医療

出典: meddic

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/16 10:42:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 民主党政権で医療は (厳選110テーマ、最速60分で早読み! 2011年大予測) -- (社会・暮らし編 老人も若者も希望持てぬ国)
  • 瞬目を指標とした重症心身障害児(者)の人関連刺激受容評価
  • 林 恵津子
  • 会津大学短期大学部研究年報 68, 2011-03-25
  • … 瞬きは、家庭用ビデオカメラで撮影が可能なため、本人の負担にならず医療ケアへの影響もない。 …
  • NAID 110008138715

関連リンク

医療について紹介しています。 ... 安全で質の高い医療サービスを提供するために けがをしたり病気になった時に、安全で質の高い医療サービスを受けることができる医療提供体制を確立し、赤ちゃんからお年寄りまで全ての国民が ...
yomiDr.(ヨミドクター)は、読売新聞の医療・介護・健康情報サイトです。医療大全、病院の実力、医療相談室、シニア・介護の各コーナーには役に立つ記事が満載です。ニュースやコラムなども充実。人気連載・医療ルネサンスを ...

関連画像

 医療関係(看護師)保健・健康医師のイラスト(医療イラスト 先進医療に対応するがん保険を イラスト(医療)無料 医療従事者のイラスト(医療  医療関係(看護師)保健・健康

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)

組成

  • 本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス4.5gを含有する。
   日局サイコ    5.0g
日局ハンゲ    4.0g
日局ケイヒ    3.0g
日局ブクリョウ  3.0g
日局オウゴン   2.5g
日局タイソウ   2.5g
日局ニンジン   2.5g
日局ボレイ    2.5g
日局リュウコツ  2.5g
日局ショウキョウ 1.0g

添加物

  • 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、ショ糖脂肪酸エステル

効能または効果

  • 比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだち等の精神症状のあるものの次の諸症
  • 高血圧症、動脈硬化症、慢性腎臓病、神経衰弱症、神経性心悸亢進症、てんかん、ヒステリー、小児夜啼症、陰萎


  • 通常、成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


重大な副作用

間質性肺炎

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

肝機能障害、黄疸

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

血圧降下作用

  • ウサギに混餌にて前投与したところ、ノルアドレナリンによる血管収縮及び血圧上昇を抑制した1)

抗動脈硬化作用

  • 高血圧自然発症ラットに経口投与したところ、大動脈内膜肥厚度が低下し、病変部の内膜肥厚の進行が抑制された2)
  • ウサギに経口投与と同時に、熱処理高デンプン・高塩分・低蛋白食で飼育し大動脈波速度法(PWV法)にて推移を観察したところ、PWVの増加が抑制された。また、組織所見においても胸部大動脈中膜における変性が少ないことが認められた3)
  • 頚動脈を擦過したラットに高コレステロール食とともに混餌前投与したところ、血管内皮肥厚が抑制され、血管平滑筋細胞の増殖が抑制された4)

向精神作用

  • EIマウスに混餌にて前投与したところ、明期の運動量が減少し、明期のペントバルビタール誘発睡眠が延長した5)
  • 慢性的に水浸拘束を負荷したラットに経口投与したところ、回転棒における運動量の減少が改善された6)

抗痙攣作用

  • マウスに経口投与したところ、電気刺激による間代性痙攣の持続時間が短縮し、ペンテトラゾール、ピクロトキシンによる死亡までの時間が延長した7)

作用機序

  • 本剤は、以下の作用により薬理効果を示すことが示唆されている。

抗動脈硬化作用

  • ・マウスに高コレステロール食とともに12ヵ月飲水投与したところ、肝臓におけるトリグリセリド及びリン脂質の低下、心臓におけるリン脂質の低下が認められた8)
  • ・遺伝性高コレステロール血症(KHC)ウサギに高コレステロール食とともに混餌投与したところ、総コレステロール及びLDLが減少し、肝臓組織におけるapoE及びLDL受容体mRNA量が増加した。また、胸部大動脈弓部の粥状動脈硬化病変が抑制された9)
  • ・ヒト肝細胞モデルHepG2細胞において、細胞内コレステロールエステル及びトリグリセリドの合成を抑制し、apoBの分泌を低下させた(in vitro10)

向精神作用

  • ・慢性的に水浸拘束を負荷したラットに経口投与したところ、副腎重量の増加が抑制され、グルココルチコイドによるネガティブフィードバック反応の減弱が改善された11)
  • ・慢性的に水浸拘束を負荷したラットに経口投与したところ、前頭前野におけるセロトニン及びドパミンの放出量減少が改善された6)


★リンクテーブル★
国試過去問107E001」「106G034」「107C001」「106G024
リンク元栄養サポートチーム」「診療」「健康管理」「health care」「保健医療
拡張検索公費負担医療」「保険医療機関及び保険医療養担当規則」「医療保険制度」「医療計画

107E001」

  [★]

  • 我が国の医療福祉の現状について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D060]←[国試_107]→[107E002

106G034」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G033]←[国試_106]→[106G035

107C001」

  [★]

  • 医師憲章による医師の責務に含まれないのはどれか。
  • a 利己主義
  • b 医療の質の向上
  • c 医療へのアクセス向上
  • d 患者との適切な関係の維持
  • e 有限な医療資源の適正配置


[正答]


※国試ナビ4※ 107B062]←[国試_107]→[107C002

106G024」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G023]←[国試_106]→[106G025

栄養サポートチーム」

  [★]

NST
栄養サポート


栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)とは、職種の壁を越え、栄養サポートを実施する多職種の集団(チーム)である。栄養サポートとは、基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することである。<ref name=A>東口高志 『NST完全ガイド』照林社、2005年</ref>

NSTは1960年代の中心静脈栄養(TPN)の開発普及とともに誕生し、欧米を中心に世界各地に広がった。日本ではその普及が容易でなく、1998年のPPM方式の考案が契機となり、全国の医療施設に広がった。2006年4月の診療報酬改定により、多くの病院でNSTが立ち上がることとなった。<ref name=A>東口高志 『NST完全ガイド』照林社、2005年</ref>

この項では日本におけるNSTについて述べる。

NSTの歴史

1968年、米国のダドリック(Dudrick)らによって、中心静脈栄養法(Total Parenteral Nutrition)が開発され、全米に普及した。同時期に、医師・薬剤師・看護師などの栄養管理を専門とするメディカル・スタッフが各施設で求められるようになり、栄養管理チーム構築の始まりとされる。一方、同時期にブラックバーンにより栄養アセスメントが初めて体系化された。

1973年、米国ボストンシティ病院に初のNSTが本格的に誕生した。同時期に、マサチューセッツ総合病院ではフィッシャー教授がNSTをHyperalimentation Unitという名称で構築していた。

NSTは中心静脈栄養法の普及と相まって全米、ヨーロッパ諸国に広がった。 欧米ではNSTは診療部門の一つとして設立されていることが多い。施設内の全ての症例に対して提言・発言する権利を与えられ、中心静脈栄養法の施行にもNSTの承認を必要とするなどの規定が設けられたりしている。NSTが医療の質の向上や医療費の削減に貢献することを全ての医療従事者が認識している。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>

日本においても、中心静脈栄養法の普及と同時にNSTが導入されたが、数施設で単科・少数科での活動であったり、全科型でも中心静脈栄養法の管理が中心であった。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>栄養管理の有用性が認識されていなかった為、経費のかかる専属チームの設立は考えられていなかった。

全科型のNSTの発足は、PPM(Potluck Party Method)方式によるNSTが、1998年6月に鈴鹿中央総合病院に、2000年7月に尾鷲総合病院に設置されたものが日本初である。<ref name=B>東口高志、『NSTの運営と栄養療法』医学芸術社、2006年</ref>

現在日本でもNST活動の有用性は認識されており、2004年5月に日本医療機能評価機構項目Ver5.0の中にNSTの設立が取り上げられ、2005年末には全国で約700施設でNSTが設立されている。また、2006年4月の診療報酬改定に伴い、栄養管理実施加算が新設された。この加算が求めるものは、全科型のNST活動であり、全国の医療施設がNSTを積極的に設立するきっかけとなった。

組織と役割

NSTは職種の壁を越えたチーム医療であり、多職種のメンバーで組織される。主な職種は以下の通りである。

これらのチームによって、患者に対して栄養状態の評価・判定を行い、適正な栄養補給を実施し、さらに経緯を確認しながら栄養を改善することを目的に組織される。

NSTの補助組織

適切な栄養療法を基盤として、より大きな治療効果や予防効果をもたらす補助組織(ワーキングチーム)やコラボレーション組織の育成が必要となる。

  • 褥瘡チーム
  • 摂食・栄養障害チーム
  • 呼吸療法チーム
  • 感染症対策チーム
  • 生活習慣病対策チーム
  • 病院食改善チーム

NSTにおける各職種の役割

医師の役割

看護師の役割

カテーテルの管理、栄養・食事のチェック、身体測定、NST診療録の管理などがあるが、中でも重要な役割は、①患者の身体状況を確認し、正確な情報をチームにアドバイスすること、②患者に栄養状態の実状を把握してもらい、協力してもらうことであろう。

薬剤師の役割

第一に、輸液製剤の無菌的な調製があげられる。また、薬学的見地より栄養状態、処方内容を検討すること。特に輸液製剤、経腸栄養剤と薬剤との相互作用の検討、消毒剤消毒方法の検討と医療従事者及び患者、患者家族への教育がある。<ref name=C>島田慈彦ら 『実践静脈栄養と経腸栄養』エルゼビア・ジャパン、2003年</ref>。

管理栄養士の役割

NSTにおいて管理栄養士は患者の食事摂取量や摂取状況など情報を元に食事量や食事形態の調節を行う

臨床検査技師の役割

リハビリテーションスタッフの役割

その他

日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)、日本病態栄養学会、日本栄養療法推進協議会などがNST認定施設、NST専門療法士などの認定を行っている。

参考文献

Template:脚注ヘルプ <references/>

外部リンク


保険点数

  • 2010年4月の診療報酬改定により栄養サポートチーム加算(NST加算)がなされるようになり、患者にNSTを行うことにより診療報酬点数が200点/週/人が加算される。(参考1)

参考

  • 1.
[display]http://www.kondateman-club.com/modules/tinyd2/index.php?id=10
  • 2.
[display]http://www007.upp.so-net.ne.jp/m-m-office/nst.pdf

診療」

  [★]

treatmentpracticeclinical practicemedical care
行う開業習慣、処置、実行、治療練習医療処理実践


健康管理」

  [★]

health administration, health control, health supervision, health care, healthcare
医療保健医療ヘルスケア


health care」

  [★] 健康管理医療保健医療ヘルスケア

medical care


保健医療」

  [★]

health carehealthcare
健康管理医療ヘルスケア


公費負担医療」

  [★]

publicly funded health care service
制度 法令 法令
結核医療 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第37条の2
結核入院医療 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第37条
医療扶助 生活保護法 第15条
戦傷病者療養給付 戦傷病者特別援護法 第10条
戦傷病者更生医療 戦傷病者特別援護法 第20条
精神通院医療 障害者自立支援法 第5条
更生医療 障害者自立支援法 第5条
育成医療 障害者自立支援法 第5条
療養介護医療 障害者自立支援法 第70条
基準該当療養介護医療 障害者自立支援法 第71条
療育給付 児童福祉法 第20条
障害児施設医療 児童福祉法 第24条の20
認定疾病医療 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律 第10条
一般疾病医療費 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律 第18条
措置入院 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第29条
入院措置 麻薬及び向精神薬取締法 第58条の8
養育医療 母子保健法 第20条
中国残留邦人 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律 第14条第4項
新感染症の患者の入院 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第37条
一類感染症・二類感染症・指定感染症の患者の入院 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 第37条
心神喪失 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律 第81条
肝炎治療特別促進事業    
特定疾患治療費、先天性血液凝固因子障害等治療費、水俣病総合対策費の国庫補助療養費及び研究治療費、茨城県神栖町における有機ヒ素化合物環境汚染及び健康被害に係る緊急措置事業要網医療費及びメチル水銀の健康影響治療研究費  
小児慢性特定疾患治療研究事業に係る医療の給付 児童福祉法 第21条の5
児童福祉施設措置医療 児童福祉法 第50条
石綿健康被害救済制度 石綿健康被害の救済に関する法律 第4条
障害児施設医療    
公害医療    
刑事収容施設被収容者 刑事収容施設法  
優生手術 優生保護法 第10条
予防接種事故 予防接種法  

乳幼児対象の公費負担医療

SUB12.219

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%B2%BB%E8%B2%A0%E6%8B%85%E5%8C%BB%E7%99%82
  • 2. 医療保険制度|社会保険診療報酬支払基金
[display]http://www.ssk.or.jp/iryoseido.html



保険医療機関及び保険医療養担当規則」

  [★]

療養担当規則

第19条の三

(特定の保険薬局への誘導の禁止)

  •  保険医は、処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行つてはならない。
  • 2 保険医は、処方せんの交付に関し、患者に対して特定の保険薬局において調剤を受けるべき旨の指示等を行うことの対償として、保険薬局から金品その他の財産上の利益を収受してはならない。

第20条

(診療の具体的方針)

  •  医師である保険医の診療の具体的方針は、前十二条の規定によるほか、次に掲げるところによるものとする。
  • 一 診察
  • イ 診察は、特に患者の職業上及び環境上の特性等を顧慮して行う。
  • ロ 診察を行う場合は、患者の服薬状況及び薬剤服用歴を確認しなければならない。ただし、緊急やむを得ない場合については、この限りではない。
  • ハ 健康診断は、療養の給付の対象として行つてはならない
  • ニ 往診は、診療上必要があると認められる場合に行う。
  • ホ 各種の検査は、診療上必要があると認められる場合に行う。
  • ヘ ホによるほか、各種の検査は、研究の目的をもつて行つてはならない。ただし、治験に係る検査については、この限りでない。

(略)

  • 三  処方せんの交付
  • イ 処方せんの使用期間は、交付の日を含めて四日以内とする。ただし、長期の旅行等特殊の事情があると認められる場合は、この限りでない。
  • ロ 前イによるほか、処方せんの交付に関しては、前号に定める投薬の例による。

(略)

法令

  • 保険医療機関及び保険医療養担当規則(昭和三十二年四月三十日厚生省令第十五号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03601000015.html


医療保険制度」

  [★]

health insurance system


参考

  • 1. ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 我が国の医療保険制度について 厚生労働省
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken01/01.html


医療計画」

  [★]

healthcare planning, medical planning, medical program





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡