呼吸促迫

出典: meddic

respiratory distress, rapid breathing
呼吸窮迫
呼吸窮迫症候群
呼吸困難頻呼吸症頻呼吸呼吸窮迫呼吸窮迫症呼吸困難症呼吸促迫症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 健常者に発症し,敗血症性ショックと急性呼吸促迫症候群から救命しえた緑膿菌市中肺炎の1例
  • 佐々木 朗,柳 重久,長野 健彦 [他]
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 4(1), 110-115, 2015-01-10
  • NAID 40020369761
  • 胸部のX線画像 : 症例からみる胸部の画像診断(第13回)Case13 発咳と呼吸促迫、間欠的な嘔吐を認めた犬の1例
  • 三浦 直樹
  • Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals 11(1), 83-94, 2015-01
  • NAID 40020314354
  • セレウス菌感染を契機に急性呼吸促迫症候群を発症した摂食障害の一例
  • 町田 貴胤,遠藤 由香,福土 審
  • 心身医学 54(12), 1118-1123, 2014-12-01
  • … 血症により入院した.体重29.2kg,全身状態不良で末梢補液を開始したが入院1週間後に発熱・呼吸苦が出現,胸部X線・胸部CTで両肺浸潤影と胸水を認め,血液培養でBacillus cereusを検出した.セレウス菌敗血症に急性呼吸促迫症候群(ARDS)を合併したと診断しICUで人工呼吸器管理を開始,好中球エラスターゼ阻害薬・抗生物質投与などの集中治療により3日後に人工呼吸器の離脱に成功した.患者は病識に乏しく治療に抵抗していたが, …
  • NAID 110009872511

関連リンク

呼吸促迫 家庭の医学で使われている医学や健康の専門用語の解説です。

関連画像

ARDS(急性呼吸促迫症候群 、人工肺に ARDS(急性呼吸促  (急性呼吸促迫症候群 呼吸促迫症候群)を患い肺水腫急性呼吸促迫症候群(ARDS) | ド


★リンクテーブル★
先読み呼吸窮迫症候群
国試過去問104G015
リンク元有機リン中毒」「頻呼吸」「respiratory distress」「呼吸窮迫」「呼吸困難症
拡張検索呼吸促迫症」「成人呼吸促迫症候群
関連記事呼吸

呼吸窮迫症候群」

  [★]

respiratory distress syndrome, RDS
呼吸促迫症候群
新生児呼吸窮迫症候群 infantile neonatal respiratory distress syndrome, IRDS
[[]]


概念

  • 出産直後から進行性の呼吸不全を起こす代表的疾患。
  • 胎児の未熟性(在胎34未満)による肺サーファクタントの産生障害により、肺胞の虚脱および硝子膜形成に基づく換気障害である。肺胞の拡張不全によりアシドーシスを来たし、肺血管の収縮により低酸素血症が悪化する。また、アシドーシス・肺血流減少、肺サーファクタント不足により肺胞上皮が障害をうけ、透過性の亢進により肺硝子膜が形成される。結果として呼吸不全となる。(SPE.99 NGY.503)

疫学

症状

1-4が呼吸窮迫症候群の四徴とされる

検査

胸部単純X線写真

SPE.101
Bomsel分類:I~IV度で判定。IV度は真っ白で無気肺が認められる
  • 肺胞の拡張不全
  • 網状顆粒状陰影:空気の入っていない肺胞が黒く見える
  • 気管支透亮像
  • すりガラス状陰影
呼吸窮迫症候群 肺胞の拡張不全、網状顆粒状陰影、気管支透亮像、すりガラス状陰影
一過性多呼吸 肺野全体の透亮像低下(呼吸窮迫症候群より軽度)、肺尖部の高透過性
胎便吸引症候群 胎便による全肺野の炎症像(斑状、まだら状の不透亮像)

肺サーファクタント

診断

  • 臨床症状
  • 胸部X線

治療





104G015」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104G014]←[国試_104]→[104G016

有機リン中毒」

  [★]

organophosphorus poisoning
パラチオンサリンサリン中毒
研修医当直御法度 症例帳 p.24
研修医当直御法度 第5版 p.145

概念

病態

  • コリンエステラーゼを不可逆的に不活化して阻害し、シナプスにおけるアセチルコリン濃度を上昇させる。

症状

 [中枢神経症状]意識混濁、昏睡  [ニコチン受容体を介した作用]全身痙攣、呼吸筋麻痺

治療

  • 原因の除去:
  • 1. PAMの静脈投与 → ただし、有効な時間が限定される
  • 2. 透析療法、血漿交換 → 有機リンは組織への移行性が高く有効性は低い。
  • 対症療法:アトロピン
研修医当直御法度 第5版 p.145
  • PAM 1-2g 静注
  • アトロピン静注  ←  減量に注意(recurrentする)
  症状 血中ChE
(正常比)
治療
無症状 なし ≧50% 6hr経過観察
軽度 (歩行可能)
全身倦怠感頭痛眩暈、四肢痺れ、悪心嘔吐発汗唾液分泌亢進wheezing腹痛下痢
20-50% アトロピン 1mg IV
PAM 1g IV
中等度 (歩行不能)
軽度の症状に加え、
全身筋力低下、構語障害筋攣縮縮瞳
10-20% アトロピン 1-2mg IV, 15-30分ごと。atropinazationまで
PAM 1g IV
重症 意識障害四肢麻痺筋攣縮針先瞳孔呼吸促迫チアノーゼ ≦10% アトロピン 5mg IV, 15-30分ごと。atropinazationまで
PAM 1-2g IV。奏効しない場合 0.5g/hr 点滴静注



頻呼吸」

  [★]

tachypnea, rapid shallow breathing
呼吸促迫 rapid breathing
多呼吸


  • 呼吸数増加 + 一回換気量不変~減少(増加していれば、多呼吸)


respiratory distress」

  [★] 呼吸促迫呼吸促迫症呼吸窮迫呼吸窮迫症呼吸困難呼吸困難症

dyspneadyspneicdyspnoeatachypnea


呼吸窮迫」

  [★]

respiratory distress
呼吸促迫
呼吸困難呼吸促迫呼吸窮迫症呼吸困難症呼吸促迫症

呼吸困難症」

  [★]

respiratory distress
呼吸困難呼吸促迫呼吸窮迫呼吸窮迫症呼吸促迫症

呼吸促迫症」

  [★]

respiratory distress
呼吸困難呼吸促迫呼吸窮迫呼吸窮迫症呼吸困難症

成人呼吸促迫症候群」

  [★] 急性呼吸促迫症候群


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡