クッパーマン試験

出典: meddic

Kuppermann試験Kupperman方式 Kupperman method
無月経


概念

  • 無月経、無排卵症の障害部位の診断のための内分泌学的負荷試験

手順

  • 1. プロゲステロンテスト
消退出血無し:2.へ
消退出血有り:第1度無月経
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテスト
消退出血無し:子宮性無月経(子宮体が機能不全である)
消退出血有り:第2度無月経。3.へ
  • 3. FSHテスト
消退出血無し:卵巣性無月経(卵巣でプロゲステロン・エストロゲンを産生できない状態ということ)
消退出血有り:下垂体性無月経(FSHが欠乏していた、つまり下垂体の機能不全)


関連リンク

N―240 日産婦誌61巻7号 (表E-9-5)-1) クッパーマン更年期指数 更年期障害の症状として11項目に分類し,その評価(factor)により3段階の点数を割り当 てている.さらにその症状の重症度により,4段階に分類し,11症状の評価と各症状 ...
認定医試験出題問題とそのポイント 平成11年度既出試験問題より 〔症例A〕 氏 名:S.I. 年 齢:22歳,未婚 月 経 歴:初経11歳,周期28日,整,月経障害なし 妊娠分娩歴:なし 既 往 歴:特記すべきことなし 主 訴:無月経,体重 ...
PEPII試験 クッパーマン指数 脆弱X症候群(Fargile X syndrome) 口腔熱感症候群:Burning mouth syndrome(BMS) 舌の構造 酸化ストレス スクリーニング 妊娠中の薬(胎児危険度):FDA分類 プロスタグランジン アルブミン尿 ...

関連画像

更年期障害改善剤及び 女性のための健康食品! 元気


★リンクテーブル★
リンク元無月経」「第2度無月経」「第1度無月経」「卵巣性無月経」「消退出血
関連記事試験」「パーマ

無月経」

  [★]

amenorrhea
月経 menorrhea、月経異常


発症時期による分類

原因による分類

  原発性無月経 続発性無月経
視床下部性無月経 カルマン症候群 視床下部の機能障害
フレーリッヒ症候群 神経性食思不振症
ローレンス・ムーン・ビードル症候群 体重減少性無月経
プラダー・ウィリー症候群 高プロラクチン血症
  Chiari-Frommel症候群
  Argonz-del Castillo症候群
下垂体性無月経 先天性ゴナドトロピン欠損症 Sheehan症候群
empty sella症候群 下垂体腺腫
  Forbes-Albright症候群
  Simmonds病
卵巣性無月経 性腺形成不全 早発卵巣機能不全
ターナー症候群 多嚢胞性卵巣症候群
  卵巣摘出
  卵巣の放射線障害
子宮性無月経 ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 アッシャーマン症候群
子宮奇形 子宮内膜炎
処女膜閉鎖 子宮摘出術後
膣性無月経 処女膜閉鎖症  
膣閉鎖症  
その他 半陰陽(先天性副腎過形成アンドロゲン不応症) Cushing症候群
  Addison病
  Basedow病
  甲状腺機能低下症
  糖尿病
生理的   妊娠、産褥、授乳、閉経

Kupperman方式による分類

検査

  • クッパーマン試験Kuppermann試験:無月経、無排卵症の障害部位の診断のための内分泌学的負荷試験。

無月経と基礎体温


第2度無月経」

  [★]

クッパーマン試験無月経

定義

  • 1.かつ2.
  • 1. プロゲステロンテストで消退出血なく
  • 2. エストロゲン・プロゲステロンテストで消退出血有り

意義

  • 2.でエストロゲンとプロゲステロンの両方が存在すれば消退出血する、すなわち子宮内膜の状態は問題がないことが分かる。もし、このテストで消退出血が無ければ子宮に問題があることになる(子宮性無月経)。
  • 以降、エストロゲンの産生に問題があるのではないかと言うことを疑ってかかる。
  • 鑑別にあげられるのは、エストロゲンの産生がうまくいかない病態を考えれば中枢性無月経(視床下部、下垂体)、卵巣性無月経(多嚢胞性卵巣症候群など)をあげることができる。

治療


第1度無月経」

  [★]

amenorrhea first grade
第I度無月経第一度無月経第1度無月経
クッパーマン試験無月経第2度無月経消退出血
[show details]


概念

  • クッパーマン試験において、プロゲステロン投与によって消退出血を起こしうる無月経
  • 比較的軽度の無月経と判断される。
  • エストロゲンは十分に子宮内膜に作用しているが、プロゲステロンが作用しきれない?

原因

治療

  • プロゲステロンの周期投与
  • クロミフェン療法(エストロゲン分泌軽度低下~正常、プロゲステロン×)


卵巣性無月経」

  [★]

ovarian amenorrhea
無月経

概念

  • 卵巣に原因のある無月経
  • クッパーマン試験ではプロゲステロンテスト、エストロゲン・プロゲステロンテスト 、FSHテストの全てで消退出血が見られない。
  • 内分泌検査では高ゴナドトロピン、低エストロゲンとなる。LH-RH負荷試験でも同一所見。

分類

  • 原発性卵巣性無月経
  • 続発性卵巣性無月経
  • 卵巣腫瘍、放射線、早発性卵巣不全


消退出血」

  [★]

withdrawal bleeding
ゲスターゲンクッパーマン試験第1度無月経第2度無月経
  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の減少に伴う子宮出血
  • 簡単に言えば、エストロゲンの存在下で子宮内膜が成長、プロゲステロンで分泌・子宮内膜が維持されているが、プロゲステロンが減少したときに、子宮内膜は剥脱し、出血を伴う。これが消退出血として観察される。


試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

  • クッパーマン試験Kuppermann試験:無月経、無排卵症の障害部位の診断のための内分泌学的負荷試験。

内分泌

  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



パーマ」

  [★]

permanent wave
[[]]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡