ペプシン活性測定法

出典: meddic

test for pepsin activity

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ペプシン活性の測定法の詳細な手順や必要な試薬の調製法を知っている方がいれば教えて ください! ... http://jpdb.nihs.go.jp/jp15/YAKKYOKUHOU15.pdf の 492/1786ページに 出ているのでご参考されてみてください ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アンソン・マースキー法」「test for pepsin activity
関連記事ペプシン」「測定」「測定法」「」「活性

アンソン・マースキー法」

  [★]

Anson-Mirsky method
ペプシン活性測定法


test for pepsin activity」

  [★] ペプシン活性測定法

ペプシン」

  [★]

pepsin
pepsinum

分泌細胞

  • 胃の主細胞からペプシノーゲンが分泌される
  • ペプシノーゲンから「H+」または「ペプシン」の触媒によりペプシンに転換される

性質

  • 至適pH1.0-3.0
  • pH4-4.5以上になると不活化 (SPC.299)

機能

  • プロテアーゼの一種
  • タンパク質の分解

分泌調節

  • ↑:迷走神経刺激、pHの上昇



測定」

  [★]

measurementmeasuredetermineestimate、(水深を)fathom
基準計測決定、処置、推定程度定量判定評価見込み見積見積もる予算特定測定値尺度確定ファゾム


測定法」

  [★]

methodmethod for measurementassay、metry
アッセイ検定検定法、試験法、測定方法定量手順分析分析法方法定量法アッセイ法手法方式


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡