受容体作用薬

出典: meddic

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体活性化剤受容体活性化薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3.オピオイドとかゆみ,痛みの関係
  • 倉石 泰
  • 日本皮膚科学会雑誌 125(3), 411-417, 2015
  • … オイド鎮痛薬は脳・脊髄のμオピオイド受容体に作用して鎮痛効果を発揮するが,副作用のかゆみも脳・脊髄のμオピオイド受容体への作用による.アヘンアルカロイド(モルヒネとコデイン)はマスト細胞の脱顆粒によりかゆみを生じることもあるが,この作用にはオピオイド受容体は関与しない.κオピオイド受容体作用薬は脊髄に作用して鎮痛効果を発揮するが,脳・脊髄に作用してかゆみを抑制する作用がある. …
  • NAID 130005055520
  • 全身併存症の管理 循環器障害 (COPDの治療・管理update) -- (安定期の管理)
  • 酸化ストレスからみた臓器保護:心不全と酸化ストレス
  • 木下 浩之
  • 日本臨床麻酔学会誌 31(1), 116-123, 2011
  • … ところ,高血圧,糖尿病,肥満,炎症反応あるいは加齢など,一般に,心血管疾患のリスクファクターとなる病態でその可能性が明らかにされつつある.心臓での酸化ストレスを抑制する可能性がある薬剤として,スタチン,アンギオテンシンII受容体拮抗薬,ペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体作用薬などがあげられる.しかしながら,麻酔薬が心臓への酸化ストレスを制御するか否かについては不明な点が多い. …
  • NAID 130004892768

関連リンク

H2受容体拮抗薬は、胃内において胃酸分泌を抑え、胃潰瘍などを治療し逆流性食道炎に伴う痛みや胸やけなどを和らげる薬です。薬の作用機序や副作用、種類などを薬剤師監修のもと、詳しく解説します。
このコーナーでは、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬など、インクレチン関連薬の最新ニュース、作用機序、開発状況、服薬情報、副作用情報など、期待の新薬に関するさまざまな情報を集約していきます。

関連画像

リボー(ラモセトロン)の作用  受容体 拮抗 薬 や 受容体 作用このような考えにより、脳を A2A受容体阻害薬の作用機序:抗  、脂質代謝異常|Next ChallengeGABA A 受容体に GABA が作用する


★リンクテーブル★
リンク元受容体刺激薬」「receptor agonist」「受容体作動薬」「受容体活性化剤」「受容体活性化薬
関連記事受容体」「」「作用」「受容

受容体刺激薬」

  [★]

receptor agonistagonistagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激薬主動筋レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬


receptor agonist」

  [★]

agonistagonistic


受容体作動薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬


受容体活性化剤」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化薬


受容体活性化薬」

  [★]

receptor agonist
受容体刺激薬レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡