伝導路

出典: meddic

上行性伝導路下行性伝導路


下降性伝導路(運動性伝導路)

PT Pyramidal tract CST corticospinal tract

  • 中心前回の運動野(Brodmann 4 野)、6 野および中心後回(1,2,3野)の錐体細胞から出て、内包後脚を通り、錐体交叉で交叉し対側の外側皮質脊髄路lateral corticospinal tract (75-90%)、同側の前皮質脊髄路anterior corticospinal tract (10-25%) を下降し、脊髄前核に至る。

CBT corticobulbar tract

  • 中心前回の運動野の錐体細胞から出て、内包後脚を通り、対側または動側の運動性脳神経核に至る。(動眼、滑車、外転、三叉神経運動、顔面、疑、舌下神経)

CPT corticopontine tract FPT frontopontine tract

OTPT occipitotemporal pontine tract

  • 大脳皮質の広い範囲から出て、内包を通り橋核に至る。橋核から出た線維は横走線維となり、縫線部で交叉し、中小脳脚を通って小脳半球、虫部の皮質に至る。

上行性伝導路(知覚性伝導路)

ASThT anterior spinothalamic tract

  • 体幹の原始触覚伝導路。脊髄後角固有核から出て、白交連で交叉し前脊髄視床路を上行して視床後外側腹側VPL に入る。

LSThT lateral spinothalamic tract

  • 四肢、体幹の温痛覚伝導路。後角に入り後角海綿体でニューロンを代え、白交連で交叉して外側脊髄視床路を上行し、視床後外側腹側VPL に入る。

GF Gracile fascicle

CF Cneate fascicle ML medial lemniscus

  • 四肢、体幹の識別性触覚、圧覚伝導路。脊髄神経節細胞から出て後索に入り、薄束、楔状束を形成して上行し、薄束核、楔状束核に至る。両核からの線維は内側毛体を形成し対側の視床後外側腹側VPL に入る。

LL lateral leminiscus

  • 蝸牛神経核から出て下丘に至る。更に、下丘腕を介して内側膝状体に至り、聴放線となって側頭葉の聴覚野に終止する。

小脳求心路

SCP ASCT anterior spinocerebellar tract

  • 上小脳脚は歯状核から出る歯状核、赤核、視床路で構成されるが、他に(筋、腱知覚)深部知覚伝導路である前脊髄小脳路が上小脳脚から小脳に入る。
  • (脊髄の白交連で交叉、更に小脳内で交叉し、結局同側の小脳に至る。)

MCP TPF transverse pontine fiber

  • 橋核から出た線維は横走線維となり、縫線部で交叉し、中小脳脚を通って小脳半球、虫部の皮質に至る。

ICP PSCT posterior spinocerebellar tract

  • (筋、腱知覚)深部知覚伝導路。脊髄神経節細胞からでて後索を上後し、Clarke の背核を経由して後脊髄小脳路PSCT posterior spinocerebellar tract を上行し、下小脳脚から小脳に入る。(同側性)

VCT Vestibulocerebellar tract

  • 前庭神経節、前庭神経核からでて、索状傍体を経由し、同側の小脳片葉、小節葉、室頂核に入る。

OCT Olivocerebellar tract

  • オリーブからの出力線維は対側の下小脳脚に入り、小脳に向かう。オリーブ核の機能は未だに明らかでない。(言語、起立性歩行?)

小脳遠心路

SCP DRThT dentatorubrothalamic tract

  • 歯状核から出て、上小脳脚交叉で交叉し対側の赤核に至る。更に上行して、視床外側核VL、前核VA に至る。

uncinate fasciculus

  • 室頂核から出て同側・対側の前庭神経核、脳幹網様態に至る。

CTT central tegmental tract

  • 赤核小細胞から出て、橋被蓋を下降し下オリーブ核に至る。一部はオリーブ脊髄路に接続。中心被蓋路CTT central tegmental tract、オリーブ小脳路OCT olivocerebellar tract、上小脳脚・歯状核赤核小脳路DRThT dentatorubrothalamic tractで構成される回路をギラン・モラレ三角Guillain-Mollaret triangle と呼ぶ。

MLF medial longitudinal tract

  • Cajal の間質核から始まり、脊髄に及ぶ長い線維束。脳幹部では中心灰白質の腹側、傍正中部を通る。動眼、滑車、外転神経核、前庭神経核から出る神経線維や網様体から出る線維で構成される。
  • MLFが障害されると、輻湊はできるが同側眼球の内転ができない。(MLF症候群)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 上室不整脈に対するATPとCa拮抗薬の使い方
  • 小林 洋一,菊嶋 修示,宮田 彰,三好 史人
  • 心電図 = Electrocardiology 30(1), 20-36, 2010-03-10
  • … 不整脈に対するATPの使い方としては,上室頻拍の停止,上室頻拍の鑑別診断,wide QRS頻拍の鑑別診断,上室頻拍に対するカテーテルアブレーションの評価,WPW症候群に対するカテーテルアブレーション後の副伝導路再発の予知,心房細動に対するカテーテルアブレーションの評価,などがあげられる.まず,ATPのヒトにおける上室の刺激伝導系への作用を概説し,次にATPの基本的な使い方を,さらには,臨床的な診断治 …
  • NAID 10026410724
  • 生後早期より心伝導路障害を呈した先天性筋強直性ジストロフィーの1例
  • 岩谷 壮太,山口 由美,沖田 空 [他]
  • 日本小児科学会雑誌 114(8), 1222-1225, 2010-08
  • NAID 40017267327
  • 疼痛に関与する伝導路と下行性疼痛抑制系 (特集 難治性疼痛の診断と最新の治療)
  • 宿題報告 聴覚中枢伝導路のイメージング解析とその展望 (第111回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会予稿集)
  • 高橋 姿
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 113(4), 211-214, 2010-04
  • NAID 40017109769

関連リンク

伝導路 中枢神経と末梢神経はいくつかのニューロンを介して結ばれていて、互いに情報 交換を行なっています。この情報の通路を伝導路と ... 下行性(運動性)伝導路:2個の ニューロンがあり、運動野から視床を通らずに下行します。 ・上行性(感覚性)伝導路:3 ...
触圧覚の伝導路 脊髄後根に含まれるAβ線維は、同側の後索を上行する。後索線維の 側枝は、侵害受容線維とともに脊髄後角にも終止する。後索線維の大部分は上位脊髄 内に終わり、約25%が後索核に終止する。後索内では、脊髄の下部から入った線維は ...

関連画像

図1 聴覚伝導路痛みの伝導路視覚の伝達経路痛みの伝導路.png触覚の伝導路は、温痛覚の伝導 図6 脊髄伝導路。聴覚伝導路


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 75」「上行性伝導路」「嗅覚」「脊髄網様体視床路」「神経路
拡張検索下行性伝導路」「脳幹レベルからの伝導路」「副伝導路症候群」「聴覚伝導路
関連記事伝導」「

100Cases 75」

  [★]

☆case75 自宅での意識消失
症例
21歳 男性
主訴意識消失
現病歴男性のアパートで意識を失っている所を彼女に発見され、午後5時に搬送された。彼女が最後に彼に会ったのは午後8時で、クリスマスの買い物をして帰宅した時であった。翌日午後、彼女が彼に会いに行った所、彼がお風呂の床で意識を失っているのを見つけた。彼女によれば、前日変わった様子(unusal mood)はなかった。彼は心理学の期末試験が1週間に迫っておりこのことを心配していたが、勉強はうまくいっているようだった。また以前試験問題はなかった。
喫煙歴:なし。
飲酒歴:機会飲酒 10 units/week(1週間に350mlビール6本弱)
既往歴:なし
家族歴:父と2人の兄弟のうち1人が糖尿病
服薬歴以前エクスタシー錠剤服用していたが、静脈注射の薬はやったことがない。
身体所見 examination
 顔貌 青白。注射痕は認められない。脈拍 92/分、血圧 114/74 mmHg呼吸数 22/分。心血管系呼吸器系に異常を認めず。神経系 命令に従わないが、痛みに反応して適切に手を引っ込める(GCS M4)。腱反射(+)・対称性足底反射(-)。瞳孔散大対光反射(+)。眼底 視神経円板腫脹
鑑別診断をあげるためのkeyword(司会者用)
・24時間以内に来した意識消失糖尿病家族歴、冬、風呂、精神疾患リスク(試験で悩んでいる。薬物服用歴)、顔色脈拍血圧呼吸数腱反射病的反射瞳孔眼底(司会者用)
keywordからどういう疾患を考えるか?
 真っ先にあげたいもの
 ・二次的脳圧亢進
 ・糖尿病
 ・薬物中毒中毒物質の摂取吸引
 ・神経疾患(てんかんなど)の発作
・24時間以内に来した意識消失
 ・クモ膜下出血:局所神経症状、硝子体下出血(subhyaloid hemorrhage)。
糖尿病家族歴
 ・低血糖発作
  低血糖による昏睡は早いが糖尿病の新規症状として起こらない。まれにインスリノーマによる低血糖による昏睡があり得る。
 ・糖尿病ケトアシドーシス diabetic ketoacidosis DKA
  極度インスリン欠乏コルチゾールアドレナリンなどインスリン拮抗ホルモン増加により、(1)高血糖(≧250mg/dl)、(2)高ケトン血症(β-ヒドロキシ酪酸増加)、アシドーシス(pH7.3未満)をきたした状態。(糖尿病治療ガイド 2008-2009 p.66)
 ・高浸透圧性非ケトン昏睡 nonketotic hyperosmolar coma
  DM type 2
  50歳以上に好発し、インスリン非依存性糖尿病患者腎不全中枢神経障害悪性腫瘍、消化器疾患呼吸器感染などを合併するときに多くみられ、ステロイド利尿薬投与輸液や高カロリー補給人工透析などの際に医原性に起きやすい。
 高血糖性の昏睡発症が早くない。その前に口渇多尿があるはず。
 → 否定するための検査 → 血糖測定
・風呂
 ・脳出血
 ・冬だし、風呂(脱衣所のことか)にガスヒーターがあったら疑わしい。
精神疾患リスク(試験で悩んでいる。薬物服用歴)
 (最も多いのが)薬物中毒(鎮静薬アスピリンアセトアミノフェン)
 (意識障害で運ばれてきたときに考えるべきなのが)一酸化中毒
 一酸化中毒場合顔色蒼白(cherry-red colorと言われてきたが)。眼底所見:(severe CO中毒で)乳頭浮腫
顔色
脈拍血圧呼吸数
腱反射病的反射
 腱反射亢進していたら、上位運動ニューロン障害考慮する。腱反射亢進意識障害共存していれば、障害部位は脊髄伝導路ではなくむしろ脳幹大脳皮質障害があると考えることができる。
瞳孔
 瞳孔散大していれば交感神経興奮、副交感神経麻痺フェニレフリンエピネフリンコカインなど交感神経刺激、動眼神経麻痺脳死徴候
 瞳孔縮瞳していれば副交感神経興奮、オピオイド受容体への刺激:麻薬中毒有機リン中毒橋出血脳幹部梗塞(脳底動脈閉塞症など)
眼底 (IMD.71)
 視神経円板(=視神経乳頭)の腫脹乳頭浮腫(papilledema, DIF.342)を反映乳頭浮腫の発生機序は軸索輸送障害静脈還流うっ滞である。原因として頭蓋内疾患が最も多い。頭蓋外疾患(高血圧視神経炎偽性脳腫瘍)。
乳頭浮腫 papilledema DIF.243
V 動静脈奇形、高血圧による脳血圧脳症・頭蓋内出血クモ膜下出血、硬膜下血腫
I 脳膿瘍、慢性経過の髄膜炎(細菌性×)、敗血症による血栓や静脈洞血栓
N 脳腫瘍
D -
C 動静脈奇形水頭症頭蓋奇形(尖頭症などによる)、血友病、時にSchilder disease
A ループス脳炎動脈周囲炎
T 急性期硬膜外血腫硬膜下血腫ではない。慢性硬膜下血腫ならありうる。
E 褐色細胞腫による悪性高血圧偽性脳腫瘍(=特発性頭蓋内圧亢進症)(肥満無月経・感情障害(emotionally disturbed)をきたした女性に多い)
問題
 症例だけでは絞れないので、最も疑われる疾患をあげ、鑑別診断列挙し、検査治療を考えていくことにします。
一酸化炭素中毒
■オチ
 血中carboxyhemoglobin測定したところ32%。高レベルの酸素投与でゆっくりだが、48時間完全回復脳浮腫にたいするマンニトール高圧酸素療法考慮する。問題は4年間点検されていないガス温水器の不完全燃焼だったとさ。
■KEY POINTS
薬物中毒は若い人の意識消失の最も一般的原因だけど、他の診断もいつも考慮しておく。
一酸化炭素ヘモグロビンレベル屋内や車内、あるいはよく分からない煙に暴露した意識消失患者で測るべき
・一酸化中毒による重度低酸素血症ではチアノーゼを欠く。
initial plan(救急だからのんびりやってられないだろうけど)
A.
1. 呼吸器系循環器系安定確認
2. 血液ガス検査
 3. 血液生化学(電解質(Na,Ca)、血糖)
ビール1本 = 350ml アルコール5%: 350 (ml/本) x 0.05 / 10 (ml/unit) =1.75 (unit/本)
参考文献
 DIF Differential Diagnosis in Primary Care Fourth Edition版 Lippincott Williams & Wilkins


上行性伝導路」

  [★]

ascending pathway (KL)
伝導路下行性伝導路

上行性伝導路を伝導する感覚

上行性伝導路の種類

上行性伝導路 交叉のレベル ニューロン 一次

ニューロンの 種類

体性感覚 深部感覚
1 2 3 4 痛覚 温度覚 粗大な触圧覚 識別性触覚
後索-内側毛帯系 毛帯交叉 脊髄神経節 薄束楔状束 視床        
外側脊髄視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 視床   C      
前脊髄視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 視床          
脊髄網様体視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 延髄網様体 視床            

各伝導路の概要 (SP.231)

後索-内側毛帯系

 皮膚、特に四肢遠位端無毛部の触圧覚受容器や筋、関節受容器からの太い有髄線維は、脊髄に入り同側の後索を上行する。延髄レベルで、上下肢からの線維はそれぞれ楔状束核、薄束核のニューロンに終わる。これら後索核ニューロンの軸索は交差して内側毛帯となり、その大部分が視床外側部の腹側基底核に、一部は後核群にも終わっている(SP.231)。  深部感覚+繊細な触圧覚、振動覚(B.P-2)

脊髄視床路

 後根から入力を受けた後、直ちに交差して対側の前側索を上行し、視床に達する。  脊髄視床路起始ニューロンには、腹側基底核や後核群など視床外側部に終わるものと、髄板内核など内側部に終わるものがある(SP.231)。  温覚+痛覚+粗大な触圧覚(識別力なし)(B.P-2)

脊髄網様体視床路

 視床下部や大脳辺縁系を介して痛みの情動的側面に関係(SP.231)。  視床、脳幹網様体を介して睡眠覚醒サイクル、意識レベル、注意などに影響を及ぼす(SP.231)。


嗅覚」

  [★]

olfactory sensation (SP), olfaction, sense of smell, olfactory sense
嗅脳系



伝導路

解剖


脊髄網様体視床路」

  [★]

上行性伝導路伝導路
  • 後根から入力を受けた後、後角でニューロンを乗り換え対側に入り、前側索を上行して延髄網様体に終わる(途中まで脊髄視床路と同じ)。 
  • 侵害受容性の刺激に応答
  • 網様体から下行性の興奮、抑制を受ける

機能

  • 視床下部や辺縁系を介して、痛みの情動的側面に関与
  • 視床、脳幹網様体を介して、睡眠覚醒サイクル、意識レベル、注意などに影響を及ぼす。


神経路」

  [★]

neural pathwayconducting pathway
伝導路神経相互接続


下行性伝導路」

  [★]

descending tract (B)
伝導路上行性伝導路

下行性伝導路

  1. 皮質延髄路
  2. 皮質脊髄路
    1. 前皮質脊髄路
    2. 外側皮質脊髄路
  3. 皮質赤核脊髄路
  4. 皮質網様体脊髄路
  5. 視蓋延髄路 視蓋脊髄路
  6. 前庭脊髄路
  7. オリーブ脊髄路

外側路と内側路

SP.363
  外側路 内側路
錐体路 外側皮質脊髄路 前皮質脊髄路
錐体外路 皮質赤核脊髄路 皮質網様体脊髄路

伝導路 (TP.101)

伝導路 起始 停止 経路 支配 機能
前庭脊髄路 vestibulospinal tract 前庭神経核 脊髄 腹内側経路 伸筋興奮、屈筋抑制 平衡覚受容器からの入力による前庭脊髄反射
視蓋脊髄路 tectospinal tract 視蓋 腹内側経路   頭と眼の協調運動
橋網様体脊髄路 pontine reticulospinal tract 前庭神経核 腹内側経路よりやや背側 伸筋 姿勢の維持
延髄網様体脊髄路 bulboreticulospinal tract   脊髄のやや外側 屈筋 屈筋反射。姿勢の維持
赤核脊髄路 rubrospinal tract 赤核 脊髄の後外側 遠位の屈筋 屈筋反射


脳幹レベルからの伝導路」

  [★]

  • (2) 赤核脊髄路(Rublospinal tract): 赤核に発して反対側の脊髄を下降し、屈筋の運動をコントロールします。
  • (3) 網様体脊髄路(reticulospinal tract): 脳幹網様体より起こり、バランスや姿勢の維持のために上下肢の筋をコントロールします。
  • (4) 前庭脊髄路(Vestibulospinal tract): 前庭神経核より起こり、脊髄を下降します。前庭器官からの情報によって体のバランスを保つように筋肉にシグナルを送ります。
  • (5) 視蓋脊髄路(Tectospinal tract): 上丘から起こり、対側の脊髄を下降します。視覚や聴覚刺激に対する頚部の運動をコントロールします。

これは大脳皮質レベルから始まる。

  • (1) 皮質脊髄路(Corticospinal tract): 大脳皮質運動野の皮質第5層にあるベッツの錐体細胞より始まり、錐体交叉を通って反対側の脊髄を下降します。この経路はまた錐体路と呼ばれます。錐体路は手足の運動をコントロールします。


副伝導路症候群」

  [★]

syndrome of accessory pathway
心室早期興奮症候群
  • 心房と心室を連絡する副伝導路が存在する疾患群
  • 下位概念としてWPW症候群

聴覚伝導路」

  [★]

auditory pathway
コルチ器


伝導」

  [★]

transduction, conduction
興奮伝導伝達


  • ニューロン介して情報が活動電位として伝わることを伝導という、と思う。
  • 伝達とは確実に区別する


路」

  [★]

tract
tractus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡