副腎

出典: meddic

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体




解剖

  • 第一腰椎の高さ


血管(図:N.322)

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)



組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/18 03:56:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術前TAEが有効であった非機能性巨大副腎皮質癌の1例
  • 湊 のり子,山口 唯一郎,古賀 実,菅尾 英木
  • 泌尿器科紀要 58(4), 193-196, 2012-04
  • An 80-year-old women consulted a physician because of weight loss and slight fever. Since a large retroperitoneal tumor was found, the patient was referred to our hospital. Based on abdominal computed …
  • NAID 120004184970
  • 51. 培養ウシ副腎髄質細胞におけるカテコールアミン分泌に対するフラボノール類ケルセチンやケンフェロールの作用(第29回産業医科大学学会総会学術講演・展示抄録集)
  • 坂巻 路可,豊平 由美子,小原 剛,稲垣 博英,高橋 浩二郎,外山 健二,柳原 延章
  • 産業医科大学雑誌 34(1), 142, 2012-03-01
  • NAID 110009418941
  • 後腹膜血腫を契機に発見された副腎皮質癌の1例
  • 坂田 綾子,土屋 ふとし,逢坂 公人,藤川 敦,大内 秀紀,岩崎 晧
  • 泌尿器科紀要 58(3), 149-153, 2012-03
  • Spontaneous massive retroperitoneal hemorrhage from an adrenal tumor is rare and is usually fatal if unrecognized. We report a case of spontaneous rupture of a primary adrenocortical carcinoma that oc …
  • NAID 120003988387

関連リンク

副腎(ふくじん、adrenal gland)は、哺乳類などに存在する器官で、多種のホルモンを 分泌する内分泌器の一つ。腎臓の隣にあることから、この名があり、腎上体(じん じょうたい、suprarenal gland)とも呼ばれる。実際には腎臓と直接の接続はない。 大きく2層 ...
副腎皮質(ふくじんひしつ、Adrenal cortex)は、アルドステロンとコルチゾールの それぞれを含む鉱質コルチコイドと糖質コルチコイドの生産を通してストレス反応を調停 する、副腎の周囲に位置する部分である。また、アンドロゲン合成の二番目の場でもある 。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
原発 性 アルドステロン症副腎参考 下大静脈 ivc inferior vena cava DSC06627.JPGIllu adrenal gland.jpgDSC06192.JPGアドレナル(副腎)とは?静止画

添付文書

薬効分類名

  • 経皮複合消炎剤

販売名

ゼスタッククリーム

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)[本剤に含まれるヘパリン類似物質は血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある。]
  • 僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される場合[本剤に含まれるヘパリン類似物質は血液凝固抑制作用を有し、出血を助長するおそれがある。]
  • サリチル酸に対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

  • 変形性関節症(深部関節を除く)、関節リウマチによる小関節の腫脹・疼痛の緩解、筋・筋膜性腰痛、肩関節周囲炎、腱・腱鞘・腱周囲炎、外傷後の疼痛・腫脹・血腫
  • 通常、1日1〜数回適量を塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。
    症状により密封法を行う。

薬効薬理

  • ラットカラゲニン足蹠浮腫、ラット毛細血管透過性亢進、ラット炎症足圧痛刺激及びラット肉芽腫形成に対する試験において、本剤は無処置対照群に比べ有意な抑制作用を示した。1)


★リンクテーブル★
先読み腎上体
国試過去問106E035」「102D029」「111D009」「095B002」「096E019
リンク元副腎皮質ホルモン」「多発性内分泌腫瘍症」「多発性内分泌腫瘍症2A型」「内分泌」「下横隔動脈
拡張検索副腎白質ジストロフィー」「副腎不全」「副腎皮質ステロイド製剤」「副腎皮質腫瘍」「先天性副腎過形成
関連記事

腎上体」

  [★]

suprarenal gland (Z)
adrenal gland (Z)


106E035」

  [★]

  • 胎児期の器官形成と臓器の成熟について正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E034]←[国試_106]→[106E036

102D029」

  [★]

  • 52歳の女性。1か月前からの腹部膨満を主訴に来院した。腹部は膨隆し、圧痛を認めない。超音波検査で腹水様所見があり、穿刺でゼリー状の液を吸引した。
  • 原発臓器として考えられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D028]←[国試_102]→[102D030

111D009」

  [★]

  • 胎盤機能不全が原因の胎児発育不全で、最も早期から発育が抑制されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111D008]←[国試_111]→[111D010

095B002」

  [★]

  • 胎盤機能低下で最も早期から子宮内発育遅延がみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095B001]←[国試_095]→[095B003

096E019」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 096E018]←[国試_096]→[096E020

副腎皮質ホルモン」

  [★]

adrenocortical hormone
副腎皮質ステロイド adrenocorticoids
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン副腎皮質刺激ホルモン
ステロイド
副腎副腎皮質ステロイドコルチコステロイドステロイドホルモンコルチコイド副腎皮質ホルモン剤

種類(主要なもののみ)

球状層から分泌される。アルドステロン
索状層から分泌される。コルチゾール
網状層から分泌される。アンドロステンジオン
コレステロール
cholesterol
       
 ↓CYP11A1        
プレグネノロン
pregnenolone
--→
CYP17
17α-hydroxylase
17α-ヒドロキシプレグネノロン
17α-hydroxypregnenolone
--→
CYP17
17α-hydroxylase
デヒドロエピアンドロステロン
dehydroepiandrosterone
DHEA
 ↓3β-HSD 3β-hydroxysteroid dehydrogenase    ↓3β-HSD    ↓3β-HSD
プロゲステロン
progesterone
--→
CYP17
17α-hydroxylase
17α-ヒドロキシプロゲステロン
17α-hydroxyprogesterone
--→
CYP17
17α-hydroxylase
アンドロステンジオン
androstenedione
Δ4androstene-3,17-dion
 ↓CYP21 21-hydroxylase    ↓CYP21 21-hydroxylase    
デオキシコルチコステロン
deoxycorticosterone
  11-デオキシコルチゾール
11-deoxycortisol
   
 ↓CYP11B2 11β-hydroxylase    ↓CYP11B1 11β-hydroxylase    
コルチコステロン
corticosterone
  コルチゾール
cortisol
   
 ↓CYP11B2 18-hydroxylase        
18-ヒドロキシコルチコステロン
18-hydroxycorticosterone
       
 ↓CYP11B2 18-hydroxydehydrogenase        
アルドステロン
aldosterone
       
         
球状増
zona glomerulosa
  索状層
zona fasciculata
  網状層
zona reticularis

臨床関連

21-hydroxylaseが正常に機能しないことにより生じる (L.320)

薬理学

副腎皮質から分泌されるホルモン (SP.895)

名称 血漿濃度
(ng/ml)
1日分泌量
(mg/day)
糖質コルチコイド コルチゾール 40~180 15~20
コルチコステロン 2~6 2~5
鉱質コルチコイド アルドステロン 0.05~0.20 0.05~0.15
11-DOC 0.05~0.30 0.10~0.20
副腎アンドロジェン DHEA 2~8 7~15
DHEA-S 1~4  
アンドロステンジオン 1~2 2~3



多発性内分泌腫瘍症」

  [★]

multiple endocrine neoplasia, MEN
多発性内分泌腫瘍多発性内分泌腺腫
多発性内分泌腫瘍症候群 多発性内分泌腺腫症候群 multiple endocrine neoplasia syndrome
[[]]
[show details]
  • first aid step1 2006 p.253,254,255,257,294,427,428,,,,,,
遺伝形式 疾患内分泌腺 腫瘍 発生頻度 関連疾患
MEN 1
(Wermer症候群)
常染色体優性遺伝 下垂体 下垂体腺腫 16-66% 腸管カルチノイド、
脂肪腫(~10%)、
平滑筋腫
副腎皮質腫瘍(~40%)、
甲状腺腺腫(26%)
副甲状腺 副甲状腺過形成
副甲状腺腺腫
90-97%
膵臓 膵島腫 30-80%
MEN 2A
(Sipple症候群)
甲状腺 甲状腺髄様癌 60-95% 皮膚苔癬アミロイドーシス
副甲状腺 副甲状腺過形成 10-25%
副腎 褐色細胞腫 5-64%
MEN 2B 甲状腺 甲状腺髄様癌 100% Marfan様体型およびそのほかの骨格異常(85-94%)、
多発神経腫(粘膜神経腫あるいは節神経腫)(100%)
副腎 褐色細胞腫 50%
FMTC 甲状腺 甲状腺髄様癌 100%  



多発性内分泌腫瘍症2A型」

  [★]

multiple endocrine neoplasia type 2A, MEN-2A, MEN2A, MEN IIA
シップル症候群 Sipple症候群 Sipple syndrome Sipple's syndrome
多発性内分泌腫瘍症多発性内分泌腫瘍症2型多発性内分泌腫瘍症2B型
  • 腫瘍はTPA

病因

  • RET遺伝子の変異:gain-of function mutaion in the prooncogene RET on chromosome 10

遺伝

症候

疾患内分泌腺 腫瘍 発生頻度 関連疾患
MEN 2A
(Sipple症候群)
甲状腺 甲状腺髄様癌 60-95% 皮膚苔癬アミロイドーシス
副甲状腺 副甲状腺過形成 10-25%
副腎 褐色細胞腫 5-64%
  • 甲状腺髄様癌 60-95%
  • 副甲状腺過形成 10-25%:MEN 1よりは頻度が低く、高カルシウム血症の頻度が比較的低い(MEN 1の場合は副甲状腺過形成/腺腫がほぼ必発)。
  • 褐色細胞腫 5-64%
  • 皮膚苔癬アミロイドーシス

治療

  • 褐色細胞腫の切除を先行させてから、甲状腺全摘を行いなさい!! → なんで?クリーゼが起こりやすいとかかいてあるけど。甲状腺ホルモンはコルチゾールの異化亢進させるから、甲状腺機能低下症と副腎機能不全が共存する場合、コルチゾールの補充を先行させなさいとあった。これは甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少して副腎クリーゼを誘発しまうからだが。MEN2Aの場合はどうなの?


参考

  • 1. MULTIPLE ENDOCRINE NEOPLASIA, TYPE IIA; MEN2A - OMIM
[display]http://omim.org/entry/171400
  • 2. [charged] Clinical manifestations and diagnosis of multiple endocrine neoplasia type 2 - uptodate [1]



内分泌」

  [★]

endocrine, internal secretion


  • 副腎疾患
  • その他



下横隔動脈」

  [★]

inferior phrenic artery (KL), inferior phrenic arteries (KL)
arteriae phrenicae inferiores
横隔動脈上横隔動脈
  • 図:N.256,257

由来

走行

分布

  • 反回枝、前枝、外側枝


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


副腎白質ジストロフィー」

  [★]

adrenoleukodystrophy, ALD
副腎脳白質ジストロフィー副腎白質萎縮症
汎発性軸索周囲性脳炎 encephalitis periaxiallis diffusa
シルダー病

まとめ

  • 中枢神経系の脱髄、副腎皮質機能不全、極長鎖脂肪酸の蓄積が特徴のX連鎖劣性遺伝疾患である。男子数万人に1人に発症するとされる。原因遺伝子はペルオキシソーム膜に存在する膜タンパク質(ALDP)をコードする遺伝子(ALD gene, Xq28)の異常による。病理組織では大脳白質の脱髄・硬化像、血管周囲の単核球浸潤などの炎症所見が見られる。大脳白質のマクロファージや副腎皮質細胞に極長鎖脂肪酸含む層状構造物が認められる。病型には小児ALD、副腎脊髄神経障害、成人大脳型、小脳脳幹型、副腎不全型などがある。小児ALDが最も多くALDの約半分を占める。経過は3-12歳頃に性格・行動変化、学習障害、視力及び聴力障害を初期症状として発症、四肢麻痺・除皮質状態へと急速に進行する。副腎皮質機能障害が認められることが多く、ACTH上昇による黒皮症がみられうる。検査では血清中にC24-26:0の極長鎖脂肪酸の増加がみられ、MRIではT2強調画像にて後頭葉・頭頂葉白質の脱髄が認められる。遺伝子検査でALD遺伝子の異常が認められる。治療は病初期に骨髄移植を行うことで神経症状の進行が防止可能である。オレイン酸(C18:1)とエルカ酸(C22:1)を4:1に含むLorenzo油の服用が推奨されている。(PED.300 SPE.182 YN.J-115)

概念

病因

  • ALD遺伝子(Xq28)の異常。ペルオシキソーム膜に存在する膜タンパクをコードしている。(YN.J-115 SPE.182)

遺伝形式

病理

  • 血管周囲にリンパ球浸潤、貪食細胞出現 (YN.J-115)

症候

  • 5-10歳頃に、皮膚・粘膜の色素沈着で発症し、進行性の知能低下、歩行障害、皮質性視力障害を来たし、ついには痙性対麻痺、除皮質状態となる。(YN.J-115)
  • 3-12歳頃に、行動変化、学習障害、大脳皮質性の視力障害や聴力障害などで発症し、四肢麻痺へと至る。種々の程度の副腎皮質機能障害を呈する。(SPE.183)

診断

  • 血清中のC24:0,C25:0,C26:0などの極長鎖脂肪酸の増加を見る。ALD遺伝子の変異を見る。

検査

  • CT?MRI? (SPE.183)
  • 病初期に、後頭葉を中心とする左右対称性の脱髄を認める。造影により脱髄巣周囲が増強される

治療

SPE.183
  • 根治療法無し
  • 病初期に骨髄移植を行うと神経症状の進行が予防可能
  • 血中極長鎖脂肪酸を下げるために、Lorenzo油(オレイン酸(C18:1):エルカ酸(C22:1)=4:1)の服用が進められている

予後

  • 1-5年で死亡 (YN.J-115)



副腎不全」

  [★]

adrenal insufficiency
副腎機能不全副腎機能低下症 hypoadrenalism

病因による分類

  • primary adrenal disease , primary hypoadrenalism
  • secondary adrenal disease, secondary hypoadrenalism

経過も合わせた分類

  • primary acute adrenocortical insufficiency, adrenal crisis
  • primary chronic adrenocortical insufficiency, Addison disease
  • secondary adrenocortical insufficiency

症状

HIM.2263

Table 336-7 副腎不全の症候
症候 (%)
筋脱力(weakness) 99
皮膚の色素沈着 98
体重減少 97
食欲不振、悪心、嘔吐 90
低血圧(<110/70) 87
粘膜の色素沈着 82
腹痛 34
食塩摂取の欲求 22
下痢 20
便秘 19
失神 16
めまい 9

ストレス時の対応

発熱時

  • 内服可能時:現処方の3倍量を3日間継続
  • 内服不可時:ヒドロコルチゾン100mg IV、 1日4回ヒドロコルチゾン100mg IV 1回30分かけて)


副腎皮質ステロイド製剤」

  [★]

corticosteroid preparation
副腎皮質ステロイド剤副腎ステロイド剤


副腎皮質腫瘍」

  [★]

adrenal cortex neoplasm
副腎皮質新生物


先天性副腎過形成」

  [★] 先天性副腎皮質過形成症


腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
2consat tv frequency direction of dish 16
3tb test 陽性 13
40 HTTP/1.1 11
51,1024,768,24 HTTP/1.1 11
6找多毛的日本 8
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
8日本母多毛 8
9血糖降下薬 一覧 7
101,320,568,24 HTTP/1.1 7
11 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 7
12日本多毛 7
13難病 一覧 5
14ラインウィーバーバークプロット 5
15酸性色素が水に溶けやすい 4
16BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
17陰性菌 陽性菌 真菌 4
18Culpen フルクロキサシリン 4
19肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
20ワレンベルグ症候群 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1tb test 陽性 13
2日本母多毛 8
3找多毛的日本 8
4血糖降下薬 一覧 6
5ラインウィーバーバークプロット 4
6陰性菌 陽性菌 真菌 4
7酸性色素が水に溶けやすい 4
8BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
9otoconia 4
10アプガースコア 4
11systemic vascular resistance 計算 3
12抗コリン薬 3
13ワレンベルグ症候群 3
14下腿軸 3
15acenocoumarol 2
16ストリキニーネ 症状 2
17ホフマン症候群とは 2
18右側臥位 2
19Streptococcus agalactiae 2
20塩酸インデノロール薬 副作用 2