ホスファチジルコリン

出典: meddic

phosphatidylcholine PC PtdCho
レシチン lecithin, 1,2-ジアシルグリセロホスホコリン sn-1,2-diacylglycerophosphocholine
コリングリセロリン脂質L/S比
  • 図:FB.154
  • グリセロリン脂質の一種で、リン酸を介してコリンが結合している

構造


胎児の肺サーファクタント




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特集2 : 研究解説 : シアル酸とその誘導体
  • 李 章鎬,妹尾 学
  • 生産研究 42(11), 617-621, 2011-03-17
  • … シアリルリン脂質はホスファチジルコリンのリポソームに組み込まれ、シアル酸残基を表面にもつリポソームが合成された …
  • NAID 120002906992
  • Bacillus thuringiensis Cyt2Aaトキシンとホスファチジルコリンリポソームの相互作用
  • 小山 尚生,萩野谷 功輔,田中 未希 [他]
  • 新潟大学農学部研究報告 63(2), 69-76, 2011-03
  • NAID 40018840187
  • ジアシルホスファチジルコリン二分子膜相挙動の蛍光イメージング解析
  • 後藤 優樹,玉井 伸岳,松木 均,金品 昌志
  • 高圧討論会講演集 51, 69, 2010-10-11
  • NAID 10026723589

関連リンク

栄養・生化学辞典 ホスファチジルコリンの用語解説 - レシチンともいう.リン脂質の一つ .生体膜などの重要な構成成分....
ジパルミトイルホスファチジルコリン(英: Dipalmitoylphosphatidylcholine, DpPC)は、 パルミチン酸を2つ有するホスファチジルコリン。主に界面活性剤を構成するリン脂質の 一つである。リポソーム、脂質二重層および生体膜の研究に使われている。

関連画像

化1】ホスファチジルコリンホスファチジルコリンアッセイ ホスファチジルコリンCID:10425706 Click to PubChem pageイオンチャネル と イオン  ホスファチジルコリンの代謝

添付文書

薬効分類名

  • 肝臓疾患用剤
  • 高脂質血症改善剤

販売名

プロビーンカプセル

組成

有効成分 (1カプセル中)

  • ポリエンホスファチジルコリン250mg

添加物

  • トコフェロール、酢酸トコフェロール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、ゼラチン、ポリソルベート80、ラウリル硫酸ナトリウム、マクロゴール、酸化チタン、青色1号、赤色3号、黄色5号

効能または効果

  • 慢性肝疾患における肝機能の改善、脂肪肝、高脂質血症
  • ポリエンホスファチジルコリンとして、通常成人1回500mgを1日3回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

脂質低下作用1)

  • ポリエンホスファチジルコリンは、高コレステロール飼料負荷高脂血症ウサギにおいて、総コレステロール、遊離コレステロールを有意に抑制させ、脂質低下作用を示した。

肝機能改善作用1)

  • ポリエンホスファチジルコリンは、四塩化炭素誘発肝障害ウサギにおいて、GOT、GPTを有意に抑制させ、肝機能改善作用を示した。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • Polyenephosphatidylcholine

性状:

  • 本品は白色?微黄色の油状液体で、特有のにおいがある。

メタノール、エタノール(95)、ジエチルエーテル及びクロロホルムに溶けやすく、アセトン及び酢酸エチルにほとんど溶けない。
水に膨潤して乳白色となる。
本品は空気中で酸化し、黄?褐色に着色する。


★リンクテーブル★
先読みPC」「lecithin」「グリセロリン脂質
リンク元レシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ」「ロイコトリエン」「スフィンゴミエリン」「血管平滑筋」「L/S比
拡張検索ホスファチジルコリン・ステロール-O-アシルトランスフェラーゼ」「ホスファチジルコリン・ステロール-O-アシル転移酵素」「リゾホスファチジルコリン」「ジオレオイルホスファチジルコリン
関連記事リン」「コリン

PC」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Peace Corps 平和部隊」


lecithin」

  [★] レシチン

WordNet   license wordnet

「a yellow phospholipid essential for the metabolism of fats; found in egg yolk and in many plant and animal cells; used commercially as an emulsifier」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「レシチン(神経細胞や卵黄などに含まれるリン脂質)」

グリセロリン脂質」

  [★]

glycerophospholipid
リン脂質



レシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ」

  [★]

lecithin-cholesterol acyltransferase, lecithin cholesterol acyltransferase, LCAT, lecithin:cholesterol acyltransferase
レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ
[show details]

産生臓器

  • 肝臓

局在

機能

コレステロールエステルの運命

HDLコレステロールエステルCETPによりIDLLDLに受け渡され、肝臓に逆輸送される

臨床関連

  • 肝実質細胞の障害


ロイコトリエン」

  [★]

leukotriene, LT
アラキドン酸5-リポキシゲナーゼ


合成

白血球遊走
気管支平滑筋収縮、細動脈収縮、血管透過性亢進

構造

  • 二重結合を複数持つ不飽和脂肪酸。トリエン構造

種類

ロイコトリエンA4 ロイコトリエンB4とロイコトリエンC4の前駆物質
ロイコトリエンB4 chemotaxis
ロイコトリエンC4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進、ロイコトリエンD4の前駆物質
ロイコトリエンD4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進、ロイコトリエンE4の前駆物質
ロイコトリエンE4 気管支収縮、血管拡張、血管透過性亢進


スフィンゴミエリン」

  [★]

sphingomyelin
スフィンゴ脂質スフィンゴ脂質蓄積症



  • リン脂質の一種
  • 総リン脂質の5~10%
  • 小胞体で合成されたセラミドゴルジ体に輸送されホスファチジルコリンと反応することにより生成する


異化

臨床関連



血管平滑筋」

  [★]

vascular smooth muscle
中膜


アドレナリンによる血管平滑筋の収縮

  • アゴニストがα1受容体(Gq)に結合することで、次の経路により細胞内のCa2+濃度が上昇し、平滑筋が収縮する
  • 1. 受容体依存性カルシウムチャネル(receptor operated Ca channel, ROCC)が開口し、細胞外からCaが流入する(SAN.189)
  • 2. 受容体刺激に引き続きG蛋白質を介してホスホリパーゼC(PLC)が活性化 → 細胞膜のホスファチジルコリンからホスファチジルイノシトール-1,4,5-三リン酸(IP3)とジアシルグリセロール(DG)が生成 → IP3は筋小胞体からCa遊離を促進。DGはPKCを活性化し、収縮蛋白のCa感受性を高める。


L/S比」

  [★]

L/S ratio
レシチン/スフィンゴミエリン比 lecithin/sphingomyelin ratio
レシチン(ホスファチジルコリン)、スフィンゴミエリン



ホスファチジルコリン・ステロール-O-アシルトランスフェラーゼ」

  [★]

phosphatidylcholine-sterol O-acyltransferase
レシチンアシルトランスフェラーゼホスファチジルコリン・ステロール-O-アシル転移酵素

ホスファチジルコリン・ステロール-O-アシル転移酵素」

  [★]

phosphatidylcholine-sterol O-acyltransferase
ホスファチジルコリン・ステロール-O-アシルトランスフェラーゼ

リゾホスファチジルコリン」

  [★]

lysophosphatidylcholine
リゾレシチン
-lysophosphatidylcholine
See Lysolecithin


ジオレオイルホスファチジルコリン」

  [★]

dioleoylphosphatidylcholine
ジオレオイルフォスファチジルコリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





コリン」

  [★]

choline
塩化コリン
アセチルコリン


choline + acetylCoA → acetylcholine + CoA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡