パッチテスト

出典: meddic

patch test
貼布試験
アレルギーIV型アレルギー


  • 48時間後に判定
  • 判定基準はICDRGによる




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • S19-5 パッチテストを活用した医師と薬局薬剤師の連携による化粧品の接触皮膚炎患者へのスキンケア相談(S19 チーム医療を実践するために?それぞれの立場から見た現状?,シンポジウム,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 症例報告 内服終了翌日に発症したセレコキシブ(セレコックス)による多形紅斑型薬疹の1例
  • 西尾 栄一,金子 夏美,大口 亮子 [他]
  • 臨床皮膚科 65(9), 668-671, 2011-08
  • NAID 40018943183

関連リンク

パッチテスト | 美肌の法則 | ... 私は、腫れたり、カブレたりの失敗を何度も繰り返して いるので、新しい化粧品を使う前には、必ずパッチテストをしています。 …と言っても、 ここ何年も化粧品を替えずに済んでいるので、パッチテストはしていませんが…。 パッチ ...
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、アレルギーの有無をチェックするための簡単な テストです。ある食品、化粧品、医薬品などでアレルギー反応をおこす人がいるように、 ヘアカラーでアレルギー反応をおこす人がまれにいます。ヘアカラーのアレルギー反応 ...

関連画像

歯科用金属のアレルギー パッチテストパッチテストの流れパッチテストについてアルコールパッチテストパッチテスト

添付文書

薬効分類名

  • アレルギー性皮膚疾患の検査薬

販売名

パッチテスト試薬金属 塩化アルミニウム2%

組成

有効成分(1mL中)

  • 塩化アルミニウム 20mg含有

添加物(基剤)

  • 精製水

効能または効果

効能又は効果


  • アレルギー性皮膚疾患のアレルゲンの確認

  • 液 :
    本品1滴を適当な布等に滴加し、皮膚面に2日間貼付し、剥がしてから30分から1時間後及び1日後に反応を以下の基準により判定する。
    なお、必要に応じて3〜5日後にも同様に判定する。


 −    反応なし
 ?+   弱い紅斑
 +    紅斑+浸潤+ときに丘疹
 ++   紅斑+浸潤+丘疹+小水疱
 +++  大水疱

  • 軟膏:
    本品の少量を適当な布等に塗布し、皮膚面に2日間貼付し、剥がしてから30分から1時間後及び1日後に反応を以下の基準により判定する。
    なお、必要に応じて3〜5日後にも同様に判定する。


 −    反応なし
 ?+   弱い紅斑
 +    紅斑+浸潤+ときに丘疹
 ++   紅斑+浸潤+丘疹+小水疱
 +++  大水疱 ■


★リンクテーブル★
先読みIV型アレルギー
国試過去問104B042」「108G047」「108E013」「107E020」「105I020
リンク元アレルギー」「ICDRG」「貼付試験」「patch test
拡張検索パッチテスト試薬金属」「パッチテスト試薬」「パッチテストテープ
関連記事テスト

IV型アレルギー」

  [★]

type IV allergic reaction
IV型アレルギー反応type IV hypersensitivity遅延型アレルギー反応 delayed allergic reaction delayed type allergic reaction遅延型過敏症 delayed-type hypersensitivity delayed type hypersensitivity DTH遅延型過敏症アレルギー遅延型アレルギー遅延型過敏性免疫反応遅延型過敏反応
アレルギー

概念

  • 抗原特異的T細胞によって起こる細胞性免疫反応

関与する細胞・物質

  • 1.
  • 1) 抗原提示細胞:マクロファージ、樹状細胞
  • 2) 抗原に感作されたT細胞(IV型アレルギーの原因となっているT細胞 = TDTH)
  • 2. T細胞が放出するサイトカイン(昔の言葉でリンホカイン)
  • 3. 2.によって動員される細胞:T細胞、マクロファージ

アレルギー反応発現までの時間

  • ピークは24-48hr  ⇔ I型アレルギーは即時

病態生理

  • 体内に侵入した抗原は樹状細胞やマクロファージなどの抗原提示細胞に貪食され分解されて、MHC class IIに抗原をのせてT細胞に提示する。T細胞は感作され、再び抗原刺激を受けるとINF-γTNF-αなどのサイトカインを産生し炎症を惹起する。この反応は抗原進入後48時間程度でピークとなる。(SPE.291)
  • ここで活性化されるT細胞がTh2細胞優位である場合、I型アレルギー反応の遅延型反応のような反応を呈する。

主な疾患

  • アレルゲン:うるし、銀杏など、装飾品(めがね、イヤリング、時計など)、下着、外用薬、化粧品
  • アレルゲンテスト:パッチテスト(皮膚貼付試験: アレルゲン貼付後24-48時間後に判定)
  • I型アレルギー + IV型アレルギー
  • 3. 慢性肉芽種症 chronic granuloma
  • アレルゲン:結核、癩(らい)、サルコドーシスの原因となる病原体

IV型アレルギーを利用した検査

  • 1. ツベルクリンテスト
  • 2. 光田反応
  • 癩抗原(レプラミン)注射後、硬結を判定
  • 3. ディック反応
  • 猩紅熱のディック毒素の判定
  • 4. フライ反応
  • 鼡径リンパ肉芽腫(第4性病)の判定
  • 5. DNCB感作試験



104B042」

  [★]

  • 26歳の女性。看護師。両側頭部の皮疹を主訴に受診した。1年前から両側頭部に痒みを伴う帯状の紅色の皮疹が出現した。休暇中は軽快したが、仕事を再開すると再燃した。左側頚部の写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 診断に最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104B041]←[国試_104]→[104B043

108G047」

  [★]

  • 60歳の男性。本日夕方からの下口唇の腫脹と軽度の呼吸困難を主訴に来院した。咽頭痛や嚥下時痛はない。高血圧がありアンジオテンシン変換酵素ACE〉阻害薬を服用中である。脈拍 72/分。血圧 130/80 mmHg。呼吸数 15/分。 SpO2 97% ( room air)。
  • まず行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G046]←[国試_108]→[108G048

108E013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108E012]←[国試_108]→[108E014

107E020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107E019]←[国試_107]→[107E021

105I020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105I019]←[国試_105]→[105I021

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査



ICDRG」

  [★]

国際接触皮膚炎研究班 International Contact Dermatitis Research Group
パッチテスト


貼付試験」

  [★]

patch test
パッチテスト


patch test」

  [★] パッチテスト貼付試験

パッチテスト試薬金属」

  [★]

パッチテスト
一般名 分子式 性状
塩化アルミニウム AlCl3・6H2O 本品は白又はうすい黄色の結晶又は結晶性粉末である。
塩化コバルト CoCl2・6H2O 本品は紫みの赤の結晶で、潮解性がある。
塩化第二スズ SnCl4・nH2O 本品は白~灰白色の結晶性の固塊で吸湿性が強い。
塩化第二鉄 FeCl3・6H2O 本品は黄色~褐色の結晶塊で、潮解性がある。
ヘキサクロロ白金酸 H2PtCl6・6H2O 本品は赤褐色の結晶又は結晶塊で、潮解性が強い。
塩化パラジウム PdCl2 本品は暗い褐色の粉末で、吸湿性がある。
塩化マンガン MnCl2・4H2O 本品は淡紅色の結晶又は結晶性粉末である。
三塩化インジウム InCl3・4H2O 本品は白色の結晶性の粉末又は結晶性の小塊である。
四塩化イリジウム IrCl4 本品は黒紫~黒色の結晶である。
臭化銀 AgBr 本品は微黄色~黄色の粉末である。
重クロム酸カリウム K2Cr2O7 本品は黄みの赤~赤みの黄色の結晶又は結晶性粉末である。
硫酸クロム Cr2(SO4)3・8H2O 本品は緑色~黒緑色の粉末又は結晶である。
硫酸ニッケル NiSO4・6H2O 本品は緑色の結晶又は結晶性粉末で、風解する。
塩化亜鉛 ZnCl2 本品は白い結晶性粉末又は塊状で、潮解性がある。
テトラクロロ金酸 HAuCl4・4H2O 本品は黄金色~赤みの黄で潮解性がある結晶又は固塊である。
硫酸銅 CuSO4・5H2O 本品は青色の結晶、塊又は粉末で、においはなく、特異な味がある。
塩化第二水銀 HgCl2 本品は重い無色の結晶又は白色の結晶性の粉末で、においはない。

パッチテスト試薬」

  [★]

その他の診断用薬

パッチテストテープ」

  [★]

その他の診断用薬

テスト」

  [★]

徴候

循環器内科

整形外科


  • Romberg test:下半身からの深部感覚が侵されるときに発現。開眼での閉脚起立が可能、閉眼直後の方向不定の転倒
= Finkelstein test フィンケルシュタインテスト


  • アキレス腱断裂
  • 腱板断裂
  • 棘上筋テスト
  • 外旋筋力テスト
  • lift-offテスト
  • belly pressテスト
  • 股関節脱臼
  • 十字靭帯損傷

神経内科

産婦人科




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡