原始反射

出典: meddic

primitive reflex
反射



  • 新生児期にみられ、中枢神経系の発達と共にやがて消失する反射
  • 中枢神経系の発達の指標となる
  • 原始反射の欠如は中枢神経系の障害を示す。
  • 左右非対称性な原始反射は末梢性運動神経障害を示す。
  • 原始反射消失の遅延は中枢性の運動神経の発達障害を意味する。

原始反射 (出典不明)

中枢 消失時期 反射  
脊髄 ~生後3ヶ月   magnet reflex  
歩行反射 stepping reflex  
把握反射 grasping reflex  
非対称性緊張性頚部反射 asymmetrical tonic neck reflex 背臥位にした新生児の頭を一方に向けると、顔の向いた方の上下肢は伸展し、後頭側の上下肢は屈曲する
脊髄-橋 ~生後6ヶ月 モロー反射 Moro reflex 頭を持ち上げて急に落とす動作をした時に両上肢を開き、側方から正中方向に抱きつくような動き
口唇探索反射 rooting reflex  
緊張性頚反射 tonic neck reflex 腹位水平抱きまたは座位で頚を背屈すると上肢が伸展、背筋が緊張し、頚を前屈すると上肢が屈曲し、体幹のトーヌスが減弱する
中脳 生後6ヶ月~5歳 立ち直り反射 righting reflex  
頚立ち直り反射    
体幹立ち直り反射    
視性立ち直り反射    
大脳皮質
中脳
生後8ヶ月~終生 パラシュート反射   水平位にして、突然頭を下げると腕が伸びて身体を支えようとすること。


反射の消長

反射 出現 消失
モロー反射 Moro reflex 生来 3~4
口唇探索反射 rooting reflex 生来 4~7
吸啜反射 sucking reflex 生来 4~7
手指把握反射 palmar grasp reflex 生来 6
足底反射 plantar grasp reflex 生来 10
バビンスキー反射 Babinski reflex 生来 24
緊張性頚反射 tonic neck reflex 2 6
Landau反射 Landau reflex 3 24
パラシュート反射   9 一生




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/16 21:51:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳児の運動発達 : 原始反射・姿勢・姿勢反射の診かた (特集 研修医のための神経学的診察テクニック) -- (神経発達の評価法)
  • 初めて母乳哺育を行う母親が困難感を抱く新生児の哺乳行動
  • 柏原 英子,森 恵美
  • 母性衛生 52(2), 270-277, 2011-07-00
  • … さらに,これら8つのカテゴリの特徴は,哺乳行動の性質による相違から,哺乳欲求を示す啼泣や原始反射に対する困難感,眠そうな状態や哺乳前の探索行動に対する困難感,吸着や吸啜の適切性と満足の合図に対する困難感という3つに分類された。 …
  • NAID 110008687067
  • 身体所見の取り方 神経反射 (乳幼児診療AtoZ) -- (診察法の基本)
  • 3〜4カ月の頃 (特集 乳幼児健診) -- (乳幼児健診・時期別における診察の留意点とよくある相談への対応)

関連リンク

原始反射とは。赤ちゃんって一体なんなんだろう?乳児保育の専門知識をかじってみよう 。
「原始反射」とは、赤ちゃんがもともと生まれ持っている運動反応のことです。おもな 原始反射には6つあります。
原始反射. 読み:げんしはんしゃ品詞:名詞. 赤ん坊に生まれつき備わっている未熟な 反射機能の総称。 トップへ ... 脳や神経系が未成熟な赤ん坊が、外界に適応し生きて ゆくために、このような反射があると考えられている。 顕著な反射は数種だが、全ての ...

関連画像

原始反射篇原始反射の続き①原始 反射 の 種類 吸 啜 反射 Stepping_reflex原始反射原始反射」はナゼあるの?


★リンクテーブル★
国試過去問101C026」「098H005」「103H010
リンク元フリードライヒ運動失調症」「ランドー反射」「背反射」「モロー反射」「把握反射
関連記事反射

101C026」

  [★]

  • 10か月の乳児の発達評価に適しているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C025]←[国試_101]→[101C027

098H005」

  [★]

  • Alzheimer病の初期症状としてみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098H004]←[国試_098]→[098H006

103H010」

  [★]

  • 7か月乳児の発達評価に有用なのはどれか
[正答]


※国試ナビ4※ 103H009]←[国試_103]→[103H011

フリードライヒ運動失調症」

  [★]

Friedreich's ataxia Friedreich ataxia FA
フリードライヒ失調症, Friedreich運動失調症, Friedreich失調症,Friedreich病, フリードライヒ病 Friedreich disease遺伝性脊髄性運動失調症 hereditary spinal ataxia
脊髄小脳変性症

概念

病因

  • FRDA(9q13)のfrataxin遺伝子におけるGAAリピートの増加あるいは点変異。

疫学

  • 7-15歳発病が多い

遺伝形式

病理

  • 脊髄と小脳を中心とした変性
  • (1)脊髄後角、(2)脊髄小脳路、(3)錐体路の変性、(4)後根神経節、後根、末梢神経
  • 後索、皮質脊髄路、脊髄小脳路に変性 (BET.335)

症状

下肢優位の後索症状、後根障害による反射消失
Babinski徴候、構音障害、知能障害、拡張型心筋症、足変形、脊柱側彎が高率に見られる。(BET.244)
  • 初発症状:深部覚障害による失調性歩行。四肢末梢の筋萎縮、深部知覚障害(振動覚減弱)
  • 慢性・進行性・左右対称性
  • 運動失調は下肢から上肢に進展。運動失調は脊髄性に小脳性が加わってくる。
  • 下肢の運動失調 → 足の変形 → 上肢の運動失調 → 失調性構音障害、眼振(YN.J-127)
  • 2. 末梢神経障害: 後根の障害による。反射弓が障害されるので反射が消失する ex. 膝蓋腱反射の消失
  • 3. 錐体路の障害: 原始反射出現。腱反射亢進
  • 4. そのほか、心筋障害、糖尿病、知能低下、眼振、視神経萎縮、骨格の変形

検査

診断

治療

予後

  • 緩徐に進行し20-25歳で運動不能(YN.J-127)

予防

参考

  • 1.
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s7/s7431.htm



ランドー反射」

  [★]

Landau reflex
(国試)Landau反射ランドウ反射
原始反射姿勢反射
[show details]
  • 中脳・視床レベルの反射
  • 乳児の腹を支えて水平腹臥位とすると、4ヶ月以降では頚を後屈・頭部を挙上させて背中が伸展する。ここで、頚を前屈させると体幹と下肢が屈曲することである。脳性麻痺の診断や発達のチェックに利用される。
  • 3ヶ月から2歳までみられる (SPE.16)



背反射」

  [★]

trunk incurvation response
側彎反射ガラント反射ガラント徴候 Galant徴候 Galant sign
原始反射
わ か り に く い
なんとなくわかる

概念

  • 原始反射
  • 腹臥位に抱いた状態で脊柱に沿ってこすると、体幹を同側に傾ける弯曲する
  • 2-3ヶ月で消失




モロー反射」

  [★]

Moro reflex
Moro反射抱擁反射 embrace reflex
原始反射反射



概念

  • 頭を持ち上げて急に落とす動作をした時に両上肢を開き、側方から正中方向に抱きつくような動き
  • 生後から見られ生後4ヶ月(遅くとも6ヶ月(原始反射))までに消失


把握反射」

  [★]

grasp reflex, grasping reflex, palmar grasp, plantar grasp, hand grasp
握り反射 にぎり反射ダーウィン反射 Darwinian reflex
原始反射


  • 原始反射の一つで生後見られる反射。
  • 立ち上がる頃には消失する。
  • 反射の中枢は前頭葉



反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡