卵巣出血

出典: meddic

ovarian hemorrhage
haemorrhagia ovarii
[show details]

定義

  • 卵巣から病理的原因をほかに認めず生じる出血

分類

症状

診断

  • 年齢、突然発症した腹腔内出血(超音波検査で確認)、妊娠反応陽性、予定月経の1週間前

治療

  • 全身状態が安定していれば、入院・外来で経過観察
  • 大量出血や出血の持続がある場合、緊急手術 → 血算で確認
  • 手術を要するのは全体の18%程度


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 卵巣出血を疑い診断的腹腔鏡を行った内ヘルニアの1例
  • P1-274 当科で経験した卵巣出血56例の臨床的検討(Group34 婦人科腫瘍その他4,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 田村 亮,畑 有紀,西島 翔太,佐藤 ひとみ,常木 郁之輔,田村 正毅,柳瀬 徹,倉林 工
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 440, 2010-02-01
  • NAID 110007685631
  • 卵巣出血が疑われその後判明した子宮内外同時妊娠の1例
  • 田村 真希,佐藤 徹也,吉川 徹,衣笠 万里
  • 産婦人科の進歩 62(2), 148-148, 2010
  • NAID 130000308257

関連リンク

2008年10月14日 ... 卵巣出血,2007年4月9日、横浜市青葉区、現在再開発中のたまプラーザ駅、南口に産婦人 科クリニックをオープンし、5年目に入りました。このブログでは、オープンまでの 道のりから、クリニックの理念、現在行っている診療内容、社会的な医療 ...
ひどい腹痛があり、病院に行ったところ、卵巣出血と言われ1週間入院しました。手術は しないですみました。しばらく安静にするように言われましたが、どの程度の安静にして おけばよいのでしょうか。また再発しないか心配です。将来妊娠できますか? ...

関連画像

卵巣出血はだれにでも起きる スライド02.jpg卵巣出血 と知られていない卵巣出血の話卵巣出血


★リンクテーブル★
国試過去問106H021」「086E048」「081A040」「080A026
リンク元下腹部痛
関連記事卵巣」「」「出血

106H021」

  [★]

  • 18歳の女子。月経時の下腹部痛を主訴に来院した。 15歳ころから月経時の下腹部痛を自覚するようになった。下腹部痛は月経開始日から始まり、軽い頭痛悪心とを伴う。今回は特に症状が強かったため、月経3日目に受診した。初経は13歳。月経周期は28日型、整。経血量は正常範囲内である。体温36.0℃。脈拍84/分、整。血圧112/72mmHg。内診所見上、子宮は正常大で可動性は良好である。卵巣を触知しない。血液所見:赤血球380万、 Hb11.8g/dL、 Ht36%、白血球7,800、血小板18万。 CRP0.7mg/dL。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H020]←[国試_106]→[106H022

086E048」

  [★]

  • 23歳の女性。未婚。月経周期は28日、整。月経困難症はない。最終月経は8月1日から5日間平常通りであった。8月21日、就寝中に激しい左下腹部痛と悪心とがあり来院した。体温36.7℃。血圧108/64mmHg。赤血球340万、Hb9.5g/dl、白血球8,000。内診所見:外子宮口からの出血はなく、子宮は前傾前屈、大きさと硬度とは正常。左子宮付属器には腫瘤を触知しないが圧痛を認めた。経膣超音波検査でDouglas窩エコーフリースペースを認めた。
[正答]

081A040」

  [★]

  • (1) 卵管妊娠の部位別頻度は膨大部よりも峡部の方が高い
  • (2) 末梢血に比べDouglas窩性穿刺液のHb値は高い
  • (3) 卵管妊娠の反復は稀である
  • (4) 内診所見のみでは卵巣出血との鑑別は困難である

080A026」

  [★]

  • 成熟婦人で急激な下腹痛を訴えるのはどれか
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

下腹部痛」

  [★]

lower abdominal pain
下腹痛腹痛

診療エッセンシャルズ.271 改変

  • 右下腹部+左下腹部
消化器 虫垂炎腸炎憩室炎炎症性腸疾患虚血性大腸炎ヘルニア嵌頓(内鼠径/外鼠径、閉鎖孔大腿)、過敏性腸症候群、S状結腸捻転、腸結核
婦人科 子宮外妊娠卵巣腫瘍茎捻転骨盤内炎症性疾患子宮内膜症
泌尿器 尿管結石膀胱炎精巣捻転

産婦人科疾患

NGY.138

急性かつ重篤な下腹痛

中等度の下腹痛

  • 1. 鎖陰
  • 2. 卵巣嚢腫破裂
  • 3. 子宮内膜症
  • 4. 月経困難症
  • 5. 子宮筋腫
  • 6. 急性付属器炎、子宮内膜炎:子宮内膜炎は子宮内操作や流産後などに起こり、ほとんどが上行性感染と考えられ、発熱や不正出血などの随伴症状を伴うことが多い。卵管に炎症が波及し付属器炎になると下腹痛も増悪し、骨盤腹膜炎を来すことがある。起因菌はクラミジアの頻度が増加している。(参考1)
  • 7. 流産

産婦人科の下腹部痛の鑑別疾患

参考1

妊娠の有無による鑑別

参考

  • 1. (12)日本産婦人科医会研修プログラム;痛みの診断と治療

3)急性腹症,がん性疼痛への対応 - 日産婦誌58巻9号

http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-395.pdf


卵巣」

  [★]

ovary
ovarium
子宮


解剖

卵巣の固定

  • 卵巣提索:卵巣の上端と骨盤側壁を結ぶ。卵巣動脈、卵巣静脈、リンパ管、腹大動脈自律神経叢からの自律神経が通る
  • 固有卵巣索

卵巣の上皮

  • 腹膜には覆われず、胚上皮(表層上皮)に覆われている。

血管

重量

  • 閉経前後に卵巣重量が低下する

疾患 (NGY.201)

発生 L.307

血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡