ビタミンB2

出典: meddic

vitamin B2
リボフラビンriboflavin
ビタミン





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/10 15:28:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 女子短大生の栄養素および水分摂取状況
  • 保屋野 美智子
  • 淑徳短期大学研究紀要 50, 165-169, 2011-02-25
  • … 4)カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC摂取量については、国民健康・栄養調査の結果より何れも低値であり、食事摂取基準の推定平均必要量にも達していなかった。 …
  • NAID 110008429871
  • OP-127-2 ビタミンB2(RTB)をベースに開発したセンチネルリンパ節診断用新規蛍光トレーサーR350(センチネル乳腺以外-2,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)
  • 太田 安彦,羽賀 新世
  • 日本外科学会雑誌 111(臨時増刊号_2), 489, 2010-03-05
  • NAID 110007716737

関連リンク

一般の人が簡単に使える、カロリーと栄養を計算するサイト。カロリーと栄養をコントロールする事で、健康的なダイエット、生活習慣病予防に役立ちます。 ユーザー登録で、食事履歴の保存ができます。
ビタミンB2は、脂質を代謝してエネルギーに変換することから、ダイエットや疲労回復に欠かせません。野菜などの食品からビタミンB2を摂取する方法や、効能や副作用について解説しています。他にもビタミンB2不足を補う為にサプリメント ...
ビタミンB2とは ビタミンB 2 は、水に溶ける水溶性ビタミンで、ごはんに混ぜる強化米の黄色はビタミンB 2 の色です。また、ビタミンB 2 を強化した栄養ドリンクや栄養補助食品をとった後、尿が濃い黄色になることがありますが、これは ...

関連画像

添付文書

薬効分類名

  • ビタミンB2製剤

販売名

ビタミンB2注「日医工」10mg

組成

 ビタミンB2注「日医工」10mg


  • 1管(1mL)中に次の成分・分量を含有する。

効能または効果

  • ビタミンB2欠乏症の予防及び治療
  • ビタミンB2の需要が増大し,食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患,妊産婦,授乳婦,はげしい肉体労働時など)
  • 下記疾患のうち,ビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合
  • 口角炎,口唇炎,舌炎
  • 肛門周囲及び陰部びらん
  • 急・慢性湿疹,脂漏性湿疹
  • ペラグラ
  • 尋常性ざ瘡,酒さ
  • 日光皮膚炎
  • 結膜炎
  • びまん性表層角膜炎

3.の適応に対して,効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。


  • リボフラビンとして,通常成人1日2?30mgを皮下,筋肉内又は静脈内注射する。
    なお,年令・症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • リン酸リボフラビン(FMN)は吸収された後,一部はそのままの形で,大部分はFAD(flavin adenine dinucleotide)に変換され,フラビン酵素の補酵素として細胞内の酸化還元系やミトコンドリアにおける電子伝達系に働き,糖質,脂質,たん白質などの生体内代謝に広く関与する。1)

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • リボフラビンリン酸エステルナトリウム(Riboflavin Sodium Phosphate)

 別名

  • リン酸リボフラビンナトリウム

 化学名

  • Monosodium(2R,3S,4S)-5-(7,8-dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)-2,3,4-trihydroxypentyl monohydrogenphosphate

    <graphic
   gfname = "530169_3131401A3059_1_05_fig01.gif">

 分子式

  • C17H20N4NaO9P

 分子量

  • 478.33

 性状

  • 黄色?だいだい黄色の結晶性の粉末で,においはなく,味はやや苦い。
    水にやや溶けやすく,エタノール(95),クロロホルム又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品は光によって分解する。
    本品は極めて吸湿性である。


★リンクテーブル★
先読みvitamin B2
国試過去問095H011」「105E049」「096D030」「098H064」「103I017」「101B046
リンク元リボフラビン」「ビタミンB剤」「ピルビン酸デヒドロゲナーゼ」「フラビンアデニンジヌクレオチド」「riboflavin
拡張検索ビタミンB2欠乏症」「ビタミンB2欠乏
関連記事ビタミン」「B

vitamin B2」

  [★]

riboflavin
riboflavin


095H011」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 43歳の女性。複視とふらつきとを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 20日前から下痢を繰り返していた。10日前から複視が出現し、5日前から歩行時にふらつくようになった。
  • 生活歴 : 食事は不規則で、約5合の日本酒を毎日10年間飲用していた。
  • 現症 : 身長155cm、体重54kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧122/74mmHg。ぼんやりしており、見当識障害がある。両眼の外転制限と全方向性の注視眼振とを認める。歩行は失調性である。両下肢遠位に軽度の筋力低下と手袋靴下型の感覚低下とがある。四肢腱反射は消失しているが、病的反射はみられない。
  • 検査所見 : 血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球350万、Hb 9.7g/dl、Ht38%、白血球8,600、血小板13万。血清生化学所見:空腹時血糖96mg/dl、総蛋白6.4g/dl、蛋自分画(アルブミン55.7%、α1-グロブリン3.2%、α2-グロブリン7.1%、β-グロブリン10.6%、γ-グロブリン23.3%)、尿素窒素7mg/dl、クレアチニン0.4mg/dl、アンモニア45μg/dl(基準18~48)、総コレステロール140 mg/dl、総ビリルビン1.5 mg/dl、GOT96単位(基準40以下)、GPT82単位(基準35以下)、CK28単位(基準10~40)、Na138mEq/l、K3.5mEq/l、Cl 100mEq/l、脳脊髄液所見:細胞数3/mm3(基準0~2)、蛋白60mg/dl(基準15~45)、糖66mg/dl(基準50~75)。
  • この患者に適切な治療法はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095H010]←[国試_095]→[095H012

105E049」

  [★]

  • 28歳の女性。全身倦怠感の増強を主訴に来院した。1週前に自宅近くの診療所で妊娠と診断された。5日前から悪心嘔吐とが出現し、自宅で経過をみていたが改善せず、食事摂取が困難になった。超音波検査で子宮内に胎嚢と心拍動を有する胎芽とを認める。血液所見:赤血球 430万、Hb 14.8g/dl、Ht 46%、白血球 12,100、血小板 32万。輸液を行うこととした。
  • 輸液に加えるべきものはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E048]←[国試_105]→[105E050

096D030」

  [★]

  • 生後47日の乳児。黄疸を主訴に来院した。日齢4から黄疸が出現し、1か月健康診査でも黄疸を指摘された。母乳栄養で、哺乳は良好である。灰白色便が見られる。血清生化学所見:総ビリルビン12.5mg/dl、直接ビリルビン6、7mg/dl、AST(GOT)244単位(基準40以下)、ALT(GPT)136単位(基準35以下)。
  • この患児で欠乏するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D029]←[国試_096]→[096D031

098H064」

  [★]

  • ビタミン欠乏と症候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H063]←[国試_098]→[098H065

103I017」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I016]←[国試_103]→[103I018

101B046」

  [★]

  • 抗酸化作用の強いビタミンはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B045]←[国試_101]→[101B047

リボフラビン」

  [★]

riboflavin
リボフラビン酪酸エステルリボフラビンリン酸エステルナトリウム
K.C.L.KCLKCL補正液M.V.I.M.V.I.-12キットアスパラギン酸カリウムアミノレバンEN配合エルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVカオルトーンカルスロットカルバジンサブビタンシーパラシナール配合セファクロルダイメジン・マルチタココンブタコシールツインラインNF配合ツインライン配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVノイロビタン配合ハイボンバイラブパンビタン末ビスラーゼビタジェクトビタダン配合ビタマル配合ビタミンB2、ビタミンB2、ビフロキシン配合フェニルアラニン除去ミルク配合、フルカリック1号輸液、プレビタSヘパンED配合ホスフランマニカロットマニジップマニジピン塩酸塩マルタミンミノマイシンラコールNF配合ラコール配合リボビスロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合ワルファリンカリウム強力ビスラーゼ末
ビタミンB2
ビタミンB剤


ビタミンB剤」

  [★]

ビタミンB

商品


ピルビン酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

pyruvate dehydrogenase
ピルビン酸脱水素酵素ピルビン酸ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体


概要

  • ピルビン酸からアセチルCoAを生成し、クエン酸回路に投入するための酵素
  • 逆反応を触媒する酵素はない

反応

ピルビン酸+NAD++SH-CoA → アセチルCoA+NADH+CO2 

補酵素

臨床関連

不足

アルコール中毒によるビタミンB1不足によっても生じる



フラビンアデニンジヌクレオチド」

  [★]

flavin adenine dinucleotide, FAD
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム flavin-adenine dinucleotide sodium
FADアスルダムアセラートアデフラビンアデラビン9号エフエーミックヒシデニンビタストファデミンフラジレンフラッドフラビタンベマカストムコティアムコファジンライボミンSリバレスレバサルトワカデニン
フラビンリボフラビン = ビタミンB2臓器製剤


  • 酸化還元反応に関わる補酵素。
  • 栄養ドリンクを飲んで尿が黄色に着色するのはフラビンのせい。
  • H+をe-を受け取って還元力のキャリアーとなる。



riboflavin」

  [★] ビタミンB2 vitamin B2

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=vitamin B」


ビタミンB2欠乏症」

  [★]

vitamin B2 deficiency
ビタミンB2欠乏



ビタミンB2欠乏」

  [★]

vitamin B2 deficiency
ビタミンB2欠乏症

ビタミン」

  [★]

vitamin


  • ビタミン、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称 wiki

ビタミン

性状 ビタミン名 化合物名 機能 補酵素名 欠乏症 過剰症
  アミノ酸代謝 補酵素前駆体
水溶性ビタミン ビタミンB1 チアミン 糖代謝   チアミン二リン酸 脚気
(多発性神経炎、脚気心による動悸・息切れ)
ウェルニッケ脳症
コルサコフ症候群
 
ビタミンB2 リボフラビン 酸化還元反応 アミノ酸オキシダーゼ フラビンアデニンジヌクレオチド 口角炎、舌炎、結膜炎、角膜炎、脂漏性皮膚炎  
ビタミンB6 ピリドキシン 転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 多くのアミノ酸 ピリドキサルリン酸 末梢神経障害(INHの副作用)  
ビタミンB12 シアノコバラミン C1転移 メチオニン分岐アミノ酸 コバルト補酵素 巨赤芽球性貧血  
ビタミンC アスコルビン酸 抗酸化     壊血病
易出血性、骨・筋の脆弱化
 
ビタミンB5 パントテン酸 CoAの骨格          
ビタミンB9 葉酸 C1転移 グリシンセリン   巨赤芽球性貧血  
ビタミンB3 ナイアシン
ニコチン酸
酸化還元反応   ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド ペラグラ
(1)光過敏性皮膚炎、(2)下痢、(3)認知症
 
ビタミンB7 ビオチン 炭素固定反応   ビオチン酵素 脂漏性皮膚炎鱗屑状皮膚炎  
脂溶性ビタミン ビタミンA レチノイド 転写因子、視覚       夜盲症
眼球乾燥症角膜軟化症(Bitot斑)・毛孔性角化症
脳圧亢進、四肢疼痛性腫脹、肝性皮膚落屑、悪心・嘔吐、食欲不振、催奇形性
ビタミンD コレカルシフェロール骨形成       くる病骨軟化症
腎臓・血管壁への石灰沈着、多尿、↑尿Ca、高Ca血症、高P血症
ビタミンE トコフェロール 抗酸化       未熟児の溶血性貧血  
ビタミンK フィロキノンメナキノン血液凝固因子オステオカルシンの成熟     出血傾向 溶血、核黄疸

ビタミンと欠乏症、過剰症

B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡