主要組織適合複合体

出典: meddic

major histocompatibility complex, MHC
ヒト白血球抗原 human leucocyte antigen, HLA ← LHA/MHCの疾患との遺伝的関係についてはここを参照、MHC分子主要組織適合遺伝子複合体


MHCのクラスと特徴 (出典不明)

  MHC class I *MHC class II
MHC発現組織 全ての有核細胞(×赤血球) CD4陽性T細胞
CD8陽性T細胞
抗原提示細胞(マクロファージ樹状細胞

ランゲルハンス細胞クッパー細胞ミクログリアB細胞)

抗原認識するリンパ球 Tc細胞 Th細胞
ドメイン構造 α鎖(α1,2,3を持つ分子)とβ2-microgloblin α鎖(α1,α2を持つ分子)とβ鎖(β1,β2を持つ分子)
遺伝子座 HLA-A,B,C, HLA-DP,DQ,DR
提示されるペプチド 内在抗原 外来抗原
抗原ペプチドの長さ 9残基 12-30残基
抗原ペプチドとMHCとの相互作用部位 2残基 3(免疫学授業プリント)

4(IMM.131)

MHC分子の発現 (IMM.136)

  MHC class I MHC class II
リンパ組織 T細胞 +++
B細胞 +++ +++
マクロファージ +++ ++
樹状細胞 +++ +++
胸腺上皮細胞 +++
有核細胞 好中球 +++
肝細胞
腎臓
無核細胞 赤血球

  主要組織適合遺伝子複合体
    移植抗原として発見された抗原系
    応答免疫(抗原提示)に関与する
  ヒト(HLA complex) human leucocyte antigen
   HLA
   ドメイン構造
    クラスI		A	B	C
    クラスII	DP	DQ	DR
   多型性がある
   12種類のHLAを発現(父由来、母由来)
  マウス(H2 complex) Histcompatibility-2
   ドメイン構造
    クラスI		K	D
    クラスII	A	E
  MHCの歴史
   G.Snell		マウスH2が移植の正否を左右する
   J.Dausset		HLAが抗原
   B.Benaceraf	MHC遺伝子を明らかにし、MHCが免疫応答に関与していることを証明

(1)分子構造

 クラスI H鎖 β2-microglobulin
 クラスII α鎖 β鎖
 細胞外領域 膜貫通領域 細胞内領域
 ドメイン
 Igスーパーファミリー
 クリスタログラフィー crystallography

(2) MHC分子の生合成

 抗原処理
 抗原提示
 クラスI (proteasome TAP)
  クラスI抗原提示(内在性抗原)
  ①ほとんどの細胞が提示
   ただし赤血球には発現していない
  ②細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  ③ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
   クラスI+ペプチド複合体形成
  ④細胞表面に移動
  ⑤Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害
 クラスII (Ii=invariant chain, HLA-DM)
  クラスII抗原提示(外来抗原)
  ①抗原提示細胞:貪食、飲食による取り込み
  ②ファゴリソゾーム:ペプチドに分解
  ③小胞体(ER):(MHC class II + Ii鎖)複合
  ④ファゴリソゾーム:HLA-DMがIi鎖を解離
   ペプチドを提示→(MHC class II + ペプチド)複合体
  ⑤細胞表面に移動
  ⑥Th(CD4+T)細胞が認識

(3) MHC遺伝子

  • MHC遺伝子座
  • クラスI:HLA-A,HLA-B,HLA-C(古典的)
→全ての有核細胞が発現
   最近、E,F,Gが発見された→E,FはT細胞、Gは胎盤トロホブラストが発現(妊娠免疫に重要)
→限定された細胞が発現(マクロファージ、樹状細胞、ランゲルハンス細胞、クッパー細胞)
亜領域A1,A2,およびB1,B2を有し、いずれかしか発現しない。ちなみに、Aはα鎖、Bはβ鎖をコードしている。
HLA-DM、LMP、TAP遺伝子座がDP-DQ間に発現していることが明らかとなった
  • クラスIII:補体成分:C2,C4,Bf
        サイトカイン:TNPet,C,
        酵素:21-hydroxylase
 クラス(領域 亜領域)
 遺伝的多塑性 polymorphism
 対立遺伝子頻度


-MHC
主要組織適合遺伝子複合体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2P050 1E1435 障害性T細胞の機能にヒト主要組織適合複合体の揺らぎが与える影響について(蛋白質-物性(安定性,折れたたみなど),第48回日本生物物理学会年会)
  • Yanaka Saeko,Sugase Kenji,Motozono Chihiro,Ueno Takamasa,Tsumoto Kouhei
  • 生物物理 50(SUPPLEMENT_2), S90-S91, 2010-08-15
  • NAID 110008102634
  • 2P-058 ヒト主要組織適合複合体の安定性が細胞障害性T細胞活性に及ぼす影響(蛋白質-物性(安定性,折れたたみなど),第47回日本生物物理学会年会)
  • Yanaka Saeko,Motozono Chihiro,Kudou Motonori,Ueno Takamasa,Tsumoto Kouhei
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S115-S116, 2009-09-20
  • NAID 110008101634
  • 抗菌薬
  • 千田 金吾
  • 日本内科学会雑誌 96(6), 1143-1148, 2007-06-10
  • NAID 10019544070
  • T細胞受容体と主要組織適合複合体の結晶構造解析

関連リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 主要組織適合 遺伝子複合体(しゅようそしきてきごういでんしふくごうたい、major histocompatibility complex; MHC)は、免疫反応に必要な多くのタンパクの遺伝子情報を含む大きな 遺伝子 ...
MHC(major histocompatibility complex). 外来または非自己組織の拒絶に関与する 遺伝子領域をMHCと呼び,ヒトではHLA(human leukocyte antigen),マウスではH2, ヒツジではOLAと名付けられている.このMHCはMHC抗原を規定する.MHC抗原は, ...
主要組織適合性複合体(MHC). major histocompatibility complex (MHC) 。主要組織 適合遺伝子複合体。 主要組織適合抗原系を支配する遺伝子群を含む染色体領域を いいます。 ヒトのHLA抗原(第六染色体)、マウスのH-2(第17染色体)、ラットのRT-1(第 14 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みヒト白血球抗原」「MHC分子」「主要組織適合遺伝子複合体」「HLA」「major histocompatibility complex
リンク元MHC class I」「主要組織適合性遺伝子複合体」「HLA-DR」「主要組織適合性抗原」「MHC class II
関連記事主要」「組織」「複合体」「」「複合

ヒト白血球抗原」

  [★]

human leucocyte antigen, HLA
ヒト白血球型抗原HLA抗原 HLA antigenヒト組織適合性白血球抗原 human histocompatibility leukocyteantigen
主要組織適合抗原 MHC ← 免疫との関連はこちらを参照
骨髄バンクHLA抗原

疾患との関連

出典不明

強直性脊椎炎 B27
関節リウマチ DR4
重症筋無力症 DR9,DQ3
尋常性天疱瘡 A26,DR4
バセドウ病 DR5
I型糖尿病(インスリン依存性糖尿病) B54,DR4,DR9,DR53,DQ4
グレーブス病 DR5
ベーチェット病 B51
原田病 DR4,DR53
潰瘍性大腸炎 B52,DR2
クローン病 DR4,DQ3
高安病 B52,DR2,DQ1
バージャー病 B52,DR2,DQ1
ナルコレプシー DR2

first aid step1 2006 p.191

HLA-B27 psoriasis, ankylosing spondylitis, inflammatory bowel disease, Reiter's syndrome.
HLA-B8 Graves' disease, celiac sprue.
HLA-DR2 multiple sclerosis, hay fever, SLE, Goodpasture's syndrome.
HLA-DR3 diabetes mellitus type 1.
HLA-DR4 rheumatoid arthritis, diabetes mellitus type 1.
HLA-DR5 pernicious anemia → B12 deficiency, Hashimoto's thyroiditis.
HLA-DR7 steroid-responsive nephrotic syndrome.

まとめ



MHC分子」

  [★]

MHC molecule
major histocompatibility complex
主要組織適合抗原


主要組織適合遺伝子複合体」

  [★]

major histocompatibility complex MHC
主要組織適合性複合体



HLA」

  [★] ヒト白血球抗原 human leukocyte antigen


major histocompatibility complex」

  [★] histo compatibility complex MHC


MHC class I」

  [★]

主要組織適合複合体MHC class II

抗原提示

  • MHC class Iの抗原となるウイルス抗原は細胞質で作られるが、専門のプロテアーゼとトランスポータにより分断化されたウイルス抗原が小胞体に送られる。
  • クラスI (proteasome TAP)
クラスI抗原提示(内在性抗原)
  • 1. ほとんどの細胞が提示
  • ただし赤血球には発現していない
  • 2. 細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  • 3. ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
  • クラスI+ペプチド複合体形成
  • 4. 細胞表面に移動
  • 5. Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害


主要組織適合性遺伝子複合体」

  [★]

major histocompatibility complexMHC
主要組織適合性抗原主要組織適合複合体組織適合性複合体主要組織適合遺伝子複合体主要組織適合抗原主要組織適合抗原複合体


HLA-DR」

  [★]

主要組織適合複合体 major histocompatibility complex MHC


  • クラスIIの主要組織適合複合体(MHC)を構成する
MHC class II
  • DRα鎖とDRβ鎖からなるヘテロダイマーからなる膜糖タンパク質


主要組織適合性抗原」

  [★]

major histocompatibility complexMHC
主要組織適合性遺伝子複合体主要組織適合複合体主要組織適合遺伝子複合体主要組織適合抗原主要組織適合抗原複合体


MHC class II」

  [★]

主要組織適合複合体MHC class I
  • MHC class IIは抗原提示細胞が有する ⇔ MHC class Iは有核細胞ミナ持つ

臨床関連

主要」

  [★]

primarymajormainprincipalmasterchiefcardinalforemostprimarilymainlyprincipally
一次一次的一級基本的原発性初生熟達専攻第一第一次第一級プライマリプライマリー本来校長基数チーフ主人達人原発マスターメジャー

組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織



複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡