ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル

出典: meddic

ethyl piperidinoacetylaminobenzoate
スルカインニチカイン
局所麻酔薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

スルカインとは?ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチルの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載している ...
【薬検索】ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル錠100mg「日医工」の効果効能・副作用などをご覧いただけます ... 主成分 ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル 100mg1錠 剤形 白色の錠剤、直径8.0mm、厚さ3.4mm 薬価 5.60 ...

関連画像

製品シートジョンミジョン選手が優勝 日医工 ピネロロ 包装写真製品シート

添付文書

薬効分類名

  • 胃粘膜局麻剤

販売名

ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル錠100mg「日医工」

組成

 ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル錠100mg「日医工」


  • 1錠中ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル100mgを含有する。
    添加物として乳糖,セルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,水酸化アルミナマグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム,ステアリン酸マグネシウムを含有する。

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 胃炎に伴う胃痛・嘔気・胃部不快感
  • ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチルとして,通常成人1日100〜800mgを1〜4回に分割経口投与する。
    なお,年令・症状により適宜増減する。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル(Ethyl Piperidinoacetylaminobenzoate)

 化学名

  • Ethyl p-Piperidinoacetylaminobenzoate

 分子式

  • C16H22N2O3

 分子量

  • 290.36

 性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはなく,味は苦い。
    クロロホルムに極めて溶けやすく,酢酸(100),メタノール,エタノール(95)又はアセトンに溶けやすく,ジエチルエーテルにやや溶けやすく,水にほとんど溶けない。
    本品は希塩酸に溶ける。

 融点

  • 83〜88℃


★リンクテーブル★
先読み局所麻酔薬
リンク元スルカイン配合」「ニチカイン」「ethyl piperidinoacetylaminobenzoate」「スルカイン
関連記事安息香酸」「」「安息香」「アセチル

局所麻酔薬」

  [★]

local anesthetic, local anesthetics
局麻薬局所麻酔剤
局所麻酔局所麻酔薬一覧


構造

作用機序

  • 電位依存性Naチャネルに結合して膜の脱分極を抑制、神経伝達を遮断。



商品

スルカイン配合」

  [★] ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル、水酸化アルミナマグネシウム、沈降炭酸カルシウム

自律神経剤

ニチカイン」

  [★] ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル


ethyl piperidinoacetylaminobenzoate」

  [★]

ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル

スルカイン」

  [★] ピペリジノアセチルアミノ安息香酸エチル

安息香酸」

  [★]

benzoic acid
acidum benzoicum


  • 芳香族カルボン酸であり、ベンゼンの1つの水素原子をカルボキシ基で置換した構造となっている。
  • 生体内では馬尿酸に代謝され排泄される。


参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%81%AF%E9%A6%99%E9%85%B8


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

安息香」

  [★]

benzoin, gum benzoin, gum benjamin
ベンゾインアンソッコウ


アセチル」

  [★]

acetylAc
アクチニウム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡