呼吸機能検査

出典: meddic

respiratory function test
肺機能検査 pulmonary function test PFT, lung function test
コンプライアンス
[show details]

概念

  • 肺の機能には代謝、免疫など非呼吸性の肺機能もあるが、一般に呼吸機能検査ではガス交換を中心とする呼吸機能を評価する。
  • 呼吸機能とは換気調節、換気力学、肺胞ガス交換、肺循環、血液ガスと酸塩基・体液電解質平衡、組織呼吸に大別される。
  • 呼吸器には換気、吸気分布、ガス交換の機能がある。これらのいずれかが障害された場合呼吸不全を引き起こす。これらの呼吸器の機能を計測するのが呼吸機能検査である。したがってこの検査を行うことで、呼吸不全の原因のうち、呼吸器が原因であるかどうかを調べることができる。
  • 肺機能検査とは、肺機能(換気機能とガス交換機能)を臨床的に評価する検査方法で、疾患の病態把握、診断、治療の選択、経過観察、手術適応の決定に有用(YN.I-21)

方法

LAB.1647

スパイロメトリー

機能的残気量の測定

  • ガス希釈法
  • 閉鎖回路法
  • 開放回路法
  • 体プレチスモグラフ法

換気力学の検査

肺内ガス分泌の検査

  • 単一呼吸法
  • resident gas法
  • bolus法
  • 多呼吸洗い出し法
  • 多呼吸N2洗い出し曲線

肺拡散能の測定

注意点

  • 患者が全力で行わないと意味がない。また、指示にしたがって患者が行わなければならないので、患者が要領をつかめない場合正確な値を得るのが難しい。そのため何度か行い、その中で一番よい結果を検査値とする。患者にとっては体力的に負担の大きい検査であるので、必要に迫られた場合のみ行うべきである。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • クラリスロマイシンが有効であった原発性線毛機能不全症の1例
  • 多田 麻美,高柳 昇,石黒 卓,林 誠,宮原 庸介,杉田 裕
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(5), 342-347, 2011-09-25
  • … 受診した.不妊歴はなかったが,小児期から嗅覚障害があり,胸部CT検査で気管支拡張症を認めた.原発性線毛機能不全症を疑い気管支鏡検査を行った.気管支粘膜を電子顕微鏡で観察したところ,線毛の構造異常を認め,原発性線毛機能不全症と診断した.クラリスロマイシンの投与によって咳嗽,喀痰などの自覚症状,血液ガス所見,呼吸機能検査,画像所見の改善を認め,投与を開始して1年半後の現在も改善傾向を示している.結論. …
  • NAID 110008750377
  • 喘息児における肥満改善に伴う呼吸機能への影響
  • 増本 夏子,小田嶋 博,嶋田 清隆,村上 洋子,本村 知華子,本荘 哲,岡田 賢司
  • アレルギー 60(8), 983-992, 2011-08-30
  • … に伴う呼吸機能の変化について検討した.【方法】当科で入院による肥満治療を行った喘息を有する児10名(男児8:女児2,平均年齢10歳)に対し,肥満改善プログラムの前後で身長,体重,体脂肪率,腹囲を測定し,呼吸機能検査(スパイロメータ)を実施した.各肥満指標(BMI,体脂肪率,体脂肪量,腹囲)の改善率と呼吸機能パラメーターの変化率との関連を検討した.【結果】喘息の真の重症度は間欠型2名,軽症持続型4名,中等症持続型3名, …
  • NAID 110008722814
  • 小児科領域における研究と治療の進歩(6)新生児呼吸機能検査の臨床応用
  • 長谷川 久弥
  • 東京女子医科大学雑誌 81(3), 165-170, 2011-06-25
  • … 呼吸管理が大きな役割を占める新生児領域において、呼吸機能検査は児の肺の状態を直接評価する有力な検査である。 … 新生児の呼吸機能検査は児の協力が得られなくても臨床に役立つ結果が得られるように様々な工夫が行われてきた。 …
  • NAID 110008585258

関連リンク

呼吸器系検査>. 呼吸機能検査: 肺活量や1秒率などを測り肺気腫や気管支ぜん息 などを調べる. 解説峯下昌道(聖マリアンナ医科大学呼吸 ... 呼吸機能検査にはさまざま な種類がありますが、ここではもっとも基本的な「スパイロメトリー」について説明します。
呼吸のときの呼気量と吸気量を測定し、呼吸の能力を調べることを呼吸機能検査と呼ん でいます。換気の機能を調べる基本の検査です。 通常次の検査を行います。 肺活量( VC):空気をいっぱい吸入して、いっぱいはいたときの量です。通常、年齢と身長によって ...

関連画像

呼吸機能検査呼吸機能検査肺活量、一回換気量(平静時の 呼吸機能検査呼吸機能検査70台男性の呼吸機能検査結果呼吸機能検査1


★リンクテーブル★
先読み」「コンプライアンス」「lung function test」「pulmonary function test
国試過去問107C027」「105C030」「108E067」「105H031」「104C027」「106G064」「099C043」「095F048」「098D016」「108D043」「108E051」「101G054」「107D032」「102C029」「104D054」「104A048」「103A027」「100F059」「095G014」「100F015
リンク元respiratory function test
関連記事機能」「検査」「呼吸」「呼吸機能

肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





コンプライアンス」

  [★]

compliance
肺コンプライアンス lung compliance pulmonary compliance静肺コンプライアンス static lung compliance(Cst)


  • 肺の静止圧-容量曲線における傾き (SP.632)
  • 肺の膨らみやすさを示す (SP.632)
  • 圧力をP、体積をV、肺コンプライアンスC、で表せば
C=ΔV/ΔP
  • 単位:l/cmH2O ← エラスタンスの逆。本によっては l/s/cmH2Oと書いてある
  • 肺線維症など病的に肺が硬くなった場合→肺コンプライアンスC↓ (SP.632)
  • 初期の肺気腫で弾性組織が破壊されて線維性組織に置換されていないとき→肺コンプライアンスC↑ (TP.354)

呼吸器全体のコンプライアンス

  • 呼吸器全体のコンプライアンスCALL、肺のコンプライアンスCL、胸郭のコンプライアンスCWLとすると
1/CALL = 1/CL + 1/CWL

エラスタンス(弾性抵抗エラスタンス)との関係

  • エラスタンスをE、コンプライアンスをCとすると
E = 1/ C



compliance
服薬忠実度服薬遵守、服薬コンプライアンス、薬剤コンプライアンス
  • 患者が医師の指示守って治療に協力するかどうかを表す用語。
  • 内服薬を指示通りに服用しない場合は服薬コンプライアンスが悪いなどという。
  • 服薬コンプライアンスに影響を与える要因:病識の有無、病気の認識(罹患状態への否認)、治療への理解、服用方法、副作用

国試


lung function test」

  [★]

pulmonary function testrespiratory function test

pulmonary function test」

  [★]

lung function testrespiratory function test

107C027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 56歳の男性。胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:2時間前にテレビを見ていたとき突然、前胸部の締めつけられるような痛みを感じた。痛みは約15分続いた後いったん消失した。1時間前から再び出現したため家族の運転する自家用車で来院した。来院時には胸痛は消失していた。
  • 既往歴:51歳時に健康診断で高血圧を指摘されたが治療は受けていない。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長162cm、体重85kg。体温36.6℃。脈拍88/分、整。血圧162/102mmHg。呼吸数16/分。SpO2 97%(room air)。皮膚は湿潤である。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。橈骨動脈の触知は良好で左右差を認めない。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球460万、Hb 13.0g/dl、Ht 42%、白血球8,400、血小板21万。血液生化学所見:血糖138mg/dl、HbA1c(NGSP)5.4%(基準4.6~6.2)、総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素11mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、尿酸7.5mg/dl、総コレステロール223mg/dl、トリグリセリド256mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、直接ビリルビン0.3mg/dl、AST 22IU/l、ALT 14IU/l、LD 172IU/l(基準176~353)、ALP 225IU/l(基準115~359)、γ-GTP 36IU/l(基準8~50)、アミラーゼ48IU/l(基準37~160)、CK 138IU/l(基準30~140)、Na 144mEq/l、K 3.8mEq/l、Cl 105mEq/l、Ca 9.9mg/dl、P 3.3mg/dl。12誘導心電図は洞調律で有意なST-T変化を認めない。胸部エックス線写真は心胸郭比46%で肺うっ血を認めない。心エコーでは壁肥厚、壁運動低下および右心負荷所見を認めない。
  • 現時点で、他に実施すべき検査はどれか。
  • a 運動負荷心電図
  • b 胸部単純CT
  • c 呼吸機能検査
  • d 心筋トロポニンT測定
  • e 脳性ナトリウム利尿ペプチド測定(BNP測定)


[正答]


※国試ナビ4※ 107C026]←[国試_107]→[107C028

105C030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C029]←[国試_105]→[105C031

108E067」

  [★]

  • 次の文を読み、 66~ 68の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:約半年前から労作時の呼吸困難を自覚していた。当初は階段や急な坂を登る時のみであったが次第に悪化し、より軽い労作でも呼吸困難を感じるようになった。現在では 2. 3分の平地歩行でも呼吸困難を自覚するようになったが、安静時には症状はない。
  • 既往歴: 20歳時に副鼻腔炎手術。 38歳時に子宮筋腫手術。 10年前から高血圧症に対し内服治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。 1年前から室内でネコを飼っている。
  • 家族歴:夫が 3年前に肺癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 52 kg。体温 36.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/68 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張と口唇のチアノーゼとを認めない。心雑音を聴取しないが胸骨左縁第 2肋間で II音の亢進を認める。呼吸音は正常で、呼吸副雑音を聴取しない。腹部診察で異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 396万、 Hb 13.0 g/dl、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 23万、 Dダイマー 3.6 μg/ml(基準 1.0以下 )。血液生化学所見:総蛋白 7.2 g/dl、アルブミン 4.2 g/dl、総ビリルビン 0.7 mg/dl、AST22 IU/l、ALT 20 IU/l、LD 256 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 10 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.9 mEq/l、Cl 109 mEq/l、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉140 pg/ml(基準 18.4以下 )。 CRP 0.2 mg/dl。
  • 胸部造影 CT(別冊 No.17A)と心電図 (別冊 No.17B)とを別に示す。
  • 重症度判定に有用な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E066]←[国試_108]→[108E068

105H031」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 64歳の男性。労作時の息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴   半年前から立ち仕事で疲れやすくなったが、年のせいだと思い医療機関を受診していなかった。1か月前から階段を昇るときの息切れが強くなり、徐々に増悪してきた。
  • 既往歴   50歳台のとき健康診断で肥満と高血圧とを指摘されたが、医療機関は受診していない。
  • 生活歴   自営業。喫煙は20本/日を44年間。飲酒は日本酒換算で2合半/日を30年間。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    身長159cm、体重78kg、腹囲94cm。体温36.8℃。呼吸数26/分。脈拍104/分、不整。血圧168/92mmHg。頚静脈の怒張を認める。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。両側下腿の浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 406万、Hb 13.7g/dl、Ht 41%、白血球 8,700、血小板 26万。血液生化学所見:血糖 108mg/dl、HbA1c 5.6%(基準4.3-5.8)、総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 19mg/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、LDLコレステロール 126mg/dl(基準65-139)、HDLコレステロール 38mg/dl、トリグリセリド 286mg/dl、AST 48IU/l、ALT 46IU/l、LD 346IU/l(基準176-353)、ALP 358IU/l(基準115-359)、γ-GTP 76IU/l(基準8 -50)、Na 136mEq/l、K 4.lmEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 0.3mg/dl。心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比64%。
  • 次に必要な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H030]←[国試_105]→[105H032

104C027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 45歳の女性。右膝関節の腫れを主訴に来院した。
  • 現病歴   6か月前から両側の手首や手指の関節が痛みだしたが放置していた。朝起きてから30分間は手足を動かしにくい。2過はど前から両膝が痛み、特に右膝が腫れてきた。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   喫煙は10本/日を20年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴  母が慢性甲状腺炎(橋本病) 。従姉がSjogren症候群
  • 現 症  身長155cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧132/74mmHg。左手関節に腫脹と圧痛とがあり、右膝関節に関節液貯留を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 317万、Hb 9.5g/dl、Ht 26%、白血球 11,000、血小板 45万。血液生化学所見: 総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、尿酸 6.5mg/dl、総コレステロール 210mg/dl、トリグリセリド 105mg/dl、AST 27IU/l、ALT 30IU/l、アミラーゼ 85IU/l(基準37-160)、Na 137mEq/l、K 3.8mEq/l、Cl 105mEq/l、TSH 3.5μU/ml(基準0.2-4.0), FT3 2.6pg/ml(基準2.5-4.5)、FT4 0.9ng/dl(基準0.8-2.2)。免疫学所見: CRP 5.8mg/dl、リウマトイド因子(RF) 80IU/ml(基準20未満)、CH50 55U/ml(基準30-50)、免疫複合体陰性。
  • 診断に有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104C026]←[国試_104]→[104C028

106G064」

  [★]

  • 次の文を読み、 62-64の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。熱感を主訴に来院した。
  • 現病歴: 5日前の田植え作業中に咳を自覚し、その後持続していた。痰は少しからむ程度であり、色は白色透明であった。 3日前に、 37.4℃の発熱があったため自宅にあった総合感冒薬を2日間内服したところ症状は軽快した。頭痛や筋肉痛はなく、田植え作業は継続していた。今朝の体温が36.8℃で、平熱よりも高いことが気になったため受診した。
  • 既往歴: 45歳時にオートバイで転倒し脾臓摘出術を受けた。 60歳時に高血圧を指摘されたが、医療機関にはかからなかった。インフルエンザワクチンは年1回定期的に受けている。
  • 生活歴: 40年来の専業農家で、土に触れる機会が多い。妻との2人暮らし。喫煙は40本/日を45年間。飲酒は日本酒1合/日を30年間。
  • 家族歴 :父親が高血圧性脳出血のため65歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長163cm、体重60kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧140/90mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 96 %(room air)。聴診上呼吸音は減弱している。
  • 喫煙歴を考慮し、呼吸機能検査を実施した。結果を表示するための図を示す。
  • この患者の検査結果が含まれる領域として予測されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G063]←[国試_106]→[106G065

099C043」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。発熱と咳とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 最近、仕事が忙しくて十分睡眠がとれない状況が続いていた。6日前から咳嗽と喀痰とが出現し徐々に増悪してきた。喀痰は黄色で膿性。3日前からは39℃台の発熱も加わり、全身倦怠感も出現してきた。胸痛と呼吸困難とはなかった。
  • 既往歴 : 40歳時、健康診断で尿糖陽性を指摘されたが放置していた。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重62kg。体温39.2℃。呼吸数24/分。脈拍104/分、整。血圧146/84mmHg。胸部聴診で右下肺野にcoarse cracklesを聴取する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球440万、Hb14.2g/dl、Ht44%、白血球14,500(後骨髄球2%、桿状核好中球20%、分葉核好中球45%、好酸球3%、単球5%、リンパ球25%)。
  • 血清生化学所見:血糖124mg/dl、総蛋白6.6g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST40単位、ALT35単位、LDH350 単位(基準176~353)。CRP15.6mg/dl。胸部エックス線写真を以下に示す。


  • この患者にまず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C042]←[国試_099]→[099C044

095F048」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。微熱と咳嗽とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 2か月前からロ渇感を自覚していた。1か月前から微熱、咳嗽および黄色の喀痰がある。
  • 家族歴 : 父と母とが糖尿病。
  • 現症 : 身長175cm、体重75kg。体温36.9℃。呼吸数18/分。脈拍80/分、整。血圧130/72mmHg。両側アキレス腱反射の減弱と両側下肢振動覚の軽度低下とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖3+、アセトン体(-)。血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球405万、Hb12.5g/dl、Ht38 %、白血球5,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球55%、単球4%、リンパ球36%)。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖306mg/dl、HbA1C11%(基準4.3~5.8)、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、総コレステロール280mg/dl、トリグリセライド180mg/dl(基準50~130)、GOT32単位(基準40以下)、GPT35単位(基準35以下)、Na140mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 102mEq/l。CRP0.6 mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)pH 7.43、PO2 79.0Torr、PCO2 42.0Torr。初診時の胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 診断確定のためにまず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095F047]←[国試_095]→[095F049

098D016」

  [★]

  • 65歳の女性。歩行中バイクにはねられ右大腿の疼痛を主訴に救急車で搬入された。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。身長156cm、体重58kg。右下肢を動かすと右鼠径部に激痛を訴えるほかは異常所見はない。尿所見に異常はない。血液所見:赤沈10mm/1時間、赤血球450万、Hb12.6g/dl、白血球8,000、血小板22万。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT22単位(基準35以下)、Na140mEq/l、K4.2mEq/l、Cl102mEq/l。CRP0.2mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.40、PaO2 88Torr、PaCO2 40Torr、BE -1.0mEq/l。
  •  右大腿骨頚部内側骨折に対して人工骨頭挿入術を行った。創部痛が強かったため術後3日間ベッド上安静とし、4日目から歩行訓練を指示した。リハビリテーション室に行くため、車椅子に移乗させた時、急に呼吸困難を訴えうずくまった。胸部エックス線写真と心電図とに明らかな異常はなく、動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.38、PaO2 50Torr、PaCO2 47Torr、BE -4.0mEq/lであった。適切な検査はどれか。2つ選べ。
  • a. 心エコー検査
  • b. 呼吸機能検査
  • c. 胸部造影CT
  • d. 胸部単純MRI
  • e. 胸部エックス線断層撮影
[正答]


※国試ナビ4※ 098D015]←[国試_098]→[098D017

108D043」

  [★]

  • 52歳の女性。ふらつきと視力低下とを主訴に来院した。 1か月前から頭重感があり、 1週前からふらつきと左眼の見にくさとを自覚していた。既往歴に特記すべきことはない。母親が高血圧。意識は清明。身長 157 cm、体重 56 kg。体温 36.0 ℃。脈拍 96/分、整。血圧 268/166 mmHg。呼吸数 16/分。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下肢に浮腫を認めない。尿所見:蛋白 1+、糖 (-)、潜血 (-)、沈渣に円柱を認めない。血液所見:赤血球 382万、 Hb 10.5 g/dl、Ht 32%、白血球4,000、血小板 2.5万。血液生化学所見:総蛋白 7.6 g/dl、アルブミン 4.9 g/dl、尿素窒素 38 mg/dl、クレアチニン 2.6 mg/dl、尿酸 6.2 mg/dl、血糖 106mg/dl、HbA1c(NGSP)5.8%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 242 mg/dl、Na 141 mEq/l、K 3.8 mEq/l、Cl 107mEq/l、Ca 9.6 mg/dl、P 4.0 mg/dl。心電図で左室肥大所見を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比 56%。腹部超音波検査で腎尿路系に異常を認めない。各種ホルモン検査を提出した。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108D042]←[国試_108]→[108D044

108E051」

  [★]

  • 65歳の男性。と労作時の息切れとを主訴に来院した。 1年前に咳嗽喀痰とを訴え来院し、右下葉の原発性肺癌と診断された。手術適応がなかったため、抗悪性腫瘍薬による化学療法を施行後、根治を目的に放射線治療を行った。照射終了後 6週目に、咳嗽と労作時の息切れとを自覚し受診した。喫煙は 20本/日を 45年間。意識は清明。身長 165 cm、体重 72 kg。体温 36.5℃。呼吸数 16/分。 SpO2 84% ( room air)。右胸部に fine cracklesを聴取する。血液所見:赤血球 456万、 Hb 13.3 g/dl、Ht 40%、白血球 10,800(桿状核好中球 9%、分葉核好中球 67%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 10%、リンパ球 12% )、血小板 35万。 CRP 9.2 mg/dl。胸部エックス線写真 (別冊 No.12A)と肺野条件の胸部単純 CT(別冊 No.12B)とを別に示す。
  • この病態について正しいのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E050]←[国試_108]→[108E052

101G054」

  [★]

  • 49歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。3年前からRaynaud現象を認め、手指の腫脹に気付いていた。1年前から階段昇降時に息切れを感じ、疲れやすくなった。意識は清明。体温36.8℃。脈拍88/分、整。血圧110/74mmHg。手指硬化を認める。胸骨左縁第4肋間に収縮期逆流性雑音を認める。両下肺野にfine cracklesを聴取する。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。下腿浮腫を認める。血液所見:赤沈63mm/1時間、Hb12.5g/dl、白血球8.600。血清生化学所見:尿酸6.7mg/dl、AST22IU/l、ALT12IU/l、LDH347IU/l(基準176~353)、ALP178IU/l(基準260以下)。CRP1.4mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.46、PaO2 54.0Torr、PaCO2 36.2Torr。心電図では右軸偏位、II、III、aVFに肺性Pを認める。胸部エックス線写真では両下肺野に間質影を認める。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101G053]←[国試_101]→[101G055

107D032」

  [★]

  • 58歳の女性。1か月前からの労作時の呼吸困難を主訴に来院した。2年前に健康診断で心電図異常を指摘されていたが、そのままにしていた。脈拍68/分、不整。血圧108/62mmHg。III音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。両下~に浮腫を認めない。頸部リンパ節を触知しない。皮膚に異常を認めない。血液生化学所見では血清ACEの上昇がみられる。胸部エックス線写真で両側の肺門リンパ節が腫大している。心電図(別冊No.13A)と心エコー図(別冊No.13B、C)とを別に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 107D031]←[国試_107]→[107D033

102C029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。息苦しさを主訴に来院した。
  • 現病歴:2日前から発熱と全身倦怠感とを訴えていた。昨日の就寝時から息苦しさがひどくなり、よく眠れなかった。
  • 既往歴:8年前から慢性閉塞性肺疾患を指摘されているが、治療は受けていない。
  • 現症:意識は清明。身長154cm、体重42kg。体温37.8℃。呼吸数24/分。脈拍108/分、整。血圧186/104mmHg。口唇にチアノーゼを認める。頸静脈の怒張を認める。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm触知する。脾は触知しない。腹部に圧痛や抵抗はない。
  • まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102C028]←[国試_102]→[102C030

104D054」

  [★]

  • 50歳の男性。呼吸困難のため搬入された。4日前に37.6℃の発熱と咽頭痛とがあり、市販の感冒薬を服用して様子をみていた。昨日から咽頭痛が悪化し、ものが飲み込みにくくなった。今朝から急激に増悪する嗄声呼吸困難とを自覚している。意識は清明。身長170cm、体重72kg。体温39.6℃。呼吸数24/分。脈拍116/分、整。血圧 134/88mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度 SpO2 93%。著明な咽頭発赤と頭部の圧痛とを認める。吸気時晴鳴くstridor)を聴取する。腹部所見に異常を認めない。
  • まず行うのはどれか。
  • a 呼吸機能検査
  • b 喉頭内視鏡検査
  • c 尿中肺炎球菌抗原検査
  • d A群β溶血性レンサ球菌迅速検査
  • e インフルエンザウイルス抗原検査


[正答]


※国試ナビ4※ 104D053]←[国試_104]→[104D055

104A048」

  [★]

  • 78歳の男性。発熱、咳および呼吸困難を主訴に来院した。2日前から咽頭痛と全身倦怠感とを自覚していた。同居している15歳と12歳の孫に4日前から39℃台の発熱があるという。喫煙は25本/日を53年間。意識はやや混濁。体温38.6℃。呼吸数30/分。脈拍108/分、整.血圧100/72mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。呼吸音は減弱している。血液所見:赤血球 480万、Hb 14.5g/dl、Ht 45%、白血球 6,500、血小板24万、CRP 9.0mg/dl。
  • 検査として有用なのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A047]←[国試_104]→[104A049

103A027」

  [★]

  • 70歳の男性。2週前から続く発熱を主訴に来院した。糖尿病で通院中である。体温38.2℃。呼吸数24/分。脈拍96/分、整。呼吸音に異常を認めない。赤沈45mm/1時間。血液所見:赤血球510万、Hb 14.5g/dl、白血球12,000(桿状核好中球8%、分葉核好中球72%、好酸球2%、好塩基球1%、単球2%、リンパ球15%)。CRP 9.7mg/dl。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを以下に示す。
  • 確定診断の検査法で適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 103A026]←[国試_103]→[103A028

100F059」

  [★]

  • 48歳の男性。易疲労感と食思不振とを主訴に来院した。自動車用バッテリー再生工場内でフォークリフト運転等の作業に従事している。身長163cm、体重54kg。血圧142/88mmHg。眼瞼結膜は蒼白。胸腹部に異常を認めない。便潜血(-)。血液所見:赤血球370万、Hb9.8g/dl、Ht29%、網赤血球7‰、白血球7,500。鉛健康診断で血液中鉛68μg/dl(生物学的許容値40)、尿中のデルタアミノレブリン酸7mg/l(生物学的許容値5)。上部消化管造影で異常を認めない。
  • 異常が予想されるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F058]←[国試_100]→[100F060

095G014」

  [★]

  • 55歳の男性。2か月前から労作時の息切れ乾性咳とが出現し、最近増悪したので来院した。 35年前から18年間絶縁体の製造に従事していた。胸部エックス線写真と気管支肺胞洗浄液May-Giemsa染色標本とを以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G013]←[国試_095]→[095G015

100F015」

  [★]

  • 29歳の女性。会社の健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され、精査のため来院した。10年前からしばしば鼻出血を認めているが、放置している。身長149cm、体重45㎏。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍84/分、整。血圧120/80mmHg。口腔内に血管拡張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部単純CTを以下に示す。
  • 診断確定に必要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F014]←[国試_100]→[100F016

respiratory function test」

  [★]

  • 呼吸機能検査
lung function testpulmonary function test

機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン



呼吸機能」

  [★]

respiratory function



コメント

投稿日:2017-04-02

http:/ / www.jrs.or.jp/ quicklink/ journal/ nopass_pdf/ 048050357j.pdf 海外と日本の予測式が違うことの根拠を述べている。

投稿日:2017-04-02

Berglundの式男性:FEV1(l) = 3.44 x HT(m) - 0.033 * age - 1.00 女性:FEV1(l) = 2.67 x HT(m) - 0.027 * age - 0.54 日本呼吸器学会(JRS)肺生理専門委員会の式(18歳以上)(2001)男:FEV1(l) = 0.036 x HT(cm) - 0.028 * age - 1.178女:FEV1(l) = 0.022 x HT(cm) - 0.022 * age - 0.005

投稿日:2017-04-02

http:/??/??www.osaka-med.ac.jp/??deps/??in1/??res/??calc/??FEV1.html 1秒量の予測式 BerglundとJRSがある。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡