ピリドキサール

出典: meddic

pyridoxalpyridoxal phosphatepyridoxal calcium phosphate
アデロキザールハイピリドキシンハイミタンビタゼックスビタダン配合(ビタダン)、ビタノイリンビタマル配合(ビタマル)、ピドキサールライボミンS(ライボミン)、リボビックス
ピリドキサールリン酸リン酸ピリドキサールリン酸ピリドキサールカルシウムビタミンB6
  • ビタミンB6の一種



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/02 00:15:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4.ピリドキサールに対するがん細胞の遺伝子発現応答(第431回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)
  • アポ型ALTによりALTが異常低値を示したC型慢性肝炎に対して抗ウイルス療法を行った1例
  • 奥本 和夫,斎藤 貴史,勝見 智大,冨田 恭子,佐藤 智佳子,阿蘓 里佳,西瀬 雄子,渡辺 久剛,上野 義之
  • 肝臓 54(8), 543-547, 2013
  • … にてHCV抗体陽性を指摘され,精査加療目的に当院へ入院となった.初診時よりalanine aminotransferase(ALT)値は2 U/Lと極度に低値であったが,肝組織所見はA1/F2で慢性肝炎であった.ビタミンB6の補酵素であるピリドキサルリン酸(PALP)添加にてALTを測定したところ32 U/Lであり,アポ型のALTを呈していると考えられた.本症例に対し,ゲノタイプ2a型低ウイルス量であるためペグインターフェロン(Peg-IFN)α2a製剤を投与した …
  • NAID 130003368705
  • ビタミンB<SUB>6</SUB>欠乏食給餌ラットにおける分枝鎖アミノ酸添加の影響
  • 開元 多恵,木村 元秋,細川 紘美 [他],渋谷 まゆみ,前田 英雄
  • 日本栄養・食糧学会誌 65(2), 65-73, 2012
  • ビタミンB<SUB>6</SUB> (B6) 欠乏食給餌下, 餌に4.75% (w/w) の分枝鎖アミノ酸 (BCAA) を添加した時にラットの生体内に与える影響について検討した。餌にB6を含有したBCAA無添加食群 (C群) と添加食群 (aaC群), B6を含有しないBCAA無添加食群 (D群) と添加食群 (aaD群) の4種類の食餌で5週齢のウィスター系雄ラット各6 …
  • NAID 130002129279
  • 栄養状態によるアルブミン合成の調節機構に関する研究  (平成22年度日本栄養・食糧学会奨励賞受賞):(平成22年度日本栄養・食糧学会奨励賞受賞)
  • 桑波田 雅士
  • 日本栄養・食糧学会誌 64(4), 215-219, 2011
  • 血清アルブミンは栄養状態の評価に利用される代表的なマーカーである。アルブミン合成の調節において, 食事は最も重要な因子の一つである。アルブミン遺伝子の転写活性がタンパク質栄養状態の影響をうけることが知られており, 我々はアミノ酸供給によるアルブミン遺伝子発現の調節が, ビタミンB<SUB>6</SUB>誘導体ピリドキサール5′-リン酸 (PLP) の細胞内濃度変化を介してい …
  • NAID 130001185361

関連リンク

ピドキサールとは?ピリドキサールの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 ビタミンB6を補給するお薬です。 作用 ビタミンB6は、たん白質やアミノ酸の代謝にかかわっています。
ピリドキサールとは。効果、副作用、使用上の注意。ビタミンB6の補給剤です。ビタミンB6は、おもにアミノ酸などの代謝、蛋白質(たんぱくしつ)、脂肪の生成に関係するビタミンで、レバー、穀類、肉、バナナ、じゃがいもなどに多く ...
岩城製薬株式会社のピリドキサール錠10mg「イセイ」(ビタミン剤)、一般名リン酸ピリドキサール(Pyridoxal phosphate) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... 通常、成人は1日1~6錠(主成分として10~60mg)を1~3回に分けて ...

関連画像

ピリドキサール錠30mg ピリドキサール錠30mg イセイ ピリドキサール 包装 ピリドキサール錠10mg「イセイ リン酸ピリドキサール錠30 ピリドキサール錠10mg ピリドキサールリン酸ピリドキサール 包装

添付文書

薬効分類名

  • 神経・筋機能賦活剤

販売名

  • ビタダン配合錠

組成

  • ビタダン配合錠は1錠中に下記成分を含有する。
  • ピリドキサールリン酸エステル水和物…30mg
    日局フルスルチアミン塩酸塩…54.57mg
    (フルスルチアミンとして…50mg)
    日局リボフラビン…5mg
    日局ヒドロキソコバラミン酢酸塩…261μg
    (ヒドロキソコバラミンとして…250μg)
  • 添加物として、カルナウバロウ、カルメロース、グリセリン脂肪酸エステル、軽質無水ケイ酸、結晶セルロース、酸化チタン、ステアリン酸Mg、タルク、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、ヒプロメロースフタル酸エステル、ポビドン、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、マクロゴール6000、黄色5号アルミニウムレーキを含有する。

効能または効果

  • 本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦等)
  • 下記疾患のうち、本剤に含まれるビタミン類の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合
    神経痛、筋肉痛・関節痛、末梢神経炎・末梢神経麻痺
  • 上記1、2に対して効果がないのに、月余にわたって漫然と使用すべきでない。
  • 通常成人1日1〜2錠を経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • フルスルチアミンは、ビタミンB1に比べ細胞内によく取り込まれ、多量の活性型ビタミンB1(コカルボキシラーゼ)を生成して、ビタミンB1の欠乏又は代謝障害と関連する神経機能障害等を改善する。
  • ピリドキサールリン酸エステルはビタミンB6の補酵素型で、補酵素として各種アミノ酸・蛋白の分解・生合成に重要な役割を果たす。また、脂肪代謝、特に不飽和脂肪酸の生体内利用の際に必要とされる他、ミエリン形成に必須なスフィンゴリピドの合成にも関与している。
  • ビタミンB12は、核酸合成、アミノ酸、蛋白質、炭水化物、脂質の代謝改善に関与する。ヒドロキソコバラミンは、体内貯留性、持続性、補酵素型ビタミンB12への転換等で、シアノコバラミンより優れている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ピリドキサールリン酸エステル水和物
    (Pyridoxal Phosphate Hydrate)

化学名

  • 3‐Hydroxy‐2‐methyl‐5‐[(phosphonooxy)methyl]‐4‐pyridinecarboxaldehyde monohydrate

分子式

  • C8H10NO6P・H2O

分子量

  • 265.16

性状

  • ピリドキサールリン酸エステル水和物は微黄白色〜淡黄色の結晶性の粉末で、においはない。水に溶けにくく、エタノール(95)、アセトン、クロロホルム又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。希塩酸、希硝酸又は水酸化ナトリウム試液に溶ける。光によって変化する。

一般名

  • フルスルチアミン塩酸塩(Fursultiamine Hydrochloride)

化学名

  • N‐(4‐Amino‐2‐methylpyrimidin‐5‐ylmethyl)‐N‐{(1Z)‐4‐hydroxy‐1‐methyl‐2‐[(2RS)‐tetrahydrofuran‐2‐ylmethyldisulfanyl]but‐1‐en‐1‐yl}formamide monohydrochloride

分子式

  • C17H26N4O3S2・HCl

分子量

  • 435.00

性状

  • フルスルチアミン塩酸塩は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味は苦い。水、メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

一般名

  • リボフラビン(Riboflavin)

化学名

  • 7,8‐Dimethyl‐10‐[(2S,3S,4R)‐2,3,4,5‐tetrahydroxypentyl]‐benzo[g]pteridine‐2,4(3H,10H)‐dione

分子式

  • C17H20N4O6

分子量

  • 376.36

融点

  • 約290℃(分解)

性状

  • リボフラビンは黄色〜だいだい黄色の結晶で、わずかににおいがある。水に極めて溶けにくく、エタノール(95)、酢酸(100)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。水酸化ナトリウム試液に溶ける。飽和水溶液は中性である。光によって分解する。

一般名

  • ヒドロキソコバラミン酢酸塩
    (Hydroxocobalamin Acetate)

化学名

  • Coα‐[α‐(5,6‐Dimethyl‐1H‐benzoimidazol‐1‐yl)]‐Coβ‐hydroxocobamide monoacetate

分子式

  • C62H89CoN13O15P・C2H4O2

分子量

  • 1406.41

性状

  • ヒドロキソコバラミン酢酸塩は暗赤色の結晶又は粉末で、においはない。水に溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みpyridoxal calcium phosphate」「ハイピリドキシン」「ビタダン配合」「pyridoxal phosphate」「ピリドキサールリン酸
リンク元ビタミンB6」「ビタミンB剤」「ヒドロキソコバラミン」「リン酸ピリドキサール」「キヌレニン
拡張検索ピリドキサールリン酸エステル水和物」「ピリドキサール5'-リン酸」「ピリドキサール-5'-リン酸」「ピリドキサール-5-リン酸

pyridoxal calcium phosphate」

  [★]

pyridoxalpyridoxal phosphate

ハイピリドキシン」

  [★] ピリドキサールリン酸エステル水和物

ビタダン配合」

  [★]

混合ビタミン剤


pyridoxal phosphate」

  [★] ピリドキサル5-リン酸

ピリドキサールリン酸」

  [★] ピリドキサル5-リン酸

ビタミンB6」

  [★]

vitamin B6
塩酸ピリドキシン pyridoxine hydrochlorideピリドキシン pyridoxine
アリチア配合
ビタミン
ピリドキサールリン酸, pyridoxal phosphate

概念

機能

  • 3. ヘムの合成(δ-アミノレブリン酸合成酵素)

主要な反応・機能

FB.289 HBC.498
転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 に関与。補酵素として活性を持つのは「ピリドキサル5'-リン酸 PLP
  • 1. アミノ基転移反応、脱炭酸反応
ヒスチジン---(ヒスチジンデカルボキシラーゼ + PLP)--→ヒスタミン +
グルタミン酸---()--→GABA
5-ヒドロキシトリプトファン---(芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ + PLP)--→セロトニン + CO2
ドーパ---(dopa decarboxylase + PLP)--→ドパミン + CO2
  • 2. グリコーゲン分解
(グリコーゲン)n + Pi ---(グリコーゲンホスホリラーゼ + PLP)--→ (グリコーゲン)n-1 + グルコース1-リン酸(G1P)
スクシニルCoA + グリシン ---(5-アミノレブリン酸シンターゼ + PLP)--→ 5-アミノレブリン酸(ALA) + CoA + CO2
  • 4. ステロイドホルモンの作用制御
ステロイドホルモン・ホルモン受容体複合体をDNAより解離させ、ホルモンの働きを抑制する作用がある。このため、ビタミンB6欠乏ではエストロゲン、アンドロゲン、コルチゾール、ビタミンDの作用が増強される。ホルモン依存性の悪性腫瘍が存在する場合にビタミンB6欠乏の程度と予後が相関する(HBC.499)

臨床関連



ビタミンB剤」

  [★]

ビタミンB

商品


ヒドロキソコバラミン」

  [★]

hydroxocobalamin
hydroxocobalaminum
アクアコバラミン aquacobalaminビタミンB12a vitamin B12a、OHB12
塩酸ヒドロキソコバラミン hydroxocobalamin hydrochloride酢酸ヒドロキソコバラミン hydroxocobalamin acetate
フレスミンシアノキットマスブロンドセランCodroxomin, Hybalamin
ビタルファビースリミンノルニチカミンネオラミン・スリービーナイロジントライビージアイナミックスコンベルビー(チアミンジスルフィドピリドキシンヒドロキソコバラミン)
ビタノイリン(フルスルチアミンピリドキサールヒドロキソコバラミン)
トリドセラン(チアミンピリドキシンヒドロキソコバラミン)
ビタダンビタマル(フルスルチアミンピリドキサールリボフラビンヒドロキソコバラミン)
ビタミンB12



リン酸ピリドキサール」

  [★]

pyridoxal phosphatePLP
アデロキザールハイピリドキシンハイミタンビタゼックスビタダン配合ビタノイリンビタロキシンビタマル配合ピドキサールピリドキサールピロミジンライボミンSリボビックス
ピリドキサールピリドキサールリン酸プロテオリピドタンパク質

キヌレニン」

  [★]

kynurenine
3-アントラニロイルアラニン 3-anthraniloyl alanine
トリプトファンピリドキサール



ピリドキサールリン酸エステル水和物」

  [★]

アデロキザールハイピリドキシンハイミタンビタゼックスビタダン配合ビタノイリンビタマル配合ピドキサールピリドキサールライボミンSリボビックスリン酸ピリドキサール
ビタミンB剤ピリドキサール


ピリドキサール5'-リン酸」

  [★]

pyridoxal 5'-phosphate
ピリドキサール-5'-リン酸

ピリドキサール-5'-リン酸」

  [★]

pyridoxal 5'-phosphate
ピリドキサール5'-リン酸

ピリドキサール-5-リン酸」

  [★]

pyridoxal 5-phosphate
ピリドキサール5-リン酸



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡