リン酸加水分解酵素

出典: meddic

phosphohydrolasephosphoric monoester hydrolase
フォスファターゼホスファターゼホスホヒドロラーゼリン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3Da14 Sphingomonas sp. TDK1ハロアルキルリン酸加水分解酵素遺伝子破壊株の構築(酵素学・酵素工学,一般講演)
  • 川上 和延,阿部 勝正,高橋 祥司,解良 芳夫
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 226, 2011-08-25
  • NAID 110008911673
  • 3Da13 Sphingobium sp. TCM1株ハロアルキルリン酸加水分解酵素遺伝子の機能解析(酵素学・酵素工学,一般講演)
  • 間島 亮介,阿部 勝正,高橋 祥司,解良 芳夫
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 226, 2011-08-25
  • NAID 110008911672

関連リンク

EC.3.1.3.1 アルカリホスファターゼ · EC.3.1.3.2 リン酸ホスファターゼ · EC.3.1.3.3 ホス ホセリンホスファターゼ · EC 3.1.3.4 ホスファチジン酸ホスファターゼ · EC.3.1.3.5 ヌクレオチダーゼ ...
ホスホリラーゼとペルオキシダーゼとのbifunctional酵素というのは知りませんが、 こういうbifunctional enzymeは普遍的ではないですが存在しています。 わりと知られて いる例として、cAMPシグナルリン酸化カスケードの一員である ...

関連画像

RAB7L1とLRRK2は協調して Rabタンパク質のオルガネラ 小胞体関連分解にかかわる 研究成果(平田グループ)~次


★リンクテーブル★
リンク元ホスファターゼ」「phosphoric monoester hydrolase」「フォスファターゼ」「リン酸モノエステル加水分解酵素」「リン酸モノエステルヒドロラーゼ
拡張検索GTPリン酸加水分解酵素活性化薬」「ピロリン酸加水分解酵素
関連記事水分」「酵素」「リン」「分解」「加水分解

ホスファターゼ」

  [★]

phosphatase, phosphoric monoester hydrolase
脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ
  • 生体分子のリン酸モノエステル結合を加水分解し、無機リンを遊離させる脱リン酸反応を触媒する酵素群


phosphoric monoester hydrolase」

  [★]

リン酸加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼリン酸モノエステル加水分解酵素ホスファターゼ

phosphatasephosphohydrolase

フォスファターゼ」

  [★]

phosphatase
ホスファターゼ脱リン酸酵素脱リン酸化酵素リン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素


リン酸モノエステル加水分解酵素」

  [★]

phosphoric monoester hydrolase
フォスファターゼホスファターゼリン酸加水分解酵素リン酸モノエステルヒドロラーゼ


リン酸モノエステルヒドロラーゼ」

  [★]

phosphoric monoester hydrolase
ホスファターゼリン酸加水分解酵素リン酸モノエステル加水分解酵素

GTPリン酸加水分解酵素活性化薬」

  [★]

GTP phosphohydrolase activator
GTPホスホヒドロラーゼ活性化薬


ピロリン酸加水分解酵素」

  [★]

pyrophosphohydrolase
ピロホスホヒドロラーゼ


水分」

  [★]

moisture
湿気湿る


体重あたりの水分喪失量の平均(ml/kg/day)

SPE.189
部位 新生児~6ヶ月 6ヶ月~5歳 5歳~10歳 思春期
不感蒸泄量 40 30 25 10
尿 60 60 50 40
便 20 10
合計 120 100 70 50
出典不明
  乳児 幼児 学童 成人
不感蒸泄量 50 40 30 20
尿 90 50 40 30
発育 10 10 10
合計 150 100 80 50

体重あたりの必要水分量

出典不明
  乳児 幼児 学童 成人
必要水分量
ml/kg/day
150 100 80 50


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





分解」

  [★]

degradationbreakdowndecompositiondisintegrationdisassemblydegraderesolvedisassemblecrackdecomposecatabolizedisintegratecatabolized
異化解決解重合解体回復壊変亀裂クラック故障腐敗分離崩壊構成不能破綻消散ひび

加水分解」

  [★]

hydrolysis, hydrolytic reactions
水解






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡