内視鏡的胆道ドレナージ

出典: meddic

endoscopic biliary drainage EBD
内視鏡的逆行性膵胆管造影法 endoscopic retrograde biliary drainage ERBD
[show details]

概念

(医学辞書より)
  • 内視鏡により十二指腸乳頭を経由して胆管ドレナージチューブを挿入すること。
  • 歴史的には、内視鏡的乳頭切開術が開発された後、その合併症として起こる胆管結石の嵌頓による急性胆管炎の治療法として1980年に考案された。

参考

  • Endoscopic Biliary Drainage for Severe Acute Cholangitis
  • Edward C.S. Lai, F.R.C.S.(Ed.), F.R.A.C.S., Francis P.T. Mok, F.R.C.S.(Ed.), F.R.A.C.S., Eliza S.Y. Tan, R.N., Chung-mau Lo, F.R.C.S.(Ed.), Sheung-tat Fan, F.R.C.S.(Glas.), Kok-tjang You, M.D., and John Wong, Ph.D., F.R.A.C.S., F.R.C.S.(Ed.)
  • N Engl J Med 1992; 326:1582-1586June 11, 1992
Background.: Emergency surgery for patients with severe acute cholangitis due to choledocholithiasis is associated with substantial morbidity and mortality. Because recent results suggested that emergency endoscopic drainage could improve the outcome of such patients, we undertook a prospective study to determine the role of this procedure as initial treatment.
Results: Complications related to biliary tract decompression and subsequent definitive treatment developed in 14 patients treated with endoscopic biliary drainage and 27 treated with surgery (34 vs. 66 percent, P>0.05). The time required for normalization of temperature and stabilization of blood pressure was similar in the two groups, but more patients in the surgery group required ventilatory support. The hospital mortality rate was significantly lower for the patients who underwent endoscopy (4 deaths) than for those treated surgically (13 deaths) (10 vs. 32 percent, P<0.03). The presence of concomitant medical problems, a low platelet count, a high serum urea nitrogen concentration, and a low serum albumin concentration before biliary decompression were the other independent determinants of mortality in both groups.

  • [display]http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM199206113262401


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-34 先天性胆道拡張症症状遷延・増悪例に対する内視鏡的胆道ドレナージ術(先天性胆道拡張症1,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会)
  • 土屋 博紀,金子 健一朗,小野 靖之,田井中 貴久,安藤 久實
  • 日本小児外科学会雑誌 47(4), 604, 2011-07-05
  • NAID 110008735156
  • 高齢者急性胆管炎に対する内視鏡的胆道ドレナージは有用か? (特集 肝・胆・膵外科における感染症に対する治療戦略)
  • 鈴木 裕,中里 徹矢,横山 政明 [他]
  • 日本外科感染症学会雑誌 8(1), 55-60, 2011-02
  • NAID 40018766833
  • 胆管への転移再発を生検により診断し得た悪性黒色腫の1例
  • 勝野 広嗣,西田 勉,筒井 秀作,藥師神 崇行,柄川 悟志,荒木 浩士,宮崎 昌典,飯島 英樹,辻井 正彦,林 紀夫
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(1), 58-65, 2011-01-20
  • 症例は55歳男性.左上肢第5指の悪性黒色腫に対して第5指切断術を受けた.1年3カ月後,肝胆道系酵素の上昇を認め,腹部CT検査にて中下部胆管内の腫瘤像を認め入院となる.ERCでは胆管内に可動性のある欠損像を認め,生検組織の病理診断にて悪性黒色腫の胆管転移と診断し得た.減黄目的で内視鏡的胆道ドレナージ術(Endoscopic biliary drainage:EBD)を施行後減黄し退院した.悪性黒色腫 …
  • NAID 10027867160
  • 肝細胞癌に対するTACE後に生じた, 総胆管結石を伴う脾周囲 biloma に対して内視鏡的胆道ドレナージが有用であった1例
  • 川部 直人,橋本 千樹,村尾 道人,有馬 裕子,嶋崎 宏明,中野 卓二,新田 佳史,原田 雅生,吉岡 健太郎
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 52(10), 2960-2966, 2010-10-20
  • 76歳男性.多発肝細胞癌にて経カテーテル的動脈化学塞栓術(TACE)を計3回施行した.その後発熱にて受診し,腹部CTにて脾周囲に低吸収域を認めた.ERCPにて総胆管結石および肝内胆管末梢から脾周囲への造影剤漏出を認めたためbilomaと確定診断し内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)を施行した.Bilomaは縮小し,内視鏡的乳頭切開術と総胆管採石の際,ERCPにて胆汁漏出の消失を確認した.脾周囲bilo …
  • NAID 10027493360

関連リンク

胆道ドレナージ術. 1. 胆道ドレナージ術とは. 胆石や腫瘍などに邪魔をされて胆汁の 流れが悪くなっているところに、チューブなどを通すことによって胆汁の流れを良くする 治療のことを胆道ドレナージといいます。 2. 胆汁の流れ. 胆汁は肝臓で作られ、身体に ...
経皮経肝的胆管ドレナージ(推奨度 B). 胆道ドレナージ法には内視鏡的ドレナージ,経 皮経肝的ドレナージ,開腹ドレナージがある。内視鏡的ド. レナージ法の安全性と有効性 は多くの研究(レベル 2b) (レベル 4). から確認されている。内視鏡的ドレ. ナージと開腹 ...

関連画像

内視鏡的経鼻胆道ドレナージ  経鼻胆管ドレナージチューブ図5胆道ドレナージ術に関連する 内視鏡的胆道ドレナージ(ERCP 胆道の疾患 図2,3,4


★リンクテーブル★
先読みERBD」「EBD」「内視鏡的逆行性膵胆管造影法
国試過去問106E037」「101F036
リンク元内視鏡的逆行性胆管膵管造影」「内視鏡的胆道内瘻術」「endoscopic biliary drainage
関連記事胆道」「内視鏡」「内視鏡的」「ドレナージ」「

ERBD」

  [★] 内視鏡的逆行性胆道ドレナージ endoscopic retrograde biliary drainage


EBD」

  [★] 内視鏡的胆道内瘻術 endoscopic biliary drainage

内視鏡的逆行性膵胆管造影法」

  [★] 内視鏡的逆行性胆管膵管造影

106E037」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E036]←[国試_106]→[106E038

101F036」

  [★]

  • 胆道疾患と治療の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F035]←[国試_101]→[101F037

内視鏡的逆行性胆管膵管造影」

  [★]

endoscopic retrograde cholangiopancreatography, ERCP
内視鏡的逆行性膵胆管造影内視鏡的逆行性膵胆管造影法内視鏡的逆行性胆管膵管造影内視鏡的逆行性胆管膵管造影法
内視鏡的胆道ドレナージ
[show details]

概念

  • 胆道疾患の診断目的に施行する画像検査
  • 内視鏡を用いて、十二指腸乳頭部から膵管および胆管内に細径チューブを挿入し、造影剤を注入して撮像すること。

禁忌

  • 全身状態が著しく不良
  • 造影剤過敏症(アナフィラキシーショック)
  • 急性膵炎急性期
  • 慢性膵炎の急性増悪期

参考

  適応 禁忌 要注意
膵臓疾患 膵臓癌
・嚢胞性疾患
慢性膵炎
・膵管癒合不全
輪状膵
・全身状態が著しく不良
・造影剤過敏症
(アナフィラキシーショック)
・急性膵炎急性期
・慢性膵炎の急性増悪期
・上部消化管狭窄
・胃全摘出後
  Roux-en-Y吻合
Billroth II法 残胃例
胆道疾患 胆管癌
胆嚢癌
・胆道結石症
胆管狭窄
・膵・胆管合流異常
乳頭部疾患 乳頭部癌
・乳頭機能不全症



-ERCP


内視鏡的胆道内瘻術」

  [★] 内視鏡的胆道ドレナージ


endoscopic biliary drainage」

  [★] 内視鏡的胆道ドレナージ

胆道」

  [★]

bile duct
胆管系

内視鏡」

  [★]

endoscope
エンドスコープ
小腸内視鏡大腸内視鏡電子内視鏡



内視鏡的」

  [★]

endoscopicendoscopically
内視鏡検査内視鏡下

ドレナージ」

  [★]

drainage
誘導法排液法排膿法



道」

  [★]

street, meatus
街路街角




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡