プロテオグリカン

出典: meddic

proteoglycan
ムコ多糖蛋白質複合体 mucopolysaccharide-protein complex





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/23 10:31:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-1-6 ヒト子宮内膜上皮細胞においてコンドロイチン硫酸プロテオグリカンであるaggrecanの発現はプロゲステロンにより誘導される(Group73 生殖医学(症例)1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 安尾 忠浩,北宅 弘太郎,北脇 城
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 710, 2011-02-01
  • NAID 110008509553
  • P1-23-2 切迫早産新規治療としてのプロテオグリカン,プロゲステロンの可能性に関する基礎研究(Group51 妊娠・分娩・産褥の生理・病理16 早産,一般演題,第63回日本産婦人科学会学術講演会)
  • 福山 麻美,田中 幹二,水沼 英樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 621, 2011-02-01
  • NAID 110008509287

関連リンク

プロテオグリカン(Proteoglycan)は、多くの糖鎖が結合した糖タンパク質の一種である。 典型的なプロテオグリカンは、一つの核となるタンパク質(コアタンパク質、コア プロテインという)に、一本、あるいは多数のグリコサミノグリカン鎖が結合している。 グリコサミノ ...

関連画像

プロテオグリカンとは生産物(プロテオグリカン)新時代のエイジングケアプロテオグリカン 酸、プロテオグリカンプロテオグリカンの効果


★リンクテーブル★
国試過去問100G048
リンク元グリコサミノグリカン」「内膜」「細胞外マトリックス」「中膜」「mucopolysaccharide-protein complex
拡張検索コンドロイチン硫酸プロテオグリカン」「プロテオグリカンI」「ヘパラン硫酸プロテオグリカン」「硫酸プロテオグリカン
関連記事グリカン」「プロ

100G048」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G047]←[国試_100]→[100G049

グリコサミノグリカン」

  [★]

glycosaminoglycan
ムコ多糖 mucopolysaccharide
プロテオグリカン proteoglycanコンドロイチン硫酸酸性ムコ多糖体症多糖デルマタン硫酸

概念

グリコサミノグリカン + 蛋白質 = プロテオグリカン



グリコサミノグリカン ウロン酸 ヘキソサミン残基 結合 局在 -COO- -SO3-
ヒアルロン酸 D-グルクロン酸 N-アセチル-D-グルコサミン GlcUA β1-3 GlcNAc  硝子体、関節液、臍帯 1 0
コンドロイチン4-硫酸 D-グルクロン酸 N-アセチル-D-ガラクトサミン 4-硫酸 GlcUA β1-3 GalNAc  骨、象牙質、軟骨 1 1
コンドロイチン6-硫酸 D-グルクロン酸 N-アセチル-D-ガラクトサミン 6-硫酸 GlcUA β1-3 GalNAc 1 1
デルマタン硫酸 L-イズロン酸 N-アセチル-D-ガラクトサミン 4-硫酸 IdoA β1-3 GalNAc  皮膚、動脈壁、腱、骨、象牙質 1 1
ケラタン硫酸 D-ガラクトース N-アセチル-D-グルコサミン 6-硫酸 Gal β1-4 GlcNAc  軟骨、椎間板、角膜 0 1
ヘパリン L-イズロン酸 2-硫酸 N-スルホ-D-グルコサミン 6-硫酸 IdoA α1-4 GlcNAc  小腸、筋肉、肺、脾、腱、肝、肥満細胞 1 3

臨床関連



内膜」

  [★]

intima, intimal (adj.), inner membrane, internal tunic
tunica intima (Z)
中膜血管


組織

病理

血管の損傷

  • 内膜の内皮下結合組織が肥厚

粥状硬化症

  • 内皮下結合組織に粥腫ができる。
  • necroticcenterはfibrous capにかこまれる
fibrous cap
平滑筋マクロファージ泡沫細胞リンパ球コラーゲンエラスチンプロテオグリカン血管新生
necrotic center
壊死組織コレステロールの血漿、泡沫細胞カルシウム

梗塞

  • 肥厚する



細胞外マトリックス」

  [★]

extracellular matrix, ECM
細胞外基質、細胞外間質物質、細胞間マトリックス intercellular matrix
細胞間質

種類

結合組織や上皮細胞の間、血管や平滑筋の支持構造に存在
など
上皮細胞と間質細胞の間にあって、それぞれの細胞が合成している。



中膜」

  [★]

tunica media (Z)
血管内膜外膜
  • 血管壁で最も厚い層
  • 螺旋状に平滑筋が配列している
  • 太い筋型動脈には外弾性板がある。これは内弾性板より繊細で、中膜と外膜を隔てている。 (HIS. 216)
  • 平滑筋の層の間には、弾性線維、III型コラーゲンプロテオグリカンが存在している。 (HIS. 216)



mucopolysaccharide-protein complex」

  [★] プロテオグリカン


コンドロイチン硫酸プロテオグリカン」

  [★]

chondroitin sulfate proteoglycan
プロテオコンドロイチン硫酸


プロテオグリカンI」

  [★]

proteoglycan I, PG-I
ビグリカン


ヘパラン硫酸プロテオグリカン」

  [★]

heparan sulfate proteoglycan HSPG


硫酸プロテオグリカン」

  [★]

sulfated proteoglycan


グリカン」

  [★]

glycan
多糖


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡