味覚異常

出典: meddic

dysgeusiaaltered taste
錯味症味覚不全味覚障害 taste disorder


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/25 17:16:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 味覚異常外来患者における生化学的検査の臨床的特徴
  • 松岡 海地,松坂 賢一,秦 暢宏,川原 由里香,田村 美智,三輪 恒幸,Khan Sultan Zeb,木村 裕,橋本 和彦,中島 啓,国分 栄仁,村上 聡,田﨑 雅和,井上 孝
  • 日本口腔検査学会雑誌 3(1), 53-57, 2011-03-30
  • NAID 120003222365
  • 味覚異常 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (口内・歯の異常)
  • 岡 秀樹,坂上 雅史
  • 綜合臨床 60(-), 1046-1050, 2011-05
  • NAID 40018860222

関連リンク

味覚障害】 ここでは まず味覚異常や障害、消失の原因を書いておきます。 味覚障害の 原因の頻度と一次性味覚障害、二次性味覚障害も参考にしてください。 1)口腔内粘膜 の障害とそれに伴う味雷(味を感じる細胞部分)の消失、これは頭頸部の腫瘍に伴う、 ...

関連画像

味覚異常のイラスト で味覚異常が認められましたと 味覚 異常 を 来す こと に ドクターインタビュー「原因と 味覚オンチが増えている…味覚 o0705037712326583686.jpg


★リンクテーブル★
先読みtaste disorder
国試過去問101H045」「100A012」「096G070
リンク元シクロホスファミド」「味覚障害」「錯味症」「味覚不全」「altered taste
関連記事味覚」「異常

taste disorder」

  [★]

metallic taste

101H045」

  [★]

  • 66歳の男性。1か月前に出現し、増悪する咽頭違和感と嚥下時痛とを主訴に来院した。扁桃に表面不整の腫瘍を認め、扁平上皮癌(T2N1M0)の診断で上咽頭から鎖骨上部の範囲に放射線治療を行った。初診時の口腔内写真と治療終了時の口腔内写真とを以下に示す。
  • 治療後の障害として起こらないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H044]←[国試_101]→[101H046

100A012」

  [★]

  • 57歳の男性。両側の無痛性頚部リンパ節腫脹を主訴に来院した。上咽頭側壁には表面に壊死を伴う易出血性の腫瘤を認め、生検の結果は扁平上皮癌であった。頭部造影MRIのT1強調像を以下に示す。予想される症状はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100A011]←[国試_100]→[100A013

096G070」

  [★]

  • 亜鉛欠乏症でみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096G069]←[国試_096]→[096G071

シクロホスファミド」

  [★]

cyclophosphamide, CPA CPM
cyclophosphamidum
Cytoxan, Neosarエンドキサン
  • first aid step1 2006 p.207,257,309,324,326,386
  • アルキル化薬


特徴

  • プロドラッグであり、肝臓で加水分解を受けて薬効を及ぼす

構造

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

動態

適応

  • non-Hodgkin’s lymphoma, breast and ovarian carcinomas
  • immunosuppressants

注意

禁忌

副作用

  • 出血性膀胱炎、骨髄抑制
  • myelosuppression; hemorrhagic cystitis, which can be partially prevented with mesna

副作用(再評価結果より)

  • 再評価結果時の自覚的並びに他覚的症状緩和における安全性評価対象例5021例(経口投与を含む)中,主なものは,白血球減少1903例(37.90%),悪心嘔吐1041例(20.73%),脱毛1221例(24.32%)等であった。また,急性白血病等の造血幹細胞移植の前治療における本剤の第2相臨床試験の安全性評価対象例67例中,主なものは悪心嘔吐61例(91%),下痢口内炎各42例(各63%),脱毛38例(57%)であった。

重大な副作用

再評価結果における安全性評価例の集計

種類頻度 5%以上 5%未満 頻度不明
肝臓   肝機能異常,黄疸 コリンエステラーゼ低下
腎臓   蛋白尿浮腫 食欲不振味覚異常,胸やけ,おくび腹部膨満感
消化器 悪心嘔吐 口渇潰瘍性口内炎腹痛便秘下痢  
過敏症   発疹  
皮膚 脱毛 皮膚炎,色素沈着,爪の変形・変色  
精神神経系   頭痛眩暈不眠運動失調 倦怠感
呼吸器     肺水腫
循環器   心電図異常,心悸亢進低血圧  
内分泌系   副腎皮質機能不全 甲状腺機能亢進
性腺   無月経 無精子症卵巣機能不全
その他   発熱,注射時熱感,局所痛CKCPK上昇 創傷の治癒遅延,高血糖

添付文書

  • 注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211401D1033_1_10/4211401D1033_1_10?view=body



味覚障害」

  [★]

taste disorder, dysgeusia
味覚異常
味覚

病因

  • 1. 舌乳頭の異常:鉄欠乏、亜鉛欠乏、ビタミンB12欠乏、薬物の副作用、シェーグレン症候群
  • 2. 味覚を伝達する神経の異常:顔面神経、舌咽神経
  • 3. 精神障害
  • 4. 代謝障害(腎不全)
DIF.424



錯味症」

  [★]

parageusia
異味覚味覚不全味覚錯誤味覚異常


味覚不全」

  [★]

dysgeusia
錯味症味覚異常

altered taste」

  [★]

  • 味覚異常
dysgeusiaparageusia

味覚」

  [★]

gustatory sensation (SP), gustation, degustation, taste sense, sensation of taste


器官

解剖

神経支配

味蕾 顔面神経 舌咽神経 迷走神経 顔面神経 部位 特異性
  鼓索神経 舌枝 上喉頭神経 大錐体神経    
茸状乳頭       の前2/3 味覚・酸味
葉状乳頭     の前2/3で外側端  
有郭乳頭       の後1/3 苦味
咽頭喉頭部          
口蓋         

味覚の伝導路

  • 同側を伝導していく

 0. 味細胞  1. 味神経 (1次ニューロン)  2. 延髄孤束核(NTS) (2次ニューロン)  3. 中心被蓋路(TTC)  4. 視床腹側後内側核小細胞部(VPMpc) (3次ニューロン)  5. 大脳皮質第一次味覚野    頭頂弁蓋部と島の境界部ならびに中心溝下端付近  6. 高次味覚野    眼窩前頭皮質など


異常」

  [★]

  • n.




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡