プロリン水酸化酵素

出典: meddic

proline hydroxylase, prolyl hydroxylase
プロリンヒドロキシラーゼ
hydroxylaseビタミンCプロリン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ユビキチンと代謝応答 低酸素応答におけるユビキチン系の働き (ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー--作動機構と病態生理) -- (ユビキチン系の生理と病態)
  • 2-オキソグリタル酸依存型ジオキシゲナーゼ・プロリン水酸化酵素の開発
  • 位置および立体選択的プロリン水酸化酵素の開発とその応用

関連リンク

栄養・生化学辞典 - プロリン水酸化酵素の用語解説 - →プロリンヒドロキシラーゼ ... 公式/酵水素328選 × たんぽぽ 川村さん&白鳥さんのダイエットサプリ。美しい くびれ 作りをしっかりサポート www.kosuiso.jp/ パパイン酵素洗顔 ...
背景 哺乳類のプロリン水酸化酵素(Prolyl hydroxylase:PHD)には3種類の異性体(PHD-1、PHD-2、PHD-3 )が存在し、タンパク質中のプロリン残基を水酸化し、その後のタンパク質の立体構造を変化させることによって、種々の生理作用 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みビタミンC」「hydroxylase
リンク元proline hydroxylase」「prolyl hydroxylase
関連記事酵素」「リン」「水酸化酵素」「プロリン」「水酸化

ビタミンC」

  [★]

vitamin C
acidum ascorbicumセビタミン酸 cevitamic acid
アスコルビン酸, ascorbic acid AsA, ascorbate, L-アスコルビン酸
ハイシーアスコルチンビタシミンアスコルビン酸オフタルムK配合シーピー配合デラキシー配合デルモランFビタミンC
ビタミン
  • first aid step1 2006 p.85,112,114,427


生理機能

  • コラーゲンのプロリン、リジンのヒドロキシル化 (HIM.445)
  • チロシン代謝 (HIM.445)
  • カテコールアミン生合成:necessary as a cofactor for dopamine → NE (HIM.445)
  • カルニチン生合成 (HIM.445)
  • 多くのペプチドホルモンの合成 (HIM.445)
  • コレステロール代謝
  • 鉄吸収の促進:イオンをFe2+(還元状態)に保持することで吸収されやすくする。 (HIM.445)
  • 抗酸化作用
スーパーオキシド(O2.-)、ヒドロキシルラジカル(OH.)、一重項酸素(1O2)などを消去
還元型ビタミンC + ラジカル → モノデヒドロアスコルビン酸 →
(2分子の不均化反応)モノデヒドロアスコルビン酸 → 還元型アスコルビン酸 + 酸化型アスコルビン酸
酸化型アスコルビン酸 + GSH → 還元型アスコルビン酸

臨床関連



hydroxylase」

  [★] ヒドロキシラーゼ


proline hydroxylase」

  [★] プロリン水酸化酵素


prolyl hydroxylase」

  [★] プロリン水酸化酵素

酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





水酸化酵素」

  [★]

hydroxylase
モノオキシゲナーゼヒドロキシラーゼ混合機能酸素添加酵素混合機能オキシダーゼ


プロリン」

  [★]

proline Pro P
ピロリジン-2-カルボン酸 pyrrolidine-2-carboxylic acid
アミノ酸




水酸化」

  [★]

hydroxylation
ヒドロキシヒドロキシル化ハイドロキシヒドロキシ化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡