双極性障害

出典: meddic

bipolar disordermanic-depressive psychosis
(日本での呼称)躁鬱病躁うつ病双極性うつ病
狂躁躁状態躁病、、うつ病


治療

病相に合わせて薬剤を変える。うつ病相に対しては抗うつ薬を、躁病相に対しては気分安定薬を用いる。

うつ病相

  • 抗うつ薬として三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRIがあるが、三環系抗うつ薬は抗コリン作用が強く重症例のために用いられ、軽度~中等度の例ではSSRI、SNRIが第一選択となる。
  • 効果の出現に時間がかかるために抗不安薬(ベンゾジアゼピン)を併用することが多い。
  • 抗うつ薬の使用は症状消退後4ヶ月は持続する。
  • 不安や焦燥が強いうつ病では抗うつ薬で症状が改善しにくい事があるため、鎮静効果のある抗精神病薬(レボメプロマジン)を併用してみる。

躁病相


参考

  • 1. [charged] 成人における双極性障害:急性躁病、混合状態および軽躁病に対する薬物療法 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における双極性障害:疫学および診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における双極性障害:維持療法 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 成人における双極性障害:急性うつ病の薬物療法 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 成人における双極性障害の治療:リチウム - uptodate [5]





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/30 01:06:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/11 16:23:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • うつ病の時間生物学的治療 : 薬剤抵抗性症例への応用 (特集 睡眠障害診療の進歩) -- (睡眠障害の治療関連の最近の進歩について)
  • 双極性障害の起源 : BaillargerとFalret (日本精神病理学会 第37回大会(東京)) -- (シンポジウム 双極性障害の精神病理)
  • 双極性障害における超越論的審級の変質 : 執着気質性躁鬱病から職場結合性双極障害へ (日本精神病理学会 第37回大会(東京)) -- (シンポジウム 双極性障害の精神病理)
  • Tellenbach, H.の『メランコリー』の再構成 (日本精神病理学会 第37回大会(東京)) -- (シンポジウム 双極性障害の精神病理)

関連画像

双極性障害の治療について 躁うつ病(双極性障害)解説図極性障害(躁うつ病)とうつ病 双極性障害|5.治療しないと 双極性障害:患者さんとご家族 双極性障害:患者さんとご家族 双極性障害について > 双極性 双極性障害|2.双極性障害(躁


★リンクテーブル★
先読みうつ病」「躁病
国試過去問097I031」「108I030」「103H016」「104D012
リンク元躁うつ病」「躁鬱病」「双極性うつ病」「躁状態」「狂躁
関連記事障害」「」「双極性」「双極」「性障害

うつ病」

  [★] 鬱病

depression
抗うつ薬抑うつ症メランコリー melancholia

分類

  • 一次
  • 大うつ病性障害(単極性障害)
  • 双極性障害
  • 気分変調性障害
  • 気分循環性障害
  • 特別な気分障害
  • 産後うつ病
  • 季節性気分障害
  • 二次
  • 薬物の使用による

疫学

  • 世界的に有病率が高い(十ヵ国を対象とした研究では生涯有病率は平均8-12%、日本では3%、米国では17%であった(参考2))  097G008(うつ病は世界的に主要な健康問題になっている。)

病因

  • 脳のノルエピネフリン神経、セロトニン神経の働きに異常
  • レセルピンと鬱病の関係
  • レセルピン
  • 血圧低下作用が臨床応用されていた
  • 1931年に鎮静作用を示すことが明らかにされていた。
  • ノルエピネフリン神経におけるシナプス小胞への取り込みを阻害することによって
血圧↓→脳内モノアミン枯渇→うつ病発症→使われなくなる

評価

鬱の診断基準

also see DSM-IV
  • 1. 抑うつ気分
  • 気分の落ち込みや何をしても癒されない気分や空虚感など
  • 2. 興味、喜びの喪失
  • 感情が麻痺した状態

診断

鑑別診断

KPS.973 ← あまり整理されていない印象
  • 抑うつ気分を伴う適応障害
  • 気分変調性障害
  • 失調感情障害
  • 統合失調症
  • 大うつ病性障害
  • 双極I型障害
  • 境界性人格障害
  • 低カリウム血症
  • 短期精神病性障害
  • 気分循環性障害
  • 抗高血圧性毒性
  • ステロイド精神病性障害
  • 甲状腺機能低下症
  • 脳腫瘍
  • 全身不全麻痺
  • アンフェタミン使用障害
  • コカイン使用障害
  • 膵癌
  • 肝炎
  • ウイルス感染後症候群
  • アルツハイマー型認知症
  • 血管性認知症
  • 晩発性アルツハイマー型認知症
  • 早発性アルツハイマー型認知症
  • 肝硬変
  • 動脈硬化症
  • 伝染性単核球症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 潜在性悪性腫瘍
  • エイズ
  • シゾイド人格障害/統合失調質人格障害
  • 失調型人格障害/統合失調型人格障害
IMD.1077 PSY.284
  • 二次性:
  • 脳器質性疾患
  • 脳血管障害:脳梗塞、脳出血など:CT、MRI、神経学的所見などから鑑別する
  • 脳変性疾患:パーキンソン病アルツハイマー病:CT、MRI、神経学的所見などから鑑別する

症状

昏迷、不安焦燥、精神活動抑制、微小思考
  • 気分の憂うつだったり、寂しくなったりという抑うつ気分
  • 将来に希望を持てなくて悲観的になり、考ええばかりおそってくる抑うつ気分
  • 意欲、興味、関心の低下をきたす
  • 朝に抑うつ気分がひどい
  • 症状がひどいと自殺を試みる

治療

方針

  • 1. うつ病であることを説明
  • 2. 休息
  • 3. 治癒の見通しを明らかにする
  • 4. 重要決定は延期させる
  • 5. 自殺しない約束

modality

  • 薬物療法
効果の発現は服用開開始から1-2週間後で即効性はない。鬱症状が改善した後も4ヶ月継続すべき。(PSY.288)
軽症~中等症:SSRI, SNRI
重症:三環系抗うつ薬
  • 精神療法
  • 身体療法
  • 電気痙攣療法 electroconvulsive therapy ECT:薬物療法に反応しない薬物治療抵抗性うつ病が適応。自殺の危険が迫っている例、身体疾患もしくは副作用により薬物療法に耐えられない例も適応。修正型電気痙攣療法もある。
  • 高照度光療法:季節性感情障害 SADが適応。

薬物療法

  • MAOとうつ病
  • MAO inhibitorは脳モノアミン神経伝達物質の量を増やす
  • MAO inhibitor
  • モノアミン神経伝達物質が蓄積される
  • パーキンソン病やうつ病の病状をよくする

参考

  • 1. [charged] うつ病の疫学、病因、および神経生物学 - uptodate [6]



躁病」

  [★]

mania
マニア
抗躁薬気分障害


  • 躁病ではエピソードは少なくとも1週間続く

ICD-10

  • F30.1 Mania without psychotic symptoms
  • F30.2 Mania with psychotic symptoms
  • F30.8 Other manic episodes
  • F30.9 Manic episode, unspecified



097I031」

  [★]

  • 80歳の女性。夫の浮気のためイライラ態と不眠とが続くと訴えて家族に伴われて来院した。1年前、糖尿病のため入院したが、その半年後から85歳の夫が浮気をしていると責めるようになった。全くその事実はないが説得不能で、最近は家族も相手にしなくなった。診察時も夫の性的問題をあからさまに訴えるが、日常生活は自立しており物忘れも目立たない。幻聴は否定し夫の浮気の件以外に奇異な言動はみられない。意識は清明で神経学的に異常所見はない。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097I030]←[国試_097]→[097I032

108I030」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I029]←[国試_108]→[108I031

103H016」

  [★]

  • 発症要因として生活上の出来事の関与が最も大きいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H015]←[国試_103]→[103H017

104D012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104D011]←[国試_104]→[104D013

躁うつ病」

  [★]

manic-depressive illnessmanic-depressive psychosismanic-depressive
感情精神病 affective psychosis交代精神病 folie alterne、循環病 folie circulaire 周期性精神病双極性障害 bipolar disorder
躁鬱躁鬱病躁鬱性双極性障害躁うつ性躁うつ双極性うつ病単極性うつ病
気分障害

国試



躁鬱病」

  [★]

bipolar disordermanic-depressive psychosismanic-depressive illnessmanic-depressive
狂躁躁鬱躁状態躁病躁鬱性双極性障害躁うつ病双極性うつ病躁うつ性躁うつ


双極性うつ病」

  [★]

bipolar depression
両極性うつ病両相性うつ病
狂躁躁鬱病躁状態躁病双極性障害



躁状態」

  [★]

manic statemanic type
狂躁躁鬱病躁病双極性障害双極性うつ病


狂躁」

  [★]

mania
躁鬱病躁状態躁病双極性障害双極性うつ病


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症



害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


双極性」

  [★]

bipolardipolar
双極双極子二極性バイポラー双極型


双極」

  [★]

bipolar
双極性二極性バイポラー双極型


性障害」

  [★]

sexual disorder, sexual and gender disorder




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡