スピアマンの順位相関係数

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/15 23:27:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳血管障害患者における足関節底屈筋の筋緊張と最大筋伸張度の関連性
  • 竹内 伸行,桑原 岳哉,臼田 滋
  • 理学療法学 38(5), 351-357, 2011-08-20
  • … SR,MR,FRとR2の関連性をスピアマンの順位相関係数(以下,r_s)を用いて検討した。 …
  • NAID 110008733610
  • 虚弱高齢者用10秒椅子立ち上がりテスト (Frail CS-10) とADLとの関連
  • 村田 伸,大田尾 浩,村田 潤,堀江 淳
  • 理学療法科学 26(1), 101-104, 2011-02-20
  • … 〔方法〕Frail CS-10と大腿四頭筋筋力について,FIM-MならびにFIM-M下位項目との関連をスピアマンの順位相関係数を用いて性別毎に検討した。 …
  • NAID 10027918332

関連リンク

スピアマンの順位相関係数(じゅんいそうかんけいすう)は統計学において順位データ から求められる相関の指標である。 ... 原理的にはρ はピアソンの積率相関係数の特別 な(相関係数を計算する前にデータを順位に変換した)場合に当たる。 ...

関連画像

スピアマンの順位相関係数の スピアマンの順位相関係数の スピアマンの順位相関係数  スピアマンの順位相関係数を


★リンクテーブル★
関連記事関係」「位相」「」「相関」「アマ

関係」

  [★]

関わる関心、関する、観点関連関連性敬意結合結線心配相関相関性相互関係相互作用属する妥当適切結びつける連結、連絡、適した意味づける懸念接続関係性相関関係


位相」

  [★]

phasephasicphased
encoding
位相性局面時期段階相動性段階的に実行するフェーズ



数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


相関」

  [★]

correlationcorrelate
関係関連相関性相互関係相関関係


アマ」

  [★]

flaxLinum usitatissimum
亜麻亜麻仁アマ属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1