喀痰培養

出典: meddic

sputum culture
痰培養

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肺非結核性抗酸菌症診断における気管支洗浄液検査の有用性に関する検討
  • 市木 拓,渡邉 彰,三好 愛,佐藤 千賀,阿部 聖裕,西村 一孝
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(4), 232-235, 2011-07-25
  • … り,喀痰培養検査では菌が検出されなかった57例中29例(51%)で本症と診断可能であり,喀痰培養検査で菌が1回のみ検出されていた症例では,9例中7例(78%)とより高率に本症と診断可能であった.結論.小結節・気管支拡張型の肺非結核性抗酸菌症が疑われる胸部画像所見を呈し,喀痰抗酸菌塗抹陰性,PCR陰性症例での気管支洗浄液検査による非結核性抗酸菌検出率は58%であった.喀痰培養検査 …
  • NAID 110008687248
  • Ciprofloxacin増量に伴い軽快した重症レジオネラ肺炎の1例
  • 橋爪 裕,鈴木 邦明,川田 忠嘉,遠藤 克明,堀江 健夫,滝瀬 淳
  • 北関東医学 61(2), 169-174, 2011
  • … 経過中に喀痰培養にてレジオネラ血清型2が検出されレジオネラ肺炎と診断した. …
  • NAID 130000872628

関連リンク

この検査には、採取した痰をガラスに塗りつけて顕微鏡で菌を見つける塗抹検査と、痰 の中の菌を培養で増やし、菌の種類を確認する培養検査の2つの方法があります。菌の 培養には2~3日、結核菌は2ヶ月ほどかかります。 喀痰細胞診単に混じった細胞を ...
喀痰のグラム染色の際には、菌の染色性、菌の形状、細胞残渣(注1)、繊維成分を 確認する。 大型の扁平上皮細胞が混入している場合には、唾液が混入していることを 意味する。 唾液が混入した痰は、培養時に、増殖力の強い常在細菌により、病原細菌が 、 ...

関連画像

痰液細菌培養管④喀痰培養⇒アスペルギルスを 無所不在的NTM!要怎麼看病呀?喀痰培養(羊血液寒天培地)吸引チューブ(患者様側)を


★リンクテーブル★
国試過去問103I068」「107H035」「097A013」「097A058」「106D023」「108G048」「107I073」「102D023」「104D015
拡張検索喀痰培養陽性
関連記事培養

103I068」

  [★]

  • 66歳の男性。胸痛を主訴に来院した。40歳から高血圧があった。その後、職場での健康診断は受けていなかった。半年前から通勤時に息切れが出現していたが、放置していた。今朝から強い胸痛が出現し、自宅で安静にしていても改善しなかった。意識は清明。息切れが強いが、咳と痰とは認めない。身長168cm、体重76kg。体温36.5℃。脈拍100/分、不整。血圧180/96mmHg。心音はII音の亢進と心基部での収縮中期雑音を認める。背部両側下部で吸気時にcoarse crackles を聴取する。右肋骨弓下に肝を4cm触れる。尿所見:蛋白3+、糖2+。血液所見:赤血球350万、Hb 9.5 g/dl、Ht 28%、白血球 5,600、血小板 15万。血液生化学所見:血糖 210 mg/dl、HbA1C 8.0 %、総蛋白5.6 g/dl、アルブミン2.9 g/dl、尿素窒素 60 mg/dl、クレアチニン 5.3 mg/dl、尿酸8.2 mg/dl、総コレステロール240 mg/dl、AST 10 IU/l、ALT 6 IU/l、ALP 280 IU/l(基準115~359)、Na 138 mEq/l、K 5.6 mEq/l、Cl 104 mEq/l、Ca 6.8 mg/dl、P 6.2 mg/dl。CRP 0.3 mg/dl。
  • 診断のために必要なのはどれか。2つ選べ。
  • a. 心電図
  • b. 尿培養
  • c. 喀痰培養
  • d. 胸部エックス線撮影
  • e. 尿微量アルブミン定量
[正答]


※国試ナビ4※ 103I067]←[国試_103]→[103I069

107H035」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の問いに答えよ。
  • 32歳の女性。持続する咳嗽を主訴に来院した。
  • 現病歴:2か月前から鼻汁鼻閉とを感じていた。1か月前から咳を自覚するようになり、3週前から咳が増強し、続いている。特に夜間に咳嗽が強い。
  • 既往歴:5歳時にアトピー性皮膚炎を発症。
  • 生活歴:両親と3人暮らし。事務職。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。5か月前からハムスターを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で治療中。
  • 現症:意識は清明。身長160cm、体重50kg。体温36.4℃。脈拍88/分、整。血圧126/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 98%(room air)。咽頭粘膜に発赤を認めない。両側の胸部に強制呼出でwheezesを認める。胸部エックス線写真(別冊No.9)を別に示す。
  • 診断のために最も適切な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H034]←[国試_107]→[107H036

097A013」

  [★]

  • 65歳の男性。腹部外傷のため、全身麻酔下に開腹脾摘術を受け、気管内挿管のままICUに収容された。生来健康で、喫煙歴は30歳から1日20本程度であった。術前の胸部エックス線写真と心電図とに異常はなかった。ICU入室時、人工呼吸下の血行動態は安定し、呼吸音に異常はなく、動脈血ガス分析(調節呼吸、FIO2 0.4)はpH7.41、PaO2 135Torr、PaCO2 35Torr、BE -1mEq/lであった。入室の翌朝、左肺の呼吸音が消失し、動脈血ガス分析(間欠的強制換気(IMV)、FIO2 0.4)はpH7.35、PaO2 68Torr、PaCO2 42Torr、BE -3mEq/lであった。血行動態に変化はみられない。このときの胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097A012]←[国試_097]→[097A014

097A058」

  [★]

  • 72歳の男性。2か月前からのおよび[微熱]]を主訴に来院した。ときに39℃台の発熱もある。体温37.8℃。脈拍92/分、整。聴診上特に異常は認めない。血液所見:赤血球380万、白血球6,240、胸水所見:胸水・血清蛋白濃度比0.6、アデノシンデアミナーゼ高値。セフェム系抗菌薬で症状は改善しなかった。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 検査結果で考えにくいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A057]←[国試_097]→[097A059

106D023」

  [★]

  • 60歳の女性。健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され来院した。自覚症状はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。身長153cm、体重55kg。体温36.8℃。脈拍60/分、整。血圧118/64mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb13.2g/dl、 Ht33%、白血球5,600、血小板23万。 CRP 0.3mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No. 7A)と胸部単純CT(別冊No. 7B)とを別に示す。
  • 診断のために行うべき検査として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D022]←[国試_106]→[106D024

108G048」

  [★]

  • 75歳の男性。血痰を主訴に来院した。 1か月前から血痰を自覚しているため受診した。 65歳時に胃癌 (早期癌 )の手術の既往がある。喫煙は 30本/日を 55年間。家族歴に特記すべきことはない。身長 165 cm、体重 55 kg。脈拍 72/分、整。血圧 144/80 mmHg。呼吸数 20/分。 SpO2 95% ( room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部エックス線写真と胸部単純 CTで軽度の肺気腫を認める。喀痰細胞診のPapanicolaou染色標本 (別冊 No. 6)を別に示す。
  • 行うべき検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108G047]←[国試_108]→[108G049

107I073」

  [★]

  • 5歳の男児。発熱咳嗽とを主訴に来院した。3日前から39℃の発熱と強い乾性咳嗽とが出現した。診察中に刺激性の咳嗽が著明であった。肺の聴診で明らかな副雑音は聴取されなかった。血液所見:赤血球436万、Hb 13.8g/dl、Ht 40%、白血球9,000(桿状核好中球5%、分葉核好中球55%、好酸球3%、単球5%、リンパ球32%)、血小板26万。CRP 3.5mg/dl。寒冷凝集反応1,024倍(基準128以下)。胸部エックス線写真(別冊No.25)を別に示す。
  • 確定診断に有用な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I072]←[国試_107]→[107I074

102D023」

  [★]

  • 43歳の女性。微熱と倦怠感とを主訴に来院した。微熱は3週前から続いている。体温37.8℃。脈拍96/分、整。血圧132/86mmHg。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。右指先に有痛性の赤紫色の結節を認める。血液所見:赤血球322万、白血球15,800。CRP12.5mg/dl。診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D022]←[国試_102]→[102D024

104D015」

  [★]

  • 入院隔離が必須な肺結核患者はどれか。
  • a 喀痰塗抹染色陽性
  • b 喀痰培養陽性
  • c 培養コロニーPCR陽性
  • d ツベルクリン反応強陽性
  • e インターフェロンγ試験陽性
[正答]


※国試ナビ4※ 104D014]←[国試_104]→[104D016

喀痰培養陽性」

  [★]

sputum culture-positive

培養」

  [★]

culturecultivationincubationculturecultivateincubatecultural
インキュベーションインキュベート栽培習慣、信条、培養液培養的保温温置培養物文化文化的起業支援培養組織養殖





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡