受容体刺激薬

出典: meddic

receptor agonistagonistagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激薬主動筋レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O10-1 Indacaterol(新規長時間作用性β2アドレナリン受容体刺激薬)の薬理学的特性について(O10 気管支喘息の治療1,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 久米 裕昭,忌部 周,塚本 敬造,牧野 靖,佐藤 隆司,西山 理,佐野 博幸,岩永 賢司,東本 有司,冨田 桂公,中島 宏和,東田 有智
  • アレルギー 60(9・10), 1374, 2011-10-10
  • NAID 110008912358
  • 新規開発中の降圧薬とAT_2受容体刺激薬
  • 茂木 正樹,堀内 正嗣
  • 日本内科学会雑誌 100(2), 432-440, 2011-02-10
  • NAID 10029096096

関連リンク

ファイザー株式会社による、パーキンソン病の患者さんとご家族のための情報サイトです。ドパミンを受けとる次の神経細胞の受容体の働きを活発にしてドパミン伝達を促進するドパミンアゴニストの特徴や副作用等についてご説明 ...
GABAアゴニスト (GABA agonist) は、GABA受容体の作用を刺激または増加させる 薬物 で、通常は 鎮静剤 であるが、 抗不安薬 と 筋弛緩剤 としての効果もある。無料の百科事典であるウィキペディアでは、GABA受容体刺激薬に関する項目 ...

関連画像

 受容体刺激薬としてこのようにβ 2 受容体を刺激  受容体刺激薬としてinternalizationは起こりにくい。β受容体刺激薬は、膀胱と尿道 α 受容体 刺激 薬 が 有効


★リンクテーブル★
先読みアゴニスト」「agonistic」「agonist
リンク元receptor agonist」「受容体作動薬」「受容体作用薬」「受容体活性化剤」「受容体活性化薬
拡張検索β2受容体刺激薬」「5-HT3受容体刺激薬」「5-HT1受容体刺激薬
関連記事受容体」「刺激薬」「刺激」「」「受容

アゴニスト」

  [★]

agonist
作用薬作動薬


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


-作動薬
-agonist


agonistic」

  [★]

  • アゴニストの、刺激薬の、作動薬の、受容体刺激薬の、作用薬の
agentagonistirritantirritant chemicalreceptor agoniststimulantstimulating agent

WordNet   license wordnet

「of or relating to the athletic contests held in ancient Greece」

WordNet   license wordnet

「striving to overcome in argument; "a dialectical and agonistic approach"」
agonistical, combative

WordNet   license wordnet

「struggling for effect; "agonistic poses"」
strained

agonist」

  [★] 作動薬

WordNet   license wordnet

「(biochemistry) a drug that can combine with a receptor on a cell to produce a physiological reaction」

WordNet   license wordnet

「a muscle that contracts while another relaxes; "when bending the elbow the biceps are the agonist"」

WordNet   license wordnet

「someone involved in a contest or battle (as in an agon)」

receptor agonist」

  [★]

agonistagonistic

受容体作動薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬

受容体作用薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体活性化剤受容体活性化薬

受容体活性化剤」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化薬


受容体活性化薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤

β2受容体刺激薬」

  [★]

beta2 agonist, β2-receptor stimulant
β2刺激薬 β2-stimulantβ2刺激薬β2作用薬β2アゴニスト
アドレナリン受容体β2受容体


5-HT3受容体刺激薬」

  [★]

5-HT3 agonist
5-HT3アゴニスト5-HT3作動薬5-HT3刺激薬


5-HT1受容体刺激薬」

  [★]

5-HT1 agonist
5-HT1作動薬5-HT1刺激薬

受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

刺激薬」

  [★]

agoniststimulantirritantstimulating agentirritant chemicalagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激剤刺激的賦活薬主動筋受容体刺激薬刺激物質刺激物


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡