ヨード誘発性甲状腺機能低下症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頸部エコーで偶然発見したヨード誘発性甲状腺機能低下症の1例 : 糖尿病の食事療法におけるヨード過剰摂取の注意
  • 山本 朱美,阿部 恭子,片山 泰之 [他],富山 浩二,繁 英樹,細合 浩司,平田 文彦,安田 浩子
  • 糖尿病 46(5), 381-385, 2003-05-30
  • 糖尿病食事療法の指導で海藻類の摂取を推奨され, 2年間昆布やひじきなど海藻類を多食してヨード誘発性甲状腺機能低下症にいたったが, 典型的な臨床所見が出現することなく頸部エコーで診断し得た症例を経験したため報告する. 症例は67歳男性で, 甲状腺機能低下症に典型的な臨床症状や所見を認めなかったが, 頸部エコー (動脈硬化のスクリーニング目的) で観察した際, 甲状腺の内部エコーの不均一, ドプラーに …
  • NAID 10011238965
  • 平衡透析法キットによる透析患者の血中遊離T4濃度測定
  • 中嶋 良行,梶田 芳弘,儀間 充,山田 智裕,米田 誠一,藤田 洋一,澤田 克徳,中川 雅夫,越智 幸男
  • 日本透析医学会雑誌 27(10), 1313-1318, 1994
  • 新規透析導入患者32名 (男17, 女15), 維持透析患者118名 (男69, 女49), 健常人43名 (男22, 女21) の遊離型T4 (FT4) を平衡透析法に基づくラジオイムノアッセイキットで測定し, 従来の標識アナログT4を用いる方法と比較検討した. アナログ法では導入期32名中16名 (50%), 維持期118名中34名 (29%) が正常範囲に分布したが平衡透析法ではそれぞれ32 …
  • NAID 130003874566

関連リンク

ヨードの摂取によって甲状腺機能に影響を及ぼす場合があることに注意する!1 ヨードを多く含む海藻類の摂取量に注意! 甲状腺疾患の診療ではヨードを多く含む海藻類の摂取量に気を配らなければな りません。甲状腺に基礎疾患が ...
原発性甲状腺機能低下症 よくみられる原発性甲状腺機能低下症の原因は慢性甲状腺炎(橋本病)、医学的治療後、ヨード過剰、先天性、ヨード欠乏です。ただしヨード欠乏による甲状腺機能低下症は外国にはよく見られるのですが ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事甲状腺」「機能」「機能低下」「誘発性」「

甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能低下」

  [★]

機能低下症機能不全低機能活動性低下


誘発性」

  [★]

inducibleprovocative
吸入誘発誘導性誘導可能誘導型


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡