リンパ芽球

出典: meddic

lymphoblastlymphoblastic
リンパ芽球性リンパ芽球細胞



-lymphoblast


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/17 17:20:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 今月の症例 短期間に付加的遺伝子・染色体異常を獲得し,リンパ芽球様形態を呈した多発性骨髄腫の1例
  • 田近 賢二,奥山 奈美子,五味 聖二
  • 日本内科学会雑誌 101(11), 3236-3238, 2012-11-10
  • NAID 40019493425
  • わが国における小児Tリンパ芽球性白血病の臨床的特徴

関連リンク

KOMPASは慶應義塾大学病院の医師、スタッフが作成したオリジナルの医療・健康情報です。患者さんとそのご家族の皆さんへ、病気、検査、栄養、くすりなど、広く医療と健康に関わる情報を提供しております。
小児がん情報ステーションは、小児がんに関連する医学情報、支援活動、研究活動などを掲載することを 目的として、成育医療研究委託事業により運営されています。 小児がん情報ステーションのご利用により、小児がんに対する理解が ...
米国国立がん研究所(National Cancer Institute : NCI)の「成人急性リンパ芽球性白血病」に関する患者向け情報をIMICが翻訳した記事をご紹介します。

関連画像

第146病日 リンパ芽球 の出現急性骨髄性白血病|慶應義塾 Lymphoblast - リンパ芽球 第146病日 リンパ芽球 の出現 11.急性リンパ芽球性白血病エリテック 急性リンパ芽球性


★リンクテーブル★
先読みlymphoblastic
リンク元血球」「lymphoblast」「リンパ芽球性」「リンパ芽球細胞
拡張検索前駆Bリンパ芽球性白血病
関連記事リン」「」「芽球」「リンパ

lymphoblastic」

  [★]

  • adj.
  • リンパ芽球性の、リンパ芽球の
lymphoblast

血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


lymphoblast」

  [★]

lymphoblastic

WordNet   license wordnet

「an immature lymphocyte」

リンパ芽球性」

  [★]

lymphoblastic
リンパ芽球


リンパ芽球細胞」

  [★]

lymphoblast
リンパ芽球

前駆Bリンパ芽球性白血病」

  [★]

precursor B-lymphoblastic leukemia

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる

芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病

リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡