コレステロール胆石

出典: meddic

cholesterol gallstone
コレステロール結石コレステリン石 cholesterin stone
胆石結石


成因

  • コレステロールは胆汁酸リン脂質の界面活性物質作用で水に溶けている。コレステロールが過剰になったり、胆汁酸とリン脂質が欠乏するとコレステロールが析出する。

リスクファクター

  • 脂質異常症、糖尿病、肥満、妊娠後の高エストロゲン状態(SSUR.608)
  • 回腸末端の切除も胆汁酸の再吸収低下から胆汁酸欠乏をきたしてコレステロール結石を形成しやすくする。

国試



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • コレステロール胆石形成におけるアディポネクチンの意義
  • 荻山 秀治,木曽 真一,竹原 徹郎
  • 消化と吸収 34(3), 200-205, 2012-03-31
  • NAID 10030560839
  • コレステロールの胆汁排泄におけるトランスポートソーム
  • 高田 龍平,山梨 義英,鈴木 洋史
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(2), 56-60, 2012-02-01
  • コレステロールの胆汁排泄はコレステロールの恒常性維持を考える上で重要な要素の1つであり,このプロセスはコレステロール排出トランスポーターであるATP-binding cassette G5(ABCG5)とABCG8のヘテロダイマー(ABCG5/G8)と,コレステロール吸収トランスポーターであるNiemann-Pick C1-like 1(NPC1L1)により制御されている.筆者らは,これらトランス …
  • NAID 10030456130
  • 肝内外コレステロール胆石を伴った先天性胆道拡張症の1例
  • 清田 誠志,大畑 和則,浦田 順久,諸冨 嘉樹,久保 正二
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(4), 978-982, 2011-04-25
  • NAID 10029098689

関連リンク

胆石患者の大半を占めるのがこのコレステロール系の胆石です。これは、胆嚢の中で、胆汁に含まれるコレステロールが結晶化して核となり、徐々に大きくなってしまうものです。水に溶けないコレステロールは、胆汁の中では ...
... 腹膜炎を併発して胆汁もたまり、ドレナージをしていました。自分のは主治医曰く、100%コレステロールの胆石で、ゴツゴツした球形の直径2センチ前後のものでした。向かいのベッドの人の胆石はコレステロール系で鶏卵 ...
胆石は、「コレステロール胆石」と「色素胆石」の大きく2種類に分けられます。コレステロール胆石とは、その名の通り、コレステロールを主成分とした胆石で、胆のうに多くできます。現在、日本人の胆石患者の大半が ...

関連画像

どうして胆石はできるの?コレステロール胆石 :胆汁の 250px-Gallstones.JPG化 脂肪 や コレステロール ★ コレステロール 胆石


★リンクテーブル★
先読み結石
国試過去問100B032」「088B046
リンク元胆泥」「イチゴ胆嚢」「コレステリン石」「混成石」「コレステロール結石
拡張検索純コレステロール胆石
関連記事コレステロール」「胆石」「ステロール」「レス」「

結石」

  [★]

stone
calculus
核石



100B032」

  [★]

  • コレステロール胆石の原因として考えにくいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B031]←[国試_100]→[100B033

088B046」

  [★]

  • 適切な組み合わせ。3つ

胆泥」

  [★]

biliary sludge
胆砂
胆汁

Meltzer-Lyon法などの胆汁採取法でにより胆汁を採取し、胆汁を観察したとき、胆砂が証明できれば胆石症を疑うことができる。胆石症の82.4%に胆砂を証明できるとされる(LAB.1381)

  • 成分は流動状態のビリルビンカルシウムを主成分とするコレステロールゼリー
  • 中心静脈栄養下では胆泥ができやすく、コレステロール飽和状態になりやすい(QB.B327) → コレステロール胆石



イチゴ胆嚢」

  [★]

strawberry gallbladder
胆嚢コレステローシス cholesterosis of the gallbladder
コレステロール胆石

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.flickr.com/photos/jian-hua_qiao_md/4861291417
  • 2. 病理
[display]http://www.mdblogger.com/2011/01/histology-and-explanation-of.html
  • 3. [charged] 胆嚢ポリープおよびコレステロール沈着 - uptodate [1]


コレステリン石」

  [★]

cholesterin stone
コレステロール胆石

混成石」

  [★]

コレステロール胆石


コレステロール結石」

  [★]

コレステロール胆石

純コレステロール胆石」

  [★]

pure cholesterol gallstone, pure cholesterol stone


コレステロール」

  [★]

cholesterol
コレステリン cholesterin
lipoprotein

分子式

  • C27H46O = 386.66

吸収

カイロミクロンに含まれる脂質は、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いカイロミクロンレムナントとなる。
  • 肝臓はカイロミクロンレムナントを取り込む

生合成

  • コレステロールは酢酸を原料として合成される。
acetyl-CoA→hydroxymethyl-glutaryl coenzyme A(HMG-CoA)-(HMG-CoA reductase)→mebaronate→・・・→コレステロール
コレステロールの生合成

体内循環

  • 肝臓は血液循環にVLDLを放出する
血液循環中のVLDLの脂質は、、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いIDLLDLとなる。
組織からはコレステロール比型が高いHDLが放出され、そのまま肝臓に取り込まれるか、IDLにコレステロールを渡すことでコレステロールの逆輸送を行っている(内因性の抗動脈硬化作用)。
  • 肝臓は血液循環からHDL, IDL, VDLを受容体を介して取り込む

排泄

  • 肝臓でコレステロールは胆汁酸に変換され、胆汁として排出される
see HBC.236
Lipoprotein Source Diameter
(nm)
Density
(g/mL)
Composition Main Lipid
Components
Apolipoproteins
Protein Lipid
(%) (%)
Chylomicrons Intestine 90~100 < 0.95 1~2 98.99 Triacylglycerol A-I, A-II, A-IV,1 B-48, C-I, C-II, C-III, E
Chylomicron remnants Chylomicrons 45~150 < 1.006 6~8 92.94 Triacylglycerol, phospholipids, cholesterol B-48, E
VLDL Liver (intestine) 30~90 0.95~1.006 7~10 90~93 Triacylglycerol B-100, C-I, C-II, C-III
IDL VLDL 25~35 1.006~1.019 11 89 Triacylglycerol, cholesterol B-100, E
LDL VLDL 20~25 1.019~1.063 21 79 Cholesterol B-100
HDL1 Liver, intestine, VLDL, chylomicrons 20~25 1.019.1.063 32 68 Phospholipids, cholesterol A-I, A-II, A-IV, C-I, C-II, C-III, D,2 E
HDL2   10~20 1.063~1.125 33 67    
HDL3   5~10 1.125~1.210 57 43    
Preβ-HDL3   < 5 > 1.210       A-I
Albumin/free fatty Adipose acids tissue   > 1.281 99 1 Free fatty acids  

基準値

脂質異常症→ 血清:Total-CHO≧220 mg/dl。LDL-C≧140 mg/dl。TG≧150 mg/dl。HDL-C<40 mg/dl

参考

  • 1.
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/naibunnpitunaika/koresutero-runotanninokannzann.pdf



胆石」

  [★]

gall stone
cholelithiasis
胆石症胆石イレウス胆汁

部位による区分

成分による区分

参考1-5

  • コレステロール胆石
  • コレステロール混成石:内層がコレステロール成分、外層がビリルビン成分。胆嚢内に単発が多い。割面は放射状+層状。
  • コレステロール混合石:コレステロールと少量のビリルビン。黄、褐、緑、黒、白など多彩。個数は数個から数百個に及ぶ。胆嚢内に発生。内部にひび割れを生じる。
  • 全胆石の30%を占め最も多い。
  • 原因:胆汁うっ滞+細菌感染
  • 黒色石:ビリルビンカルシウムの重合体。ほとんどが胆嚢内。
  • 原因:溶血性貧血、肝硬変

主要なリスクファクター

参考6
  • 年齢
  • 性別:女性
  • 遺伝:ピマインディアン(2型糖尿病の罹患率が高い)、ある種のネイティブアメリカ人、チリ人
  • 妊娠
  • 肥満
  • 急激な体重減少
  • 超低カロリー食
  • 病的肥満に対する手術療法
  • 回腸末端切除
  • 胆汁うっ滞(gallbladder stasis)
  • 身体活動性低下

検査

超音波所見

X線CT

  • 石灰化胆石:胆嚢内高濃度
  • コレステロール胆石:胆嚢内低濃度

参考

  • 1. 写真付き
[display]http://www.med.kyushu-u.ac.jp/surgery1/aboutus/topics/chole/index.html
  • 2. 解説
[display]http://www.ususus.sakura.ne.jp/062-002cholecystolithiasis0.html
  • 3. 解説
[display]http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hiromu/new_page_17.htm
  • 4. 解説
[display]http://hattori-clinic.com/byouki-tannou.stone.htm
  • 5. 解説
[display]http://www.sada.or.jp/feature/cholelithiasis.html
  • 6. [charged] Epidemiology of and risk factors for gallstones - uptodate [2]


ステロール」

  [★]

sterol
ステリン sterin



レス」

  [★]

loess
黄土

石」

  [★]

stone
結石



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡