低緊張性十二指腸造影

出典: meddic

hypotonic duodenography
乳頭部癌
  • 十二指腸Vater乳頭付近の病変を詳細描出するための造影方法。(SSUR.494)
  • 鎮痙薬投与により緊張をとり、バリウムと空気を注入して二重造影を行う。(SSUR.494)



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Pedunculated Duodenal Lipoma Treated with Endoscopic Polypectomy with a Detachable Snare
  • Murata Atsuhiko,Osoegawa Takashi,Ijyu Moritomo,Kanayama Kenji,Tanaka Munehiro,Nakamura Kazuhiko,村田 篤彦,小副川 敬,伊集 守知,金山 兼司,田中 宗浩,中村 和彦,ムラタ アツヒコ,オソエガワ タカシ,イジュウ モリトモ,カナヤマ ケンジ,タナカ ムネヒロ,ナカムラ カズヒコ
  • 福岡医学雑誌 99(6), 131-135, 2008-06-25
  • … が黒色便を主訴に当院に紹介された.上部消化管内視鏡検査を施行し,十二指腸下行部に表面平滑で有茎性の粘膜下腫瘍を認めた.病変の色調はわずかに黄色調で,表面に縦走するびらんを認めた.低緊張性十二指腸造影検査では十二指腸下行部に透視上40 × 12mm の山田Ⅳ型の立ち上がりを呈する表面平滑な隆起性病変として描出された.各種検査の結果,出血源と判断し,留置スネアを併用した内視鏡的切除術を施 …
  • NAID 120000981515
  • 内視鏡的乳頭切除術にて治療し得た早期十二指腸乳頭部癌の1例
  • 三嶋 亮介,山尾 拓史,増田 淳一,竹島 史直,木下 直江 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 82(3), 127-134, 2007-09
  • … 上部消化管内視鏡検査の他,低緊張性十二指腸造影検査,内視鏡的逆行性膵胆管造影,超音波内視鏡検査,膵管内超音波内視鏡検査等を行った結果,胆管および膵管への進展は認めずOddi筋内にとどまる病変と考えられた。 …
  • NAID 110006447285

関連リンク

2009年2月1日 ... 低緊張性」とは鎮痙剤で十二指腸の筋肉の緊張を緩めた状態を指します。前項の上部 消化管造影でも胃の後に十二指腸を検査することは可能ですが、造影された胃と重なっ て詳細な診断ができないことがあり、このような方法が用いられてい ...
が黒色便を主訴に当院に紹介された.上部消化管内視鏡検査を施行し,十二指腸下行 部に表面平滑で有茎性の粘膜下腫瘍を認めた.病変の色調はわずかに黄色調で, 表面に縦走するびらんを認めた.低緊張性十二指腸造影検査では十二指腸下行部に 透視 ...

関連画像

図2低緊張性十二指腸造影検査プロナーゼMDL低緊張性十二指腸造影低緊張性十二指腸造影低緊張性十二指腸造影.jpg 癌の低緊張性十二指腸造影写真


★リンクテーブル★
先読み乳頭部癌
国試過去問083B082」「085B045
リンク元hypotonic duodenography
関連記事十二指腸」「緊張」「緊張性」「造影」「低緊張性

乳頭部癌」

  [★]

papillary carcinoma carcinoma of papilla cancer of the papilla cancer of Vater
carcinoma papillae
乳頭癌乳頭がん乳頭部がん、(国試)十二指腸乳頭部癌ファーター乳頭部癌 Vater乳頭部癌 Vater papilla carcinoma膨大部癌 Vater ampulla carcinoma

症状

  • 変動する黄疸
  • 乳頭部を閉塞するために比較的早期に黄疸が出現する。このためにリンパ節、肝転移は少なく予後が良好。
  • 変動するのが特徴的で、胆管癌や膵頭部癌のように進行性ではない → 合併する胆管炎の炎症の消長に影響されることによる、あるいは乳頭部の組織崩壊による

検査

  • 上部消化管内視鏡:十二指腸乳頭部に発赤、腫大、隆起病変(腫瘤)、潰瘍が認められる。
  • 緊張性十二指腸造影法
  • 磁気共鳴胆管膵管像(MRCP):閉塞部より上流の胆管の拡張
  • 血管造影


治療

  • 膵頭十二指腸切除術 + リンパ節郭清

予後

  • 膵癌・胆道癌の中では比較的予後良好。十二指腸乳頭部癌>胆管癌>膵頭部癌>膵体尾部癌

国試



083B082」

  [★]

  • 疾患と検査法との組み合わせで適切なのは?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

085B045」

  [★]

  • a. 血清総ビリルビン値はしばしば変動する
  • b. 低緊張性十二指腸造影は診断上有用である
  • c. 乳頭切除術が標準手術である
  • d. 切除後遠隔性石は膵頭部癌より不良である
  • e. 症状は腹痛のことが多い

hypotonic duodenography」

  [★] 低緊張性十二指腸造影

十二指腸」

  [★]

duodenum (Z)
消化器系小腸


解剖

first portion 上部、球部
second portion 下行部
third portion 水平部
fourth portion 上行部

上部

-superior part
KA. 291,311,312
KH. 170

血管

下行部 descending part

KA. 297

血管

水平部

horizontal part
KA. 297
KH. 170

血管

上行部

ascending part
KH. 170

血管

組織

1 2 3 4 5 6
上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織筋層 漿膜/外膜
単層円柱上皮 吸収上皮細胞、杯細胞(ムチンノーゲン分泌)、
内分泌細胞、M細胞
腸腺 吸収上皮細胞、杯細胞、
幹細胞、内分泌細胞、
パネート細胞
内輪層、外縱層 ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、
アルカリ性の粘液、
ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜 外膜
(下行部水平部)



緊張」

  [★]

stressstrain、(生理)tonetonus
応力強調菌株緊張度系統ストレストーン歪み捻挫トーヌス緊張活動力点筋挫傷

緊張性」

  [★]

toniccatatonictonically
強精強直強直性緊張病持続性

造影」

  [★]

imaging
イメージング画像処理画像診断造影法画像法

低緊張性」

  [★]

hypotonic
低浸透圧性低張低張性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡