マレイン酸イルソグラジン

出典: meddic

イルソグラジン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マレイン酸イルソグラジンは Aggregatibacter actinomycetemcomitans によって惹起される歯肉組織の炎症を抑制する
  • 林田 浩一,岩本 めぐみ,瀧谷 智子,時数 智子,岡田 貢
  • 障害者歯科 30(3), 400, 2009-09-30
  • NAID 10025758873
  • マレイン酸イルソグラジンによるインドメタシン誘起小腸傷害の抑制
  • 久保 儀和,畑澤 亮,亀位 耕平,加藤 伸一,竹内 孝治
  • 潰瘍 = Ulcer research 35(2), 173-176, 2008-12-25
  • NAID 10025371412
  • O-142 マレイン酸イルソグラジンを用いた原発性肺癌完全切除術後治療の無作為化比較試験(一般演題(口演)24 術前・術後補助療法,第48回日本肺癌学会総会号)
  • 高橋 里美,佐藤 雅美,一ノ瀬 高志,佐川 元保,遠藤 千顕,佐藤 徹,鈴木 弘行,千田 雅之,佐久間 勉,佐藤 信之,谷田 達男,中村 好宏,羽隅 透,菅野 隆三,近藤 丘
  • 肺癌 47(5), 514, 2007-10-10
  • NAID 110006480351
  • 29-P2-186 マレイン酸イルソグラジン含有口内炎治療用フィルム剤の院内製剤化に関する検討(製剤,社会の期待に応える医療薬学を)
  • 田中 邦佳,南谷 恵里佳,中村 豪志,辰見 明俊,中元 智子,多河 典子,小林 吉晴,濱口 常男,門林 宗男
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 17, 279, 2007-09-01
  • NAID 110006963082

関連リンク

関連画像

ホスホジエステラーゼの このように、いまだ十分な解明 ちなみに僕自身、疲れた時には 皮膚科の臨床 1月号

添付文書

薬効分類名

  • 粘膜防御性胃炎・胃潰瘍治療剤

販売名

セレガスロン錠2

組成

  • セレガスロン錠2は、1錠中に(日局)イルソグラジンマレイン酸塩2mgを含有する。
    添加物として、クロスポビドン、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、デンプングリコール酸ナトリウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。

効能または効果

胃潰瘍

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常、成人 イルソグラジンマレイン酸塩として1日4mg(2錠)を1〜2回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • イルソグラジンマレイン酸塩(Irsogladine Maleate)

化学名

  • 6-(2,5-Dichlorophenyl)-1,3,5-triazine-2,4-diamine monomaleate

分子式

  • C9H7Cl2N5・C4H4O4

分子量

  • 372.16

性 状

  • イルソグラジンマレイン酸塩は白色の結晶又は結晶性の粉末で、味はやや苦い。
    本品は酢酸(100)又はエチレングリコールにやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元irsogladine maleate
関連記事イルソグラジン」「マレイン酸」「」「レイン

irsogladine maleate」

  [★]

  • マレイン酸イルソグラジン
irsogladine

イルソグラジン」

  [★]

irsogladine
マレイン酸イルソグラジン irsogladine maleate
イノマールイルガスガスロンN・ODガスロンNセレガスロンドランジンモスビット
消化性潰瘍用剤


マレイン酸」

  [★]

maleic acid, maleate
マレイン酸エステルマレイン酸塩
  • 不飽和ジカルボン酸
  • HOOCCH=CHCOOH


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

レイン」

  [★]

rhein
アントラキノン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡