凝固因子活性検査第XIII因子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

検査項目 JLAC10 検体量 (mL) 容器 キャップ カラー 保存 (安定性) 所要 日数 実施料 判断料 検査方法 基準値 (単位) 凝固因子活性検査 第ⅩⅢ因子(F13) 2B440-0000-022-315 血漿 0.4 PC2 ↓ A00 (21日) 2~4 229 ※2 合成基質 ...
凝固因子活性・抗原量検査 第XIII因子, coagulation factor XIII activity, coagulation factor XIII antibody 測定方法 : 合成基質法(活性検査)、ラテックス凝集反応(抗原量) 外注会社 : SRL 基準範囲 : 70 ~140 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事検査」「活性」「」「因子」「凝固

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター


凝固」

  [★]

clotting, coagulation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡