコト。医学の楽し さ、伝えます。 - 医学処 -医学の総合案内所-

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問102B014」「102E062」「102B058」「102B057」「102B060」「102B062」「102B061」「102B059」「102E061」「102E063」「102E059」「102H032」「102A023」「102H031」「102B047」「102F028」「102G068」「102D048」「102E067」「102E069
リンク元医師国家試験
関連記事国試

102B014」

  [★]

  • 大腸癌に対して感度80%、特異度70%の検査がある。ある地区でこの検査を施行したところ、100人の陽性者が見つかった。
  • 真に大腸癌を有すると予測される人数はどれか。
  • a. 20人
  • b. 30人
  • c. 70人
  • d. 80人
  • e. 予測できない
[正答]


※国試ナビ4※ 102B013]←[国試_102]→[102B015

102E062」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。複視を主訴に来院した。
  • 現病歴:1か月前から物が二重に見えるようになった。同じころから上の方を見上げると、右目に異物があるような感じがするようになった。眼科を受診したところ、視力に異常はないが眼底に出血があると言われた。脳神経外科で受けた頭部MRIでも異常がないと言われた。症状が良くならないので、精密検査を希望して来院した。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で内服薬を服用している。
  • 現症:意識は清明。身長158cm、体重56kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。顔面の発汗に左右差はない。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。起立・歩行障害はない。四肢に不随意運動はなく、頭痛、失語・失行・失認および項部硬直を認めない。正面視における顔の写真を以下に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見:赤血球429万、Hb13.6g/dl、Ht41%、白血球6,000、血小板27万。血液生化学所見:空腹時血糖146mg/dl、HbAl。6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素13.0mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST19IU/l、ALT24IU/l、Na141mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 0.1mg/dl。


  • 既往歴や体質について質問をしていたところ、次のような発言がみられた。医原性の症状はどれか。
  • a. 「埃っぽいところで作業をすると、すぐ鼻水が出てきます。一度出始めると作業を離れても.4、5日間続くので困ります」
  • b. 「映画館で足を組んで夢中で映画を見ていたら、上にしていた方の足が数日間つまずくようになったことがあります」
  • c. 「6か月前に老人会で旅行に行きました。昼食の食べ物にあたって、吐いたり下痢したりで大変でした」
  • d. 「病院の読み聞かせボランティアに行っていますが、行くと決まって声がかすれてしまいます」
  • e. 「食事が遅くなると、手が震えたり、動悸がしたり、冷や汗が出たりして大変です」
[正答]


※国試ナビ4※ 102E061]←[国試_102]→[102E063

102B058」

  [★]

  • 次の文を読み、57~59の問いに答えよ。
  • 60歳の男性。歩行困難とめまいのため搬入された。
  • 現病歴:本日の午後1時、会読で立って発言中に突然めまいと嘔吐とが出現し、ふらふらして、まっすぐ立っていられなくなった。歩こうとするとふらついてよろけそうになった。
  • 既往歴:20年前から高血圧。
  • 家族歴:父親が高血圧。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重72kg。体温36.2℃。呼吸数20/分。臥位で脈拍84/分、整。血圧180/90mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。知能は正常である。頭痛はない。失語・失行・失認を認めない。瞳孔径は右2mm、左5mm。瞼裂は右で狭く、右眼球陥凹を認める。前額部や胸部の発汗は左で目立つ。右の末梢性顔面神経麻痺、右への側方注視麻痺、眼振および右上下肢の小脳性運動失調を認める。視力、眼底所見、対光反射、眼球の幅湊に伴う縮瞳反応、四肢筋力、触覚、深部感覚および四肢の深部腱反射は正常である。構音障害、嚥下障害、病的反射および不随意運動を認めない。
  • 入院時検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球430万、Hb 14.5g/dl、Ht41%、白血球6,200、血小板28万、血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素8.0mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、AST 24IU/l、ALT 119IU/l、LDH270IU/l(基準176~353)。心電図と頭部単純CTとに異常を認めない。
  • 異常を示す検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B057]←[国試_102]→[102B059

102B057」

  [★]

  • 次の文を読み、57~59の問いに答えよ。
  • 60歳の男性。歩行困難とめまいのため搬入された。
  • 現病歴:本日の午後1時、会読で立って発言中に突然めまいと嘔吐とが出現し、ふらふらして、まっすぐ立っていられなくなった。歩こうとするとふらついてよろけそうになった。
  • 既往歴:20年前から高血圧。
  • 家族歴:父親が高血圧。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重72kg。体温36.2℃。呼吸数20/分。臥位で脈拍84/分、整。血圧180/90mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。知能は正常である。頭痛はない。失語・失行・失認を認めない。瞳孔径は右2mm、左5mm。瞼裂は右で狭く、右眼球陥凹を認める。前額部や胸部の発汗は左で目立つ。右の末梢性顔面神経麻痺、右への側方注視麻痺、眼振および右上下肢の小脳性運動失調を認める。視力、眼底所見、対光反射、眼球の幅湊に伴う縮瞳反応、四肢筋力、触覚、深部感覚および四肢の深部腱反射は正常である。構音障害、嚥下障害、病的反射および不随意運動を認めない。
  • 入院時検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球430万、Hb 14.5g/dl、Ht41%、白血球6,200、血小板28万、血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素8.0mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、AST 24IU/l、ALT 119IU/l、LDH270IU/l(基準176~353)。心電図と頭部単純CTとに異常を認めない。
  • 認められる所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B056]←[国試_102]→[102B058

102B060」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 9か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨夜から37.8℃の発熱を認めた。黄色水様の下痢が5回あり、食欲は低下していた。今朝から排便はない。母乳を3回与えたが、3回とも吐いた。顔色不良で、激しく泣いた後、ぐったりする状態を繰り返している。
  • 発育・発達歴:在胎39週、胎盤早期剥離のため、緊急帝王切開で出生した。体重3,225g。Apgarスコア3点(1分)。追視2か月、あやし笑い3か月、首のすわり6か月、寝返り6か月、お坐り9か月。母乳栄養で、生後5か月から離乳食を開始している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長72cm、体重7,800g。体温37.5℃。心拍数140/分、整。無表情でうとうととしている。皮膚と口唇とは乾燥し、皮膚色は蒼白である。眼瞼結膜はやや貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、右下腹部は空虚であり、右上腹部を触ると激しく泣く。項部硬直を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球311万、Hb10.7g/dl、Ht31%、白血球12,600(好中球66%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球24%)、血小板21万、血液生化学所見:血糖76mg/dl、総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.4g/dl、尿素窒素9.0mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST21IU/l、ALT18IU/l、LDH362IU/l(基準340~700)、ALP580IU/l(基準780以下)、Na138mEq/l、K4.5mEq/l、CI97mEq/l。CRPl.8mg/dl。
  • この児の発達で異常なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B059]←[国試_102]→[102B061

102B062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 9か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨夜から37.8℃の発熱を認めた。黄色水様の下痢が5回あり、食欲は低下していた。今朝から排便はない。母乳を3回与えたが、3回とも吐いた。顔色不良で、激しく泣いた後、ぐったりする状態を繰り返している。
  • 発育・発達歴:在胎39週、胎盤早期剥離のため、緊急帝王切開で出生した。体重3,225g。Apgarスコア3点(1分)。追視2か月、あやし笑い3か月、首のすわり6か月、寝返り6か月、お坐り9か月。母乳栄養で、生後5か月から離乳食を開始している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長72cm、体重7,800g。体温37.5℃。心拍数140/分、整。無表情でうとうととしている。皮膚と口唇とは乾燥し、皮膚色は蒼白である。眼瞼結膜はやや貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、右下腹部は空虚であり、右上腹部を触ると激しく泣く。項部硬直を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球311万、Hb10.7g/dl、Ht31%、白血球12,600(好中球66%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球24%)、血小板21万、血液生化学所見:血糖76mg/dl、総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.4g/dl、尿素窒素9.0mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST21IU/l、ALT18IU/l、LDH362IU/l(基準340~700)、ALP580IU/l(基準780以下)、Na138mEq/l、K4.5mEq/l、CI97mEq/l。CRPl.8mg/dl。
  • 腹部超音波検査でみられる所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B061]←[国試_102]→[102C001

102B061」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 9か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨夜から37.8℃の発熱を認めた。黄色水様の下痢が5回あり、食欲は低下していた。今朝から排便はない。母乳を3回与えたが、3回とも吐いた。顔色不良で、激しく泣いた後、ぐったりする状態を繰り返している。
  • 発育・発達歴:在胎39週、胎盤早期剥離のため、緊急帝王切開で出生した。体重3,225g。Apgarスコア3点(1分)。追視2か月、あやし笑い3か月、首のすわり6か月、寝返り6か月、お坐り9か月。母乳栄養で、生後5か月から離乳食を開始している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長72cm、体重7,800g。体温37.5℃。心拍数140/分、整。無表情でうとうととしている。皮膚と口唇とは乾燥し、皮膚色は蒼白である。眼瞼結膜はやや貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に軽度の発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、右下腹部は空虚であり、右上腹部を触ると激しく泣く。項部硬直を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球311万、Hb10.7g/dl、Ht31%、白血球12,600(好中球66%、好酸球3%、好塩基球2%、単球5%、リンパ球24%)、血小板21万、血液生化学所見:血糖76mg/dl、総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.4g/dl、尿素窒素9.0mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST21IU/l、ALT18IU/l、LDH362IU/l(基準340~700)、ALP580IU/l(基準780以下)、Na138mEq/l、K4.5mEq/l、CI97mEq/l。CRPl.8mg/dl。
  • まず行う処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B060]←[国試_102]→[102B062

102B059」

  [★]

  • 次の文を読み、57~59の問いに答えよ。
  • 60歳の男性。歩行困難とめまいのため搬入された。
  • 現病歴:本日の午後1時、会読で立って発言中に突然めまいと嘔吐とが出現し、ふらふらして、まっすぐ立っていられなくなった。歩こうとするとふらついてよろけそうになった。
  • 既往歴:20年前から高血圧。
  • 家族歴:父親が高血圧。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重72kg。体温36.2℃。呼吸数20/分。臥位で脈拍84/分、整。血圧180/90mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛や抵抗を認めない。知能は正常である。頭痛はない。失語・失行・失認を認めない。瞳孔径は右2mm、左5mm。瞼裂は右で狭く、右眼球陥凹を認める。前額部や胸部の発汗は左で目立つ。右の末梢性顔面神経麻痺、右への側方注視麻痺、眼振および右上下肢の小脳性運動失調を認める。視力、眼底所見、対光反射、眼球の幅湊に伴う縮瞳反応、四肢筋力、触覚、深部感覚および四肢の深部腱反射は正常である。構音障害、嚥下障害、病的反射および不随意運動を認めない。
  • 入院時検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球430万、Hb 14.5g/dl、Ht41%、白血球6,200、血小板28万、血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素8.0mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、AST 24IU/l、ALT 119IU/l、LDH270IU/l(基準176~353)。心電図と頭部単純CTとに異常を認めない。
  • 病変はどこにあるか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B058]←[国試_102]→[102B060

102E061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。複視を主訴に来院した。
  • 現病歴:1か月前から物が二重に見えるようになった。同じころから上の方を見上げると、右目に異物があるような感じがするようになった。眼科を受診したところ、視力に異常はないが眼底に出血があると言われた。脳神経外科で受けた頭部MRIでも異常がないと言われた。症状が良くならないので、精密検査を希望して来院した。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で内服薬を服用している。
  • 現症:意識は清明。身長158cm、体重56kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。顔面の発汗に左右差はない。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。起立・歩行障害はない。四肢に不随意運動はなく、頭痛、失語・失行・失認および項部硬直を認めない。正面視における顔の写真を以下に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見:赤血球429万、Hb13.6g/dl、Ht41%、白血球6,000、血小板27万。血液生化学所見:空腹時血糖146mg/dl、HbAl。6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素13.0mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST19IU/l、ALT24IU/l、Na141mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 0.1mg/dl。


  • 右目にみられる症候はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E060]←[国試_102]→[102E062

102E063」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。複視を主訴に来院した。
  • 現病歴:1か月前から物が二重に見えるようになった。同じころから上の方を見上げると、右目に異物があるような感じがするようになった。眼科を受診したところ、視力に異常はないが眼底に出血があると言われた。脳神経外科で受けた頭部MRIでも異常がないと言われた。症状が良くならないので、精密検査を希望して来院した。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で内服薬を服用している。
  • 現症:意識は清明。身長158cm、体重56kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。顔面の発汗に左右差はない。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。起立・歩行障害はない。四肢に不随意運動はなく、頭痛、失語・失行・失認および項部硬直を認めない。正面視における顔の写真を以下に示す。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見:赤血球429万、Hb13.6g/dl、Ht41%、白血球6,000、血小板27万。血液生化学所見:空腹時血糖146mg/dl、HbAl。6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン4.5g/dl、尿素窒素13.0mg/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST19IU/l、ALT24IU/l、Na141mEq/l、K5.1mEq/l、Cl 103mEq/l。CRP 0.1mg/dl。


  • 異常を認める可能性が高いのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E062]←[国試_102]→[102E064

102E059」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠37週。5時間前に少量の性器出血の後、規則的な子宮収縮が始まり次第に強くなったため来院した。28歳時に子宮筋腫核出術を受けた後、不妊治療で妊娠が成立し、妊婦健康診査を受けていた。1週前の妊娠36週時の診察では、血圧140/92mmHg、尿蛋白1+であったが、胎児発育は正常で胎児心拍数モニタリングでは異常を認めなかった。意識は清明。身長160cm、体重70kg。体温37.0℃。脈拍92/分、乳血圧142/941mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。右上腹部に軽度の圧痛を認める。5分間隔で40秒間の子宮収縮を認めるが、間欠期には子宮は軟らかく圧痛を認めない。Leopold診察法第2段で大きくて板状の塊を右手に触れる。膣鏡診では子宮口から少量の出血を認める。内診では子宮口は軟らかく、前方に位置し、4cm開大しており胎児の頭髪を触れる。児頭の高さはSp±0である。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球350万、Hb9.8g/dl、Ht34%、白血球9,600、血小板9万。血液生化学所見:空腹時血糖105mg/dl、HbA1c(基準4.3~5.8)、総蛋白6.0g/dl、アルブミン2.7g/dl、尿素窒素19.0mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸5.8mg/dl、AST50IU/l、ALT40IU/l、LDH400IU/l(基準176~353)。CRP0.6mg/dl。
  • この患者で正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E058]←[国試_102]→[102E060

102H032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。発熱を主訴に来院した。
  • 現病歴:1週前から咳嗽と喀痰とを認めていた。3日前から高熱となり、膿性痰が増量し、昨日から呼吸困難も増強したため来院した。
  • 既往歴:5年前から糖尿病を指摘され、食事療法を勧められていたが放置していた。
  • 生活歴:喫煙は30本/日を26年間。飲酒はビール大瓶1本/日を40年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長168cm、体重68kg、体温39.2℃。脈拍112/分、整。血圧138/96mmHg。左胸部打診で濁音を認める。心音に異常を認めない。左側の呼吸音の減弱を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋良1+、糖(-)。血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht40%、白血球13,900(好中球80%、好酸球5%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球10%)、血小板46万。血液生化学所見:血糖125mg/dl、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン2.6g/dl、尿素窒素20.0mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総ビリルビン0.3mg/dl、直接ビリルビン0.2mg/dl、AST53IU/l、ALT58IU/l、LDH340IU/l(基準176~353)、Na141mEq/l、K4.6mEq/l、Cl1O9mEq/l、Ca8.4mg/dl。免疫学所見:CRP16.9mg/dl、β-D-グルカン6.0pg/ml(基準20以下)。胸部エックス線写真と胸腔穿刺液のGram染色標本とを以下に示す。


  • 治療薬として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102H031]←[国試_102]→[102H033

102A023」

  [★]

  • 40歳の初妊婦。双胎妊娠のため妊娠10週3日に紹介受診となった。外来初診時の超音波検査では、胎児頭殿長<CRL>は30mmと29mm(10週相当)で、1絨毛膜2羊膜双胎と診断した。妊娠17週ころから両児間の推定体重に差を認めるようになり(第1子:180g、第2子:100g)、羊水量にも差を認めるようになった。妊娠17週6日に規則的子宮収縮を主訴に来院し入院となった。意識は清明。身長158cm。体重76kg。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧138/88mmHg。外診では10~20分間隔の不規則な子宮収縮を認めるが持続性の圧痛は認めない。超音波検査では、胎児推定体重は、第1子210g、第2子120gで体重差は43%である。第1子の羊水深度は90mmであるが他に形態異常は認めない。第2子の羊水深度は8mmで膀胱は描出できないが、他に明らかな形態異常は認めない。子宮頸管長は20mm。外子宮口は閉鎖しているが内子宮口の楔状の開大(funneling)を認める。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球387万、Hb1O.2g/dl、Ht33%、白血球8,800、血小板9万。血液生化学所見:空腹時血糖87mg/dl、HbA1c4.7%(基準4.3~5.8)、尿素窒素12.Omg/dl、クレアチニン0.4mg/dl、尿酸3.0mg/dl、AST20IU/l、ALT18IU/l、LDH18IU/l(基準176~353)。
  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A022]←[国試_102]→[102A024

102H031」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。発熱を主訴に来院した。
  • 現病歴:1週前から咳嗽と喀痰とを認めていた。3日前から高熱となり、膿性痰が増量し、昨日から呼吸困難も増強したため来院した。
  • 既往歴:5年前から糖尿病を指摘され、食事療法を勧められていたが放置していた。
  • 生活歴:喫煙は30本/日を26年間。飲酒はビール大瓶1本/日を40年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長168cm、体重68kg、体温39.2℃。脈拍112/分、整。血圧138/96mmHg。左胸部打診で濁音を認める。心音に異常を認めない。左側の呼吸音の減弱を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋良1+、糖(-)。血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht40%、白血球13,900(好中球80%、好酸球5%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球10%)、血小板46万。血液生化学所見:血糖125mg/dl、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン2.6g/dl、尿素窒素20.0mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総ビリルビン0.3mg/dl、直接ビリルビン0.2mg/dl、AST53IU/l、ALT58IU/l、LDH340IU/l(基準176~353)、Na141mEq/l、K4.6mEq/l、Cl1O9mEq/l、Ca8.4mg/dl。免疫学所見:CRP16.9mg/dl、β-D-グルカン6.0pg/ml(基準20以下)。胸部エックス線写真と胸腔穿刺液のGram染色標本とを以下に示す。


  • この疾患にみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102H030]←[国試_102]→[102H032

102B047」

  [★]

  • 45歳の女性。住宅建築会社の事務職員。のどの痛みを主訴に、会社の衛生管理者に付き添われて来院した。2か月前、住宅展示場の新築住宅案内係に異動した直後から屋内の刺激臭が気になっていた。1か月前から、出勤日に限って頭痛、鼻閉感、のどの痛み及び吐き気を自覚するようになり、3日前からのどの痛みが強くなった。身長155cm、体重50kg。体温36.6℃。血圧120/60mmHg。結膜は左右とも充血し、咽頭粘膜はびまん性に発赤している。皮膚に発疹を認めない。心音、呼吸音および腹部に異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈 10mm/1時間、赤血球 400万、Hb 12.5g/dl、白血球 8,000。血液生化学所見:AST 12IU/l、ALT 6IU/l。会社の衛生管理者が、勤務場所周辺での屋内化学物質濃度の測定結果を持参している。その結果は次のとおりである。測定条件:展示場の休業日に、住宅の出入り口と窓を閉めて測定。室内温度 28.5℃、温度 45%。ホルムアルデヒド39 μg/m3(指針値100)、総揮発性有機化合物365 μg/m3(目標値400)。
  • 衛生管埋者に対して、この受診者への対応について述べる意見として適切なのはどれか。
  • a. 特に措置を行わず経過をみる。
  • b. 勤務場所に空気清浄器を設置する。
  • c. 他の勤務場所へ配置転換を勧める。
  • d. ガーゼマスクを装着させて勤務させる。
  • e. 尿中の有機化合物代謝物の測定を指導する。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B046]←[国試_102]→[102B048

102F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 42歳の女性。不眠と頭痛とを主訴に来院した。
  • 現病歴:半年前に職場で管理職に昇進したころから不眠が出現した。疲れやすくて食欲もなく、趣味の社交ダンスもやめてしまった。この1か月は、夕方になると鈍い痛みを後頭部に感じ仕事に集中できなかった。部下に迷惑をかけているので思い切って仕事を辞めようかとも考えた。子供はおらず夫と二人暮らしである。心配した夫に病院に行くように強く勧められたため思い切って来院した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 家族歴:母親が糖尿病で通院治療中。
  • 現症:意識は清明。身長163cm、体重47kg。脈拍72/分、整。血圧104/72mmHg。眼瞼結膜に貧血を認めない。甲状腺腫大はない。頸部リンパ節は触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。筋力低下はなく、深部腱反射は正常である。
  • 医師が医療面接でこの患者にかける言葉のなかで、共感的態度を表しているのはどれか。
  • a. 「職場の人間関係がストレスなのですね、私も経験があります」
  • b. 「睡眠不足だと頭も痛くなりますし集中力も落ちますよね」
  • c. 「仕事を辞めようと思うほど支障をきたしているのですね」
  • d. 「子供さんがいない生活はずいぶん寂しいでしょうね」
  • e. 「この半年の間に一度も病院に行っていないのですか」
[正答]


※国試ナビ4※ 102F027]←[国試_102]→[102F029

102G068」

  [★]

  • 次の文を読み、67~69の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。歩行時の胸痛と息苦しさとを主訴に来院した。
  • 現病歴: 2か月前から階段を上がったとき前胸部痛を感じていた。前胸部痛は安静になると消失していた。2週前から平地歩行でも胸痛が出現するようになった。また、息苦しさも感じるようになった。
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 喫煙は20本/日を35年間。
  • 家族歴: 父親は高脂血症で加療中である。
  • 現症 : 身長162cm、体重75kg。脈拍72/分、整。血圧126/76mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常をみとめない。肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。
  • 検査所見: 血液所見:赤血球450万、Hb14.5g/dl、白血球6,800、血小板25万。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素15.0mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総コレステロール270mg/dl、トリグリセライド140mg/dl、HDL-コレステロール44mg/dl、AST25IU/l、ALT20IU/l。冠動脈造影写真を以下に示す。


  • 手術術式で適切なのはどれか。
  • a. 冠動脈1枝バイパス術(左前下行枝)
  • b. 冠動脈2枝バイパス術(左前下行枝、右冠動脈)
  • c. 冠動脈2枝バイパス術(左前下行枝、左回旋枝)
  • d. 冠動脈3枝バイパス術(左前下行枝、右冠動脈、対角枝)
  • e. 冠動脈3枝バイパス術(左前下行枝、右冠動脈、左回旋枝)
[正答]
※国試ナビ4※ 102G067]←[国試_102]→[102G069

102D048」

  [★]

  • 24歳の男性。発熱と頸部腫瘤とを主訴に来院した。1か月前に左頸部の腫瘤に気付いた。そのころから時々37~38℃の発熱も出現した。その後腫瘤はやや増大傾向にあった。生来健康で喫煙、飲酒はしない。意識は清明。体温37.8℃。左頭部および鎖骨上窩に径2cm、表面平滑で圧痛のないリンパ節を2個、両側腋窩に径2cmのリンパ節を1個ずつ、右鼠径部に径1.5cmのリンパ節を1個触知する。左口蓋扁桃の腫大を認める。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球462万、Hb14.2g/dl、Ht43%、白血球12,000(桿状核好中球5%、分葉核好中球62%、好酸球8%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球20%)、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白7.3g/dl、アルブミン4.2g/dl、尿素窒素16.0mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸7.6mg/dl、総コレステロール120mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST45IU/l、ALT32IU/l、LDH420IU/l(基準176~353)。CRP1.2mg/dl。胸部エックス線写真で両側肺門部に腫瘤影を認める。頭部リンパ節生検H-E染色標本を以下に示す。
  • この患者の治療で適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102D047]←[国試_102]→[102D049

102E067」

  [★]

  • 次の文を読み、67~69の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴:1週前から食事摂取が不十分となり、隣人が心配して時々様子を見回っていた。本日、自宅で失禁状態で倒れているところを発見された。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 3年前に妻に先立たれ、一人暮らし。食事摂取は不規則で、麺類のみの食事のことが多い。日本酒3~5合を毎晩飲んでいる。
  • 現症:意識は昏睡。体温34.4℃。呼吸数16/分。脈拍112/分、整。血圧104/60mmHg。皮膚は乾燥しており、前胸部にくも状血管腫を認める。顔面と下腿とに浮腫を認める。瞳孔は正円同大で対光反射は遅延している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を5cm触知する。
  • 検査所見:血液所見:赤血球314万、Hb10.2g/dl、白血球6,700、血小板9万。血液生化学所見:随時血糖102mg/dl、HbAaC5.2%(基準4.3~5.8)、総蛋白5.4g/dl、アルブミン、2.2g/dl、尿素窒素26.0mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン2.0mg/dl、直接ビリルビン1.6mg/dl、AST162IU/l、ALT120IU/l、Na136mEq/l、K3.5mEq/l。胸部エックス線写真で心胸郭比60%。
  • 最初に行う処置として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E066]←[国試_102]→[102E068

102E069」

  [★]

  • 次の文を読み、67~69の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴:1週前から食事摂取が不十分となり、隣人が心配して時々様子を見回っていた。本日、自宅で失禁状態で倒れているところを発見された。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 3年前に妻に先立たれ、一人暮らし。食事摂取は不規則で、麺類のみの食事のことが多い。日本酒3~5合を毎晩飲んでいる。
  • 現症:意識は昏睡。体温34.4℃。呼吸数16/分。脈拍112/分、整。血圧104/60mmHg。皮膚は乾燥しており、前胸部にくも状血管腫を認める。顔面と下腿とに浮腫を認める。瞳孔は正円同大で対光反射は遅延している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を5cm触知する。
  • 検査所見:血液所見:赤血球314万、Hb10.2g/dl、白血球6,700、血小板9万。血液生化学所見:随時血糖102mg/dl、HbAaC5.2%(基準4.3~5.8)、総蛋白5.4g/dl、アルブミン、2.2g/dl、尿素窒素26.0mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン2.0mg/dl、直接ビリルビン1.6mg/dl、AST162IU/l、ALT120IU/l、Na136mEq/l、K3.5mEq/l。胸部エックス線写真で心胸郭比60%。
  • 画像検査で重要なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E068]←[国試_102]→[102F001

医師国家試験」

  [★]

National Medical Licensure Examination
国試
1日10問国試過去問
101A006
  • 生後3か月の乳児。昨日から左肩に紅斑が出現し、本日、全身に拡大傾向を認めたため来院した。顔面と胸部との写真を以下に示す。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。




[正答]
※国試ナビ4※ 101A005]←[国試_101]→[101A007

100H033
  • 62歳の男性。最近、歩行と動作とが遅くなったため来院した。半年前から手が震えることに気付いていた。意識は清明。脳神経に異常はない。腱反射は正常で、病的反射はない。四肢に筋固縮を認め、安静時に左手の振戦を認める。
  • 可能性が高い疾患はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 100H032]←[国試_100]→[100H034

104B033
  • 内視鏡写真(別冊No.3)を別に示す。
  • 部位はどこか。





[正答]


※国試ナビ4※ 104B032]←[国試_104]→[104B034

095A070
  • 褥創が最も起こりやすい部位はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095A069]←[国試_095]→[095A071

100I001
  • 66歳の男性。路上生活者。1か月前から微熱を自覚している。近くの教会でおにぎりと味噌汁との支給があるために行ったところ、保健師から医療機関の受診を勧められ、ボランティアに付き添われて来院した。8年前に失業し、3年前から路上生活者となった。空き缶の回収等で小銭を稼いで生活をしており、路上生活の仲間と毎晩酒を飲む。意識は清明。体温37.2℃。脈拍84/分、整。血圧142/88mmHg。眼瞼結膜に軽度貧血を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H040]←[国試_100]→[100I002

099A059
  • 23歳の男性。高熱を主訴に来院した。半年前、東アフリカに渡航し、2週前に帰国した。2日前から悪寒戦慄を伴う高熱が出現した。意識は清明。体温39.8℃。呼吸数28/分。脈拍112/分、整。血圧138/74mmHg。胸部に異常所見はない。腹部に肝・脾を触知しない。末梢血塗抹Giemsa染色標本を以下に示す。診断はどれか。



[正答]
※国試ナビ4※ 099A058]←[国試_099]→[099A060

106D018



[正答]


※国試ナビ4※ 106D017]←[国試_106]→[106D019

107H021
  • 56歳の男性。食思不振体重減少とを訴え検査入院となり、病期Ⅳの胃の低分化腺癌と診断された。近日中に家族と面談することになったが、患者本人は「家族には必ず治る状態であると伝えて欲しい」と希望した。
  • 医師の最初の返答として適切なのはどれか。


  • a 「嘘をつくことはできません」
  • b 「どうしてそうおっしゃるのですか」
  • c 「ご家族との面談を中止しましょう」
  • d 「あなたからご家族にお伝えください」
  • e 「ご家族にはもっと軽い病状であると伝えましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 107H020]←[国試_107]→[107H022

102G026
  • ゴナドトロピンによる排卵誘発の副作用はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 102G025]←[国試_102]→[102G027

104I002



[正答]


※国試ナビ4※ 104I001]←[国試_104]→[104I003


国試」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡