ガスターD

出典: meddic

ファモチジン


効能・効果

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison 症候群
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ガスターD錠,ハルナールD錠 (特集 製剤の工夫で患者ベネフィットを上げる) -- (口腔内速崩壊錠の優れた製剤技術に学ぶ)
  • 薬学研究 ファモチジン口腔内崩壊錠(ガスターD錠)の自動分包機による調剤の検討
  • 期待の新口腔内崩壊錠ガスターD錠

関連リンク

アステラス製薬株式会社のガスターD錠20mg(消化器官用薬)、一般名ファモチジン(Famotidine) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。妊娠または授乳 ...
ガスターDとは。効果、副作用、使用上の注意。ヒスタミンH2(胃酸の分泌を促す物質)のはたらきを強力に抑える作用や止血作用のある薬で、代表的な消化性潰瘍(かいよう)の攻撃因子抑制剤です。 この薬により、手術に頼っていた ...
薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

関連画像

ガスターD (Gaster)介護・福祉・医療・医薬品  ガスターD錠10mg:100錠入 / 商品ガスターD錠20mgガスターD錠10mgガスターD 包装写真

添付文書

薬効分類名

  • H2受容体拮抗剤(ファモチジン口腔内崩壊錠)

販売名

ガスターD錠10mg

組成

有効成分(1錠中 )

  • 日局 ファモチジン 10mg

添加物

  • エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸ナトリウム、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アメ粉、ステアリン酸カルシウム

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群
  • 通常、成人にはファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する。また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえる。

腎機能低下患者への投与法1)

  • ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄される。腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする。
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
    急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常、成人にはファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する。また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。

腎機能低下患者への投与法1)

  • ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄される。腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする。

慎重投与

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 腎障害のある患者[血中濃度が持続するので、投与量を減ずるか投与間隔をあけて使用すること。]
  • 心疾患のある患者[心血管系の副作用を起こすおそれがある。]
  • 肝障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー(各0.1%未満)

  • ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫〈顔面浮腫、咽頭浮腫等〉、蕁麻疹等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血(いずれも頻度不明)、血小板減少(0.1%未満)

  • 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少(初期症状として全身倦怠感、脱力、皮下・粘膜下出血、発熱等)があらわれることがあるので、定期的に血液検査を実施し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(いずれも頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明)

  • AST(GOT)・ALT(GPT)等の上昇、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

横紋筋融解症(頻度不明)

  • 横紋筋融解症があらわれることがあるので、高カリウム血症、ミオグロビン尿、血清逸脱酵素の著明な上昇、筋肉痛等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

QT延長(頻度不明)

  • QT延長があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。特に心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)を有する患者においてあらわれやすいので、投与後の患者の状態に十分注意すること。

意識障害、痙攣(いずれも頻度不明)

  • 意識障害、全身痙攣(痙直性、間代性、ミオクローヌス性)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。特に腎機能障害を有する患者においてあらわれやすいので、注意すること。

間質性腎炎、急性腎不全(いずれも頻度不明)

  • 間質性腎炎、急性腎不全があらわれることがあるので、初期症状として発熱、皮疹、腎機能検査値異常(BUN・クレアチニン上昇等)等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎(頻度不明)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等を伴う間質性肺炎があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

薬効薬理

ヒトでの作用

胃酸及びぺプシン分泌抑制作用

基礎及び各種刺激分泌

  • 健康成人又は消化性潰瘍患者における、基礎及び各種刺激剤投与時の2時間胃酸及びペプシン分泌量は、20mg経口投与によりそれぞれ71.6〜99.6%、29.5〜96.9%抑制される。(「薬効薬理の表」表3参照)

    また、20mg静脈内投与で基礎分泌、テトラガストリン、ベタゾール刺激分泌を抑制する28)29)

夜間分泌30)

  • 健康成人又は消化性潰瘍患者の午後11時から午前6時までの7時間胃酸及びペプシン分泌量は、20mg経口投与によりそれぞれ91.8%、71.8%抑制される。

24時間分泌・胃内pH31)

  • 健康成人の胃酸分泌量は、20mg経口投与により、午後8時から12時間以上にわたり抑制され、12時間胃酸分泌抑制率は93.8%である。胃内pHは、投与1時間後には4以上となり、12時間後まで5〜6の範囲で推移した。

血中濃度と胃酸分泌抑制作用32)

  • 血中濃度と胃酸分泌抑制率との間には正の相関関係がみられ、胃酸分泌量を50%抑制するときの血中濃度は13ng/mLである。

胃粘膜血流量に及ぼす影響33)

  • 0.1〜0.2mg/kgの静脈内投与では健康成人の胃粘膜血流量を増加させる傾向が認められる。

胃粘液分泌に及ぼす影響34)

  • 十二指腸潰瘍患者の胃液中粘液物質濃度に影響を及ぼさない。

胃内容排出能に及ぼす影響35)

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍患者に20mg経口投与した場合、胃排出能に影響を及ぼさない。

肝血行動態に及ぼす影響36)

  • 20mg静脈内投与は、健康成人の肝血流量、門脈血流量に影響を及ぼさない。

血中ガストリン値に及ぼす影響37)

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍患者に20mg1日2回、1〜2カ月経口投与した場合、血中ガストリン値に影響を及ぼさない。

血中プロラクチン等に及ぼす影響38)

  • 20mg静脈内投与、20mg1日2回4週間経口投与は、健康成人、消化性潰瘍患者の血中プロラクチン、性腺刺激ホルモン、性ホルモン値に影響を及ぼさない。

動物での作用

H2受容体拮抗作用39)40)

  • モルモット摘出心房の心拍数、ラット摘出子宮の収縮、イヌの胃酸分泌を指標にしたH2受容体拮抗作用は、シメチジンに比し10〜148倍強力である。

胃酸分泌抑制作用41)42)

  • イヌのヒスタミン刺激時の胃酸分泌抑制効果は、シメチジンに比し作用強度で約40倍強く、持続時間で約1.3〜1.5倍長い。

胃粘液分泌に及ぼす影響42)

  • ラットのストレスによる胃粘膜中糖蛋白量の減少を有意に抑制する。

実験潰瘍に対する作用43)44)

  • ラットのインドメタシン、アスピリン、プレドニゾロン、ストレス及び幽門結紮による胃潰瘍あるいはシステアミン及びメピリゾールによる十二指腸潰瘍の発生に対してシメチジンよりも強い抑制効果を示す。また、連続投与により酢酸による胃潰瘍及びメピリゾールによる十二指腸潰瘍の治癒を促進し、効力はシメチジンより強い。

胃出血に対する作用42)

  • 脱血及びヒスタミン投与によるラットの胃出血に対し抑制作用を示す。

急性胃粘膜病変に対する作用45)

  • ラットのタウロコール酸-ヒスタミン、タウロコール酸-セロトニン、塩酸-アスピリン及び塩酸-エタノールによる各胃粘膜病変を予防するのみならず、ヨードアセトアミドによる胃粘膜病変の治癒を促進した。

作用機序

  • 胃粘膜壁細胞のH2受容体を遮断し、胃酸分泌を抑制することにより、胃・十二指腸潰瘍、胃炎等の治癒効果を示す。

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C8H15N7O2S3

分子量

  • 337.45

融点

  • 約164℃(分解)

性状

  • ファモチジンは白色〜帯黄白色の結晶である。酢酸(100)に溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくく、水に極めて溶けにくい。0.5mol/L塩酸試液に溶ける。光によって徐々に着色する。


★リンクテーブル★
先読みファモチジン
リンク元消化性潰瘍用剤
関連記事D」「d

ファモチジン」

  [★]

famotidine
ガスイサンガスセプトガスターガスドックガスペラジンガスポートガスメットガスリックガモファークリマーゲンストマルコンチオスターファモガストファモスタジンブロスターモミアロンPepcid
ヒスタミン受容体消化性潰瘍用剤


  • 攻撃因子抑制剤
  • H2ブロッカー = ヒスタミンH2受容体選択的阻害薬
  • 持続時間が長い(1日2,3回でよい)
  • 般試薬で10mg錠、臨床薬では20mg錠

副作用

  • 無顆粒症、心室細動、不全収縮、間質性肺炎、腎炎


消化性潰瘍用剤」

  [★]

商品

D」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 4th letter of the Roman alphabet」
d

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「deuteriumの化学記号」

d」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(おもに人称代名詞・固有名詞(人名),thereの後で)had, wouldの短縮形 / (疑問文でwhere,what,whenの後で)didの短縮形;Where'd he go?=Where did he go?」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡