ニューモシスチス肺炎

出典: meddic

pneumocystis pneumonia, pneumocystis jirovecii pneumonia pneumocystis jirovecn pneumonia
カリニ肺炎 carinii pneumoniaPneumocystis肺炎
ニューモシスチス・カリニ肺炎 pneumocystis carinii pneumonia PCPニューモシスチス・カリニ肺炎ニューモシステイスカリニ肺炎
ニューモシスチス症 pneumocystosis

病原体

病因

  • CD4+リンパ球が200/μ以下の患者に発生する


IMD.1083
  • 剖検例で悪性リンパ腫の1/4、成人T細胞白血病の1/10、全身性エリテマトーデスの1/20 に認められる。
  • AIDSに高率に合併。

リスク因子

非HIV

  • 別の易感染性の原因を有するグルココルチコイド投与患者
  • 他の免疫抑制薬


症状

  • 乾性咳嗽、発熱、呼吸困難

検査

  • 末梢血液検査:リンパ球数減少。
  • 胸部X線検査:肺門から両肺野にかけて微細な網状から索状影を認め、徐々にすりガラス様陰影となる。
  • 呼吸機能検査:PaO2 が基準値の 1/2~1/3 に低下。PaCO2 は上昇することもある。
  • (USMLE:first aid step1 2006 p.147)
  • diagnosed by lung biopsy or lavage
  • identified by methenamine silver stain of lung tissue

胸部X線写真

  • 両側性に肺門から末梢に拡がる間質性陰影



治療

予後

  • 無治療の場合、ほぼ死亡


  • HIV患者よりも非HIV患者の方が致死率が高い。


国試




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/05 20:26:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肺炎の画像診断--CTでどこまでわかるか (AYUMI 肺炎--臨床と研究の最新動向)
  • ニューモシスチス肺炎--非HIV症例を中心に (AYUMI 肺炎--臨床と研究の最新動向)
  • 免疫抑制療法に伴う真菌・ウイルス感染症にはどう対処する? (特集 リウマチ診療における感染症対策を考える)
  • 全身性エリテマトーデスの感染症対策は? (特集 リウマチ診療における感染症対策を考える)
  • 中坊 周一郎,藤井 隆夫
  • 分子リウマチ治療 4(1), 10-13, 2011-02
  • NAID 40018283346

関連リンク

ニューモシスチス肺炎(Pneumocystis pneumonia; PCP)は、酵母様真菌である ニューモシスチス・イロヴェチ(Pneumocystis jiroveci)によって引き起こされる肺炎 。 ニューモシスチス・イロヴェチ. 正常な免疫能力を持つ場合発症することは希であり 、化学 ...
第4章「ニューモシスチス肺炎と日和見感染予防」では、前半に、ニューモシスチス肺炎 の診断と治療について概説し、後半 ... HIV 感染があらかじめ分かっている場合は、 ニューモシスチス肺炎の診断を想定するのは比較的容易といえますが、HIV 感染症が ...

関連画像

ニューモシスチス肺炎( 検査 写真9 ニューモシスチス肺炎ニューモシスチス肺炎 ニューモシスチス肺炎 ヒ0・・・キ0ケ0チ0ケ0コ 姿n0;u ニューモシスチス肺炎の画像 p1 | ニューモシスチス肺炎 感染症(ニューモシスチス肺炎


★リンクテーブル★
先読みPCP
国試過去問101A013」「101G058」「103D046」「107E046」「100A018」「104D046」「100F018」「107D018」「102I035」「108I027
リンク元不明熱」「Pneumocystis jirovecii」「ニューモシスティス肺炎」「Pneumocystis carinii pneumonia」「Pneumocystis pneumonia
関連記事肺炎」「」「ニューモシスチス

PCP」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「phencyclidine pill パラフェナスレン(強い幻覚剤)」

101A013」

  [★]

  • 58歳の男性。発熱を主訴に来院した。3か月前から37℃台の微熱、全身倦怠感および食思不振を自覚し、体重が5kg減少した。1週前から乾性咳嗽と息切れとが出現し、増悪してきた。3日前から38℃を超す弛張性の発熱が連日続いている。
  • 多数のパートナーとの性的接触があった。意識は清明。身長165cm、体重53kg。体温38.7℃。脈拍84/分、整。血圧130/80mmHg。心雑音は認めない。両側背部に吸気時の軽度のcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。皮膚所見も正常である。血液所見:赤血球331万、Hb9.9g/dl、Ht29%、白血球5,300(桿状核好中球5%、分葉核好中球40%、好酸球14%、好塩基球0%、単球13%、リンパ球28%)、血小板14万、CD4陽性細胞数213/μl(基準800~1,200)。LDH380IU/l(基準176~353)。CRP9.8mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.50、PaO2 63Torr、PaCO2 32Torr。胸部エックス線写真で左肺に淡い浸潤影を認める。気管支鏡下肺胞洗浄液細胞診所見(Grocott染色標本)を以下に示す。
  • 肺病変に対する治療として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A012]←[国試_101]→[101A014

101G058」

  [★]

  • 28歳の女性。急性骨髄性白血病のため、HLA一致の兄から同種骨髄移植を受け、70日が経過している。急性GVHDは皮膚のみI度であったが、移植後56日から38℃前後の発熱と持続する咳とが出現し、右背部痛も伴うようになった。意識は清明。体温38.4℃。脈拍96/分、整。血圧122/74mmHg。心雑音はない。右中肺野にcoarse cracklesを聴取する。肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球324万、Hb10.1g/dl、Ht31%、網赤血球1.2%(12‰)、白血球3,600(桿状核好中球5%、分葉核好中球36%、好酸球3%、好塩基球1%、単球12%、リンパ球43%)、血小板7.3万。血清生化学所見:総蛋白6.1g/dl、アルブミン3.2g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、尿酸4.1mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、直接ビリルビン0.4mg/dl、AST32IU/l、ALT391U/l、LDH320IU/l(基準176~353)、ALP116IU/l(基準260以下)、Na134mEq/l、K4.2mEq/l、Cl 102mEq/l。免疫学所見:CRP12.8mg/dl、β-D-グルカン35pg/ml(基準20以下)、ツベルクリン反応陰性。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G057]←[国試_101]→[101G059

103D046」

  [★]

  • 30歳の男性。会社員。独身。高度の呼吸困難、発熱および乾性咳嗽を主訴に来院した。3か月前から全身倦怠感と乾性咳嗽、2か月前から体動時の息切れ、2週前から発熱がみられ呼吸困難は高度となった。22歳から2年間海外に留学した。意識は清明。身長178cm、体重56kg。体温 38.2℃。呼吸数 30/分。脈拍 112/分、整。血圧 114/60 mmHg。チアノーゼを認める。血液所見:赤血球 452万、Hb 12.8 g/dl、Ht 40%、白血球 8,200(桿状核好中球 16%、分葉核好中球 64%、単球 8%、リンパ球 4%)、血小板 17万。免疫学所見:CRP 18mg/dl、IgG 620 mg/dl (基準 960~1,960)、β-D-グルカン 280pg/ml(基準 20以下)。胸部エックス線写真で両側び慢性に浸潤影を認める。
  • 治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D045]←[国試_103]→[103D047

107E046」

  [★]

  • 88歳の女性。発熱および呼吸困難を主訴に来院した。胸部エックス線写真と胸部単純CTとで特発性間質性肺炎の急性増悪に気道感染症の合併が疑われ、入院した。抗菌薬と副腎皮質ステロイドとの投与を受け、軽快してきた。入院後10日に、体温37℃台の発熱があり、咳嗽も増悪した。胸部エックス線写真で両側肺野の浸潤影と網状影とを認めたため抗菌薬を変更し、副腎皮質ステロイドの投与を続けたが奏効せず、呼吸不全で入院後23日に死亡した。死因や肺病変の診断を目的に病理解剖を行った。病理解剖の肺組織のH-E染色標本(別冊No.3A、B)を別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E045]←[国試_107]→[107E047

100A018」

  [★]

  • 24歳の女性。発熱、咳および倦怠感を主訴に来院した。基礎疾患はなく、ペットは飼っていない。最近の旅行歴もない。職場に同じ症状を先に示した同僚が2人いた。10日前から38.5℃の発熱、咳および倦怠感が出現した。気管支炎と診断されてペニシリン系抗菌薬が4日間、次いでセフェム系抗菌薬が4日間投与されたが発熱は持続し、喀痰は少ないものの咳が増強してきた。胸背部皮膚に散在する小紅斑を認める。血液所見:赤沈52mm/1時間、赤血球413万、Hb12.0g/dl、白血球5,200、血小板20万。血清生化学所見:AST60単位、ALT72単位。CRP6.2mg/dl。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A017]←[国試_100]→[100A019

104D046」

  [★]

  • 35歳の男性。頭痛複視とを主訴に家族に伴われて来院した。6か月前から体重減少倦怠感とを自覚し、1か月前から発熱を繰り返してきた。意識レベルはJCS II-10。身長170cm、体重56kg。体温37.7℃。脈拍88/分、整。口腔内に白苔を認める。項部硬直を認める。血液所見:赤血球 380万、Hb 12.6g/dl、Ht 39%、白血球 3,500(桿状核好中球12%、分葉核好中球66%、好酸球5%、単球9%、リンパ球8%)、血小板 11万。血液生化学所見:穂蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.2g/dl。免疫学所見: CRP 3.4mg/dl、リンパ球サブセットCD4陽性細胞数が著しく減少している。
  • この疾患でみられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104D045]←[国試_104]→[104D047

100F018」

  [★]

  • 73歳の男性。1か月前からの咳嗽と粘液性痰とを主訴に来院した。30年間、鉱山で働いていた。呼吸困難はHugh-Jones分類のIII度である。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • この疾患で頻度の高い合併症はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100F017]←[国試_100]→[100F019

107D018」

  [★]

  • 病歴疾患の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D017]←[国試_107]→[107D019

102I035」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102I034]←[国試_102]→[102I036

108I027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I026]←[国試_108]→[108I028

不明熱」

  [★]

fever of unknown origin FUO
原因不明熱
発熱体温
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

定義

  • 3週間以上の発熱。38.3℃以上、1週間の入院精査でも原因不明

鑑別疾患

3大疾患

  • 1. 感染症(深部腫瘍、心内膜炎、結核、寄生虫、腸チフスなど)
  • 2. 悪性疾患(悪性リンパ腫、白血病など)
  • 3. 膠原病(血管炎、側頭動脈炎、成人still病など)
  • 4. その他:薬剤性など
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9
  • 感染症
(各種病原体)感染性心内膜炎骨髄炎伝染性単核球症副鼻腔炎齲歯
(細菌)結核腸チフスリケッチア感染症
(ウイルス)HIV感染症サイトメガロウイルス感染症
(真菌)ニューモシスチス肺炎クリプトコッカス症
(寄生虫)マラリア
悪性腫瘍:リンパ腫肝転移腎細胞癌、心房粘液腫
膠原病・血管炎:側頭動脈炎全身性エリテマトーデス血管炎リウマチ熱スチル病炎症性腸疾患
そのほか:熱中症薬剤熱悪性高熱詐熱詐病



Pneumocystis jirovecii」

  [★]

Pneumocystis jirovecii, Pneumocystis jiroveci?
ニューモシスチス・イロベチ
Pneumocystis carinii


  • first aid step1 2006 p.147

生物学特徴

感染症

  • ニューモシスチス肺炎
  • びまん性の間質性肺炎を引き起こす
  • 感染経路は空気感染

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images



ニューモシスティス肺炎」

  [★]

  1. REDIRECT ニューモシスチス肺炎

Pneumocystis carinii pneumonia」

  [★] ニューモシスチス肺炎 PCP

Pneumocystis pneumonia」

  [★] ニューモシスチス肺炎


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

ニューモシスチス」

  [★] ニューモシスチス属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡