吸啜反射

出典: meddic

sucking reflex
吸い込み反射吸飲反射吸引反射吸乳反射
原始反射
[show details]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児の嚥下運動 : 吸啜反射から舌癖小児の機能の観察法について(セミナー内容の紹介, 第4回顎口腔機能セミナー「咀嚼・嚥下機能の検査法」)
  • 田村 康夫
  • 日本顎口腔機能学会雑誌 11(2), 135, 2005-02-28
  • NAID 110001801237

関連リンク

吸啜反射 (きゅうてつはんしゃ(きゅうせつはんしゃ)): 原始反射の一つ。口に入ってきた もの(ママの乳首など)を強く吸う反射です。この吸てつ反射のほかに、唇に乳首などが 触れると首を回す(探索反射)、乳首が口に入るとくわえる、おっぱいを飲む込む(嚥下 ...
2011年8月3日 ... 生後2~3ヶ月までに見られる反射のことを原始反射といいます。主な原始反射には、 赤ちゃんの手の平に大人の指などを入れるとギュッと握る把握反射(握り反射、手掌 把握反射)、赤ちゃんの口元に小指や乳首などを持っていくとチ吸う吸啜( ...

関連画像

SuckingスワドルミーSuckling reflexPalmar grasp reflex吸啜(きゅうせつ)反射は、指 Rooting


★リンクテーブル★
先読み吸乳反射」「吸飲反射
国試過去問108G011」「107E017」「101B084」「098G051
リンク元新生児」「原始反射
関連記事反射」「吸啜

吸乳反射」

  [★]

sucking reflexsuckling reflex


吸飲反射」

  [★]

大脳皮質基底核変性症


108G011」

  [★]

  • a Moro反射は 1歳ころに消失する。
  • b 吸啜反射は生後 2~ 3か月からみられる。
  • c 生後 1か月の Babinski反射は病的である。
  • d 把握反射の消失は手よりも足の方が早い。
  • e パラシュート反射は生後 9か月前後からみられる。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G010]←[国試_108]→[108G012

107E017」

  [★]

  • 生来健康で成長発達に異常を指摘されたことがない4歳の女児に認められる反射はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E016]←[国試_107]→[107E018

101B084」

  [★]

  • 生後3日の正期産児で異常なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B083]←[国試_101]→[101B085

098G051」

  [★]

  • 正常新生児で最も遅く認められるのはどれか。
  • a. 吸啜反射
  • b. 臍帯脱落
  • c. 胎便排泄
  • d. 生理的黄疸
  • e. 生理的体重減少
[正答]


※国試ナビ4※ 098G050]←[国試_098]→[098G052

新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051
  • 吸啜反射:出生時より
  • 胎便:出生直後-3日頃
  • 生理的黄疸:出生後2-3日に出現。出生後4-6日にピーク   ←  出生時~出生後24時間内の黄疸は病的
  • 生理的体重減少:出生後3-4日で最大。
  • 臍帯の脱落:出生後5-7日

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満
  • 極低出生体重児 very low birth weight infant : 1500g未満
  • 超低出生体重児 extremely low birth weight infant : 1000g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試





原始反射」

  [★]

primitive reflex
反射


  • 新生児期にみられ、中枢神経系の発達と共にやがて消失する反射
  • 中枢神経系の発達の指標となる
  • 原始反射の欠如は中枢神経系の障害を示す。
  • 左右非対称性な原始反射は末梢性運動神経障害を示す。
  • 原始反射消失の遅延は中枢性の運動神経の発達障害を意味する。

原始反射 (出典不明)

中枢 消失時期 反射  
脊髄 ~生後3ヶ月   magnet reflex  
歩行反射 stepping reflex  
把握反射 grasping reflex  
非対称性緊張性頚部反射 asymmetrical tonic neck reflex 背臥位にした新生児の頭を一方に向けると、顔の向いた方の上下肢は伸展し、後頭側の上下肢は屈曲する
脊髄-橋 ~生後6ヶ月 モロー反射 Moro reflex 頭を持ち上げて急に落とす動作をした時に両上肢を開き、側方から正中方向に抱きつくような動き
口唇探索反射 rooting reflex  
緊張性頚反射 tonic neck reflex 腹位水平抱きまたは座位で頚を背屈すると上肢が伸展、背筋が緊張し、頚を前屈すると上肢が屈曲し、体幹のトーヌスが減弱する
中脳 生後6ヶ月~5歳 立ち直り反射 righting reflex  
頚立ち直り反射    
体幹立ち直り反射    
視性立ち直り反射    
大脳皮質
中脳
生後8ヶ月~終生 パラシュート反射   水平位にして、突然頭を下げると腕が伸びて身体を支えようとすること。

反射の消長

反射 出現 消失
モロー反射 Moro reflex 生来 3~4
口唇探索反射 rooting reflex 生来 4~7
吸啜反射 sucking reflex 生来 4~7
手指把握反射 palmar grasp reflex 生来 6
足底反射 plantar grasp reflex 生来 10
バビンスキー反射 Babinski reflex 生来 24
緊張性頚反射 tonic neck reflex 2 6
Landau反射 Landau reflex 3 24
パラシュート反射   9 一生



反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]






吸啜」

  [★]

きゅうてつ
吸啜反射




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡