コロニー刺激因子

出典: meddic

colony-stimulating factor, CSF, colony stimulating factor


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • G-CSF産生肺多形癌の2例
  • 冨田 勇樹,浅野 貴光,中尾 心人,鈴木 勇史,岩島 康仁,宮崎 幹規,前野 健,小栗 鉄也,前田 浩義,佐藤 滋樹
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(1), 21-27, 2011-01-25
  • 背景.肺多形癌は比較的稀な肺腫瘍であり,ときにgranulocyte colony-stimulating factor(G-CSF)産生による白血球増多症を伴う.症例.症例1は73歳女性.血痰と右下肺野腫瘤影にて受診された.気管支鏡検査にて低分化な非小細胞肺癌と診断され化学療法を施行したが,病状進行が著しく,診断から約2か月の経過にて死亡した.病理解剖にて肺多形癌と診断され,免疫染色にて腫瘍はG …
  • NAID 110008460778
  • 急性脊髄損傷に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経保護療法 (特集 運動器傷害における治療法の新しい試み) -- (脊椎 脊髄損傷の臨床研究)
  • 山崎 正志,佐久間 毅,高橋 宏 [他]
  • 整形外科 62(8), 749-754, 2011-07
  • NAID 40018919447
  • 今月の臨床 顆粒球コロニー刺激因子産生肺癌例の検討
  • 松田 英祐,岡部 和倫,田尾 裕之 [他]
  • 胸部外科 64(6), 445-449, 2011-06
  • NAID 40018847706

関連リンク

顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子 (Granulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor:GM-CSF) 血液細胞はいずれも自己再生能を有する多能性幹細胞を起源とし、より分化能を限定された幹細胞、さらに各系統の前駆細胞を経て ...
血液細胞の分化成熟とコロニー刺激因子 多能性幹細胞は血液のあらゆる細胞に分化する能力を持つ細胞である。この細胞は骨髄系 細胞とリンパ系細胞の分化に関わっている。多能性幹細胞から分化する骨髄系幹細胞は骨

関連画像

アンチエイジングヒト顆粒球コロニー刺激因子と CSF(顆粒球コロニー刺激因子 :『顆粒球コロニー刺激因子 :『顆粒球コロニー刺激因子 HOME > フィルグラスチムBS注 75µg


★リンクテーブル★
リンク元サイトカイン」「貧血」「CSF
拡張検索顆粒球マクロファージコロニー刺激因子受容体」「マクロファージコロニー刺激因子受容体」「マクロファージコロニー刺激因子」「コロニー刺激因子レセプター」「顆粒球/マクロファージコロニー刺激因子
関連記事刺激」「コロニー」「」「因子」「刺激因子

サイトカイン」

  [★]

cyto=cell kin(e)=small substance
ex. manikine
細胞が分泌する糖タンパク質で、生物活性(増殖・分化・タンパク産生誘導などを)を有するもの
cytokine, cytokines
サイトカイン受容体インターロイキンリンホカイン

生態情報伝達方式

  • 傍分泌系、自己分泌系により情報を伝達する。局所ホルモンともいえる(ホルモンは血流を介して他臓器に働く)

産生細胞・機能による分類名

機能

機能 サブグループ サイトカイン 標的 機能
炎症性サイトカイン TNFファミリー TNF-α 白血球上皮細胞 活性化
インターロイキン IL-1 上皮細胞リンパ球 活性化
IL-6 種々の細胞 活性化
IL-8 白血球 炎症部位遊走
T細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 T細胞 活性化。増殖
IL-4 T細胞 増殖
Th2細胞 分化誘導
IL-12 Th1細胞 分化誘導
インターフェロン IFN-γ Th2細胞 分化抑制
B細胞の増殖・分化 インターロイキン IL-2 B細胞 活性化
IL-4 B細胞 活性化、増殖、分化
IL-5 B細胞 活性化、増殖
IL-6 B細胞 増殖、分化
  TGF-β B細胞 分化(IgA分泌)
アレルギー調節サイトカイン インターロイキン IL-3 肥満細胞 増殖、分化促進
IL-4 B細胞 IgEクラススイッチ促進
IL-5 好酸球 増殖、分化促進
IL-13 B細胞 IgEクラススイッチ促進
インターフェロン IFN-γ B細胞 IgEクラススイッチ抑制
走化性サイトカイン(ケモカイン) CCケモカイン MIP-1 好中球 遊走
MIP-2
RANTES 単球
CXCケモカイン IL-8 好中球リンパ球好塩基球
SDF-1
造血系サイトカイン   SCF    
インターロイキン IL-7    
  erythropoietin    
コロニー刺激因子 GM-CSF    
G-CSF    
M-CSF    

サイトカインのシグナル伝達 JAK/STAT pathway (IMM.245-246)

組み換えサイトカインと臨床利用 first aid step1 2006 p.327

agent clinical uses
aldesleukin interleukin-2 renal cell carcinoma, metastatic melanoma
erythropoietin epoetin anemias (especially in renal failure)
filgrastim granulocyte colony-stimulating factor recovery of bone marrow
sargramostim granulocyte-macrophage colony stimulating factor recovery of bone marrow
α-interferon   hepatitis B and C, Kaposi's sarcoma, leukemias, malignant melanoma
β-interferon   multiple sclerosis
γ-interferon   chronic granulomatous disease
oprelvekin interleukin-11 thrombocytopenia
thrombopoietin   thrombocytopenia




貧血」

  [★]

anemia
貧血症
慢性疾患による貧血 anemia of chronic disease ACD
  • 血液08, 症候 091215I

定義(2007前期生理学プリント、WHOの貧血判定基準)

  • 下記表のHb,Htに達しない場合を貧血とする
   Hb(g/dl) Ht(%)
男性 13 39
女性 12 36
高齢者・乳幼児・妊婦 11 33

ヘモグロビンと貧血症状

  • 8 g/dl :急性貧血で症状が出る
  • 7 g/dl :慢性貧血で症状が出る
  • 5 g/dl :心雑音
  • 3 g/dl :生命の危険

病因

臨床検査

一つの赤血球の平均の大きさが分かる

臨床検査に基づく分類

  1. 正球性貧血
  2. 小球性貧血
  3. 大球性貧血
  1. 低色素性貧血
  2. 正色素性貧血

貧血の鑑別 (文献不明)

MCV 赤血球の大きさ 網状赤血球腎障害 診断 治療
≦80 小球性貧血     鉄欠乏性貧血 鉄剤
80-100 正球性貧血 減少, 正常 あり 腎性貧血 エリスロポエチン
なし 再生不良性貧血 コロニー刺激因子
増加   溶血性貧血 グルココルチコイド
≧101 大球性貧血     巨赤芽球性貧血 ビタミンB12, 葉酸

スクリーニングによる貧血の鑑別 (OLM.80)

  • Fe↓、UIBC↑、フェリチン↓:鉄欠乏性貧血、慢性出血、慢性体内溶血。体内での鉄の絶対量が不足
  • Fe↓、UIBC↓、フェリチン↑:慢性感染症、慢性炎症。細網系では鉄が増加しているが(フェリチン↑)、末梢に鉄を放出できず(Fe↓)、トランスフェリンも減少している(UIBC↓)


身体所見

  • 胸部聴診:収縮期機能性雑音  ←  どこで聴取される?高心拍出量状態だから心基部か?あるいは心尖部?(100D012)

USMLE

  • Q book p.292 25
sickle cell anemia microcytic anemia
beta thalassemia microcytic anemia
Heinz body anemia normocytic anemia
hereditary spherocytosis normocytic anemia
pernicious anemia macrocytic anemia

貧血と低酸素血症

  • 貧血とは血液中のヘモグロビン濃度が低下した状態であり、一方、低酸素血症は単位体積あたりの酸素分圧が低下してる状態である。PaO2低下すなわちSpO2の低下に相当すると考えてみよう。貧血ではヘモグロビン濃度は少なくても、その少ないヘモグロビンの各々は十分に酸素化されるため、SpO2は低下しない。ただし、ヘモグロビンの絶対量が少ないために、末梢組織に届ける酸素の量が少なくなるだけなのである。(cf. 101B071)

臨床

  • MCVで検査項目を絞っていくが、病態が複雑な場合はMCVによる絞り込みが意味をなさないことがある。commonな貧血から除外していく。
  • 1. 血算、網状赤血球、フェリチン、鉄、UIBC、葉酸、ビタミンB12
  • 2. 銅、亜鉛
  • 3. 赤沈、血液像
  • 4. 抗核抗体、抗dsDNA抗体、ハプトグロビン、免疫電気泳動(血液)、蛋白分画、IgG,IgA,IgM、C3c、C4、CH50、エリスロポエチン
  • 5. 抗SS-A抗体、抗Sm抗体、ループスアンチコアグラント、抗カルジオ抗体、抗CLGPI抗体、抗RNA抗体、PR3-ANCA、MPO-ANCA、直接クームス検査
  • 6. リンパ球サブセット、PNH(CD55,CD59)




CSF」

  [★]


顆粒球マクロファージコロニー刺激因子受容体」

  [★]

granulocyte-macrophage colony-stimulating factor receptorGM-CSF receptor
顆粒球マクロファージコロニー刺激因子レセプターGM-CSF受容体GM-CSFレセプター

マクロファージコロニー刺激因子受容体」

  [★]

macrophage colony-stimulating factor receptor
マクロファージコロニー刺激因子レセプターCSF-1受容体M-CSF受容体


マクロファージコロニー刺激因子」

  [★]

macrophage colony-stimulating factorM-CSF
コロニー刺激因子-1



コロニー刺激因子レセプター」

  [★]

colony-stimulating factor receptor
コロニー刺激因子受容体


顆粒球/マクロファージコロニー刺激因子」

  [★] 顆粒球マクロファージコロニー刺激因子


刺激」

  [★]

(刺激そのもの)stimulusstimuli。(行為)stimulation、、stimulateirritateincite、(薬物や抗原で)prime
impulse
刺激作用煽動抗原刺激扇動予備刺激




コロニー」

  [★]

colony
集落
細菌造血幹細胞コロニーS-R変異


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター

刺激因子」

  [★]

stimulating factor, stimulator




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡