サーモンパッチ

出典: meddic

salmon patch
正中線母斑 naevus medialis
ウンナ母斑新生児単純性血管腫
[show details]


概念

  • 単純性血管腫とは真皮浅層で毛細血管が拡張したも(圧迫により消退する)のであり、出生時より存在する。
  • 境界はやや不鮮明で、表面平滑な淡紅色~紫紅色の紅色斑である。
  • サーモンパッチとは単純血管腫が額部や眼瞼部に生じたものをいう。
  • 単純性血管腫は自然消退しないし、項部に生じるウンナ母斑も自然消退しないが、サーモンパッチは2歳頃までに自然消退する。

疫学

  • 新生児の20%に存在するという報告がある、らしい。

国試




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血管腫 (特集 これが大切! 1カ月以内の新生児疾患) -- (見落としてはならない重症疾患・対応に迷う疾患)
  • 血管腫 (特集 専門医にきく子どもの皮層疾患) -- (母斑(症)・血管腫・皮膚腫瘍)

関連リンク

赤ちゃんの場合は本人よりも周囲の大人が気になって治療を急かしがち。自然消滅が 最も本人の負担にならないので、主治医とよく相談しましょう。
正中部母斑 a) サーモンパッチ b) ウンナ母斑 イチゴ状 ... 生まれつきある境界不鮮明な 淡紅色の紅斑で、サーモンパッチ、ウンナ母斑の2型に分類される。 真皮表層で ... 経過 :サーモンパッチに比し消失傾向がやや遅く、生後1才で50%、成人で10%残存する。 ...

関連画像

サーモンパッチサーモンパッチid:ifp-ifq-2ND:20110118231105j:image  サーモンパッチ」というものサーモンパッチ生後1カ月の写真です。サーモンパッチ(さーもん でも鼻下のサーモンパッチが


★リンクテーブル★
先読みウンナ母斑
国試過去問104A057」「105G026」「105A002
リンク元新生児」「単純性血管腫」「正中線母斑
関連記事サーモ

ウンナ母斑」

  [★]

Unna nevus, Unna's nevus
Unna母斑
naevus Unna, naevus flammeus nuchae
単純性血管腫
  • 単純性血管腫が項部に生じたもので自然消退しない(NDE.370)とされるが、自然消退すると記載されている文献もみられる。


国試



104A057」

  [★]

  • 1か月の乳児。項部の紅斑を主訴に来院した。在胎39週3日、正常頭位分娩で出生した。身長52cm、体重3,900g。紅斑は出生時から認めていた。活気があり哺乳も良好である。項部の写真(別冊No、24)を別に示す。
  • 母親への説明として適切なのはどれか。
  • a 「苺状に陸起します」
  • b 「レーザー療法を行います」
  • c 「ほとんどが自然に消えます」
  • d 「新生児の10%にみられます」
  • e 「出血しやすいので注意しましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 104A056]←[国試_104]→[104A058

105G026」

  [★]

  • 新生児期から乳児期にみられる皮膚所見(別冊No.5①~⑤)を別に示す。
  • 日本人で最も頻度が高いのはどれか。


  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤


[正答]


※国試ナビ4※ 105G025]←[国試_105]→[105G027

105A002」

  [★]

  • 1歳6か月児健康診査でみられる皮膚疾患で最も頻度が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A001]←[国試_105]→[105A003

新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試




単純性血管腫」

  [★]

hemangioma simplex
ポートワイン様血管腫ポートワイン母斑 portwine stain portwine mark、火炎状母斑 焔状母斑 flame nevus naevus flammeus、成熟毛細血管腫 mature capillary angioma
血管腫


  • 出生時より存在する表在性(真皮内)の毛細血管系異常であり、隆起しない紅斑を呈する。

病型

特殊な病型

  • 正中部母斑:正中部に淡紅色の斑をきたしたもの
  • サーモンパッチ:額部、眼瞼部に生じたもの。自然消退しうる
  • ウンナ母斑:項部にみられるもの

治療

  • 色素レーザー治療

予後

  • サモンパッチ以外は自然消退しない

臨床関連

  • 症候群の部分症となることがある


正中線母斑」

  [★]

naevus medialis
サーモンパッチウンナ母斑

サーモ」

  [★]

thermo
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡