リケッチア症

出典: meddic

rickettsiosisrickettsial disease
リケッチア感染症ワイル・フェリックス反応


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 13 リケッチア症例に高齢者が多い理由を考える : 島根県と宮崎県の場合(第64回日本衛生動物学会西日本支部大会講演要旨)
  • 12 紀伊半島でのリケッチア症多発の地理病理,三重県志摩半島と和歌山県紀南地方の場合(第64回日本衛生動物学会西日本支部大会講演要旨)
  • 高田 伸弘,玉置 幸子,田畑 好基,森田 裕司
  • 衞生動物 61(2), 174, 2010-06-15
  • NAID 110007642169

関連リンク

リケッチア症【更新情報】 日本紅斑熱を疑われ血清診断にて発疹熱と診断した1例 2013年10月25日 リケッチア症 IASR 国内情報(1997年から2011年までの記事一覧) 2012年02月06日 個人情報保護方針 利用規約 所内向けページ ...
大阪府立公衆衛生研究所メールマガジン かわら版@iph -第56号- 2008年4月30日発行 ... 「リケッチア症」ってどんな病気? 「リケッチア症」?・・・ここでは、このあまり聞き慣れない感染症について簡単に紹介しようと思います。

関連画像

コロモジラミ医療ナビ:リケッチア症 秋の イメージ 2ダニと新興再興感染症イメージ 3リケッチア症」ってどんな


★リンクテーブル★
先読みワイル・フェリックス反応」「リケッチア感染症
リンク元リンパ節腫脹」「血小板減少症」「全身リンパ節腫脹」「プロテウス属
関連記事リケッチア」「

ワイル・フェリックス反応」

  [★]

Weil-Felix reaction
Weil-Felix反応


  • リケッチアを検出する検査手法
  • プロテウス属を抗原として血清を加えると、リケッチア感染陽性の場合、凝集反応がおこる。



リケッチア感染症」

  [★]

rickettsial infectionRickettsia infection
リケッチア感染


リンパ節腫脹」

  [★]

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html



血小板減少症」

  [★]

thrombocytopenia, thrombopenia
血小板減少
血小板血小板輸血血小板増加症

分類

原因

  • 血小板産生減少
  • 脾補足亢進
  • 血小板除去亢進
  • 免疫機序
  • 非免疫機序
  • 感染症
UCSF p.307
  • 産生の低下
  • 消費の亢進


アプローチ

  • 病歴
  • 血液像, LDH, 網状血小板, ヘパリン入り採血管で血算提出



全身リンパ節腫脹」

  [★]

リンパ節腫脹

全身リンパ節腫脹

IRE.376改変
全身のリンパ節で免疫反応が起こるために生じる。
細胞内寄生する病原体で多い傾向。スピロヘータ感染症も全身の免疫反応が起こる。
  • 感染性
  • 非感染性


プロテウス属」

  [★]

Proteus
腐敗菌Proteus属
細菌
  • first aid step1 2006 p.135,140,142,143-144
  • グラム陰性桿菌
  • 腸内細菌科
  • 通性嫌気性 ← 腸内細菌科だからね
  • ウレアーゼ活性を有する ← 腸内細菌との鑑別
  • 人から分離されるのは主に、Proteus vulgarisProteus mirabilis
  • 日和見感染菌、下部尿路感染、創傷感染、カテーテル留置患者の敗血症、火傷面の二次感染
  • 周毛性鞭毛、運動性を有する

プロテウス属


抗原交差性

  • リケッチア症の診断


リケッチア」

  [★]

rickettsia
クラミジアマイコプラズマ特殊な細菌

概念

  • 節足動物に寄生。細菌とウイルスの中間に位置する (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.6)
  • クラミジアと同じく、動物細胞中でのみ増殖する小型の細菌

感染症と関連するリケッチア (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.6)


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡