低在横定位

出典: meddic

low transverse arrest, deep transverse position
回旋異常遷延分娩異常分娩


概念

  • 児頭が骨盤を下降するが、第2回旋がおこらず骨盤底に達し、矢状縫合が骨盤横径に一致するもの(NGY.450)

原因

NGY.451
  • 産道の問題:広骨盤、児頭過少
  • 回旋の障害:骨盤底の強靭、微弱陣痛、臍帯巻絡


治療

  • 微弱陣痛を伴う場合は陣痛促進をはかる。
  • 陣痛が整調になっても分娩の進行が見られない場合やnon-reassuring fetal statusが生じた場合には、急遂分娩(吸引分娩鉗子分娩)。(NGY.451)


国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/11 10:51:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第2回旋の異常(後方後頭位,低在横定位,過剰回旋)への対応 (特集 胎位・胎向・回旋を見極める 分娩機序から学ぶ正常・異常の判断と対応)
  • 佐藤 秀平,八木澤 美代子
  • ペリネイタルケア 30(1), 27-32, 2011-01
  • NAID 40018701154
  • 4)回旋異常(10.異常分娩の管理と処置,D.産科疾患の診断・治療・管理,研修コーナー)
  • 平松 祐司
  • 日本産科婦人科學會雜誌 60(3), "N-50"-"N-53", 2008-03-01
  • NAID 110006958216
  • 骨産道と回旋異常 (特集 待つ?待たない!の見分け方 難産:正確な診断と迅速な対応)
  • 亀谷 英輝
  • ペリネイタル・ケア 25(10), 956-961, 2006-10
  • NAID 40007479652

関連リンク

低在横定位. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 低 在横定位(ていざいおうていい)とは異常分娩のひとつである。第2回旋が起こらなかっ たため生じ、骨盤底に達しても矢状縫合が横径に一致して分娩が停止した状態となる。 ...
円形の骨盤の女性は高在縦定位を起こしやすい。低在横定位では第1回旋は行われて いる ...

関連画像

 低在横定位、過剰回旋)への : 低在横定位 胎児の回旋まぁ基本的に出かけるときだけ


★リンクテーブル★
先読み遷延分娩」「回旋異常
国試過去問098B004」「101H012」「097D002」「107B018」「105B029」「106G006
リンク元異常分娩
関連記事定位

遷延分娩」

  [★]

prolonged labor, protracted labor
分娩


  • 初産婦30時間以上経産婦15時間以上(「日産婦」)


回旋異常」

  [★]

anomaly of the rotation



098B004」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠経過は順調であった。妊娠39週5日に陣痛発来のため入院した。身長160cm、体重63kg。妊娠中の体重増加は11kgである。子宮底長34cm、腹囲90cm。内診所見:児頭は骨盤入口部固定、子宮口3cm開大、頚管の硬度は軟。入院後、陣痛は増強し、子宮口10cm開大、SP+2cmで自然破水した。矢状縫合は横径に一致し、先進する小泉門は母体の左側に触れた。破水後、陣痛はさらに増強したが、4時間経過しても分娩の進行はみられなかった。再び内診したところ、児頭の所見は不変であった。胎児心拍数陣痛図で、早発一過性徐脈がみられる。
  • 診断はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B003]←[国試_098]→[098B005

101H012」

  [★]

  • 30歳の1回経産婦。前回の妊娠は妊娠40週2日で3.200gの男児を自然経膣分娩した。今回の妊娠中の経過は順調であり、妊娠38週4日に陣痛が発来したので入院した。入院後も陣痛は次第に増強して子宮口も徐々に開大した。8時間後、子宮口全開大、児頭の下降度SP+2~+3cm、小泉門は9時の方向に触知した。その2時間後も所見は変わらず、坐骨棘は触知困難で、産瘤を認めない。胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • この時点で考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H011]←[国試_101]→[101H013

097D002」

  [★]

  • 30歳の初産婦。妊娠38週4日。陣痛が発来したので入院した。妊娠中の経過は順調であり、入院後も陣痛は次第に増強して子宮口も徐々に開大した。8時間後、子宮ロ9cm開大、児顕の下降度SP+2cm、児頭の小泉門は9時の方向に位置したままで分娩進行は遷延している。胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • この時点で考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097D001]←[国試_097]→[097D003

107B018」

  [★]

  • 分娩中の異常とその対応の組合せで正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B017]←[国試_107]→[107B019

105B029」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B028]←[国試_105]→[105B030

106G006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G005]←[国試_106]→[106G007

異常分娩」

  [★]

abnormal labor
  • C.産科疾患の診断・治療・管理 6.異常分娩の管理と処置

分類

  • 娩出力の異常
  • 産道の異常
  • 胎児・胎児付属物の異常

娩出力の異常

陣痛の異常

  • 微弱陣痛
  • 過強靭痛
  • 狭窄輪難産

腹圧の異常

  • 微弱腹圧
  • 過強腹圧

産道の異常

骨盤の異常

児頭骨盤不均衡

軟産道の異常

胎児の異常

胎位異常

胎勢異常

回旋異常

屈曲位における回旋異常

反屈位における回旋異常

進入異常

肩甲難産

胎児付属物の異常

  • 前期破水
  • 臍帯異常
  • 胎盤性異常分娩
  • 癒着胎盤
  • 子宮内反症

定位」

  [★]

orientation
見当識配向配向性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡