カテコールアミン

出典: meddic

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン


  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用







Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/22 18:26:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 7. 褐色細胞腫の実態および診断基準と診療アルゴリズム(<特集>内分泌外科稀少疾患の日本の現状把握と診療指針の作成)
  • 成瀬 光栄,立木 美香,難波 多挙 [他],中尾 佳奈子,田上 哲也,田辺 晶代
  • 日本外科学会雑誌 113(4), 378-383, 2012-07-01
  • NAID 110009479956
  • 褐色細胞腫 (特集 内分泌疾患 : 疑うヒントと専門医へ紹介するポイント) -- (副腎疾患)
  • 田辺 晶代,市原 淳弘
  • 診断と治療 100(7), 1201-1205, 2012-07-00
  • NAID 40019381146
  • 産後1か月における母親のストレス反応の生理的および心理的特徴
  • 西海 ひとみ,奥村 ゆかり,渡邊 香織
  • 母性衛生 53(2), 277-286, 2012-07-00
  • 本研究の目的は,産後1か月の母親のストレス反応の生理的,心理的特徴を分析することにより,有効な育児支援を実践するための示唆を得ることである。母体合併症および新生児異常がない褥婦65名を対象に,産後1週,1か月の2時点での縦断的調査を行った。内容は,尿中カテコールアミン3分画・コルチゾール値(産後1か月のみ),心拍変動LF/HF,日本版エジンバラ産後うつ病自己評価票(EPDS),日本語版精神健康調査 …
  • NAID 110009480138
  • たこつぼ型心筋症の評価
  • 渡邊 岳博
  • 日本保険医学会誌 110(2), 146-155, 2012-06-17
  • たこつぼ型心筋症という病名はいかにもユニークなものの一つである。近年は震災等の被災後に多発した疾患としても報道され,一般にも広く知られるようになった。高齢女性に好発するという疫学的な特徴を有し,精神的および身体的ストレスがトリガーとなる場合も多い。本症は心筋症のカテゴリーに属するものの,長期に渡る心筋の異常を呈することの多い肥大型心筋症や拡張型心筋症とは異なり,一般には速やかに心機能が回復し良好な …
  • NAID 110009471050

関連リンク

大辞林 第三版 カテコールアミンの用語解説 - 分子内にカテコールの構造をもつ生体アミンの総称。ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンなどがあり,副腎髄質細胞,脳または末梢の神経細胞で生合成される。
副腎髄質および体内の神経細胞で生成・合成される神経ホルモン。ストレス反応に重要な役割を果たすほか、神経伝達物質としての機能をもつ。生体内に存在するカテコールアミンには、アドレナリン・ノルアドレナリン
カテコールアミン, CA (catecholamine) 測定法:HPLC法 外注会社 2分画:SBS(旧住友)(平成17年6月15日まで中止) 3分画:BML 臨床的意義 カテコールアミンは主に脳,副腎髄質および交感神経に存在する生体 ...

関連画像

カテコールアミンの合成 †カテコールアミン類の構造式カテコールアミンの代謝経路カテコールアミン合成.JPG分野 ・中枢カテコールアミン 多いαカテコールアミン受容いるとカテコールアミン


★リンクテーブル★
先読み副腎髄質ホルモン
リンク元カルチノイド」「アセチルコリン受容体」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「強心薬
拡張検索カテコールアミン作動性大縦束
関連記事カテコール」「アミン

副腎髄質ホルモン」

  [★]

adrenomedullary hormone, adrenal medullary hormone
  • 副腎髄質で産生・分泌されるカテコールアミン(アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン)、エンケファリンの総称?(SP.899-900)。

以下、アドレナリンノルアドレナリンだけについて記述する。

分類

性状

  • カテコールアミン
    • チロシンから生合成される

産生組織

標的組織

生理作用

  受容体 存在部位 作用
心臓 β1 心臓 心拍数・心収縮・心伝導速度↑
平滑筋 α1 血管、性器、泌尿器の平滑筋 収縮
α1 消化管平滑筋 弛緩
α2 血管平滑筋 収縮
α2 消化管平滑筋? 収縮?
β2 血管、気管支、胃腸、尿路、子宮の平滑筋 弛緩
代謝 α1,β2 肝臓 グリコーゲン分解, 糖新生
β2 骨格筋 グリコーゲン分解, 糖新生
β3 脂肪組織 脂肪分解促進
内分泌 α2 膵臓β細胞 インスリン・グルカゴン分泌↓
β1 腎臓傍糸球体細胞 レニン分泌↑

作用機序

分泌調節

  • 交感神経
    • T5-T9の交感神経節前ニューロン~

ホルモン>:ホルモン



カルチノイド」

  [★]

carcinoid
カルチノイド腫瘍 carcinoid tumor
好銀性細胞腫 argyrophil cell tumor
カルチノイド症候群消化管カルチノイド

概念

  • 気管支や消化管に発生し、原腸系臓器に広く分布する内分泌系細胞腫瘍の低異型度腫瘍。消化管に発生したものは特に消化管カルチノイドという(YN.A-75)

疫学

  • 欧米では小腸腫瘍の中で悪性腫瘍に次いで2番目に多いが、日本では非常にまれ。

分類

部位


発生部位

  • 発生部位:消化管(虫垂、大腸、小腸、直腸、胃)および肺、気管支
  • 直腸が最多 (YN.A-75)
  • 肺:発生母地(気管支腺、細気管支上皮内に存在するKultchitzky細胞)。神経内分泌顆粒を有する。(NSU.344)

病理

  • 粘膜下腫瘍と同様の所見を呈することが多い。  ちなみにGISTは粘膜下腫瘍
  • つまり辺縁はなだらかである。



  • 細胞の配列:索状、リボン状。時にロゼット様
  • 核:小型、円形で中心に存在し、分裂像は少ない



予後

  • 予後(5年生存率):虫垂のカルチノイドを除いて90%。小腸原発のカルチノイドで肝臓に転移があっても50% (BPT.627)

消化管 (BPT.626)

疫学

  • The peak incidence of these neoplasms is in the sixth decade.(BPT.626)
  • 直腸結腸癌の2%以下。小腸の悪性腫瘍の半分を占める
  • 転移:虫垂と直腸のカルチノイドは転移しにくい。90%の胃、空腸、結腸のカルチノイドは

直腸

疫学(NSU.590)

  • 消化器系のカルチノイドのうち最多(36%)。
  • 40-50歳代に多い。
  • 男:女=1.4:1

国試



アセチルコリン受容体」

  [★]

acetylcholine receptor, AChR
コリン作動性受容体 (SPC.134)、Ach受容体アセチルコリン作動性受容体
アドレナリン受容体アセチルコリン

アセチルコリン受容体 (SP.412)

アセチルコリン受容体 作動薬 遮断薬 存在部位 作用
ニコチン性受容体 イオンチャネル型受容体 NN ジメチルフェニルピペラジニウム トリメタファン 自律神経節 節後細胞脱分極(fast EPSP発生)
ニコチン ヘキサメソニウム 副腎髄質 カテコールアミン分泌促進
ムスカリン性受容体 Gタンパク共役型受容体 M1 オキソトレモリン ピレンゼピン 自律神経節 節後細胞脱分極(slow EPSP発生)
ムスカリン アトロピン
M2 ムスカリン トリピトラミン 心臓 心拍数,伝導速度,心房収縮力低下
アトロピン
M3 ムスカリン ダリフェナシン 平滑筋 収縮
アトロピン 分泌腺 分泌促進


アドレナリン」

  [★]

adrenarine
(国試)エピネフリン epinephrineエピレナミン epirenamineスプラレニン suprarenin
酒石酸水素エピネフリン
Adrenalin, EpiPenボスミンエピペン
カテコールアミンノルアドレナリンアドレナリン受容体
SPC. 61,68,86,142
GOO. 244

作用機序

薬理作用

血管作用

アドレナリン投与下にα受容体阻害薬を投与すると末梢血管抵抗が低下し血圧が低下する現象。α受容体を介した末梢血管収縮が抑制され、β2受容体を介した末梢血管平滑筋が弛緩することによる。

動態

適応

効能又は効果

(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

  • 下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
  • 気管支喘息,百日咳
  • 各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧またはショック時の補助治療
  • 心停止の補助治療

用量

  • 心肺蘇生
  • ACLS:静注1mg  ←  プレフィルのシリンジは大抵1mg/1mlで調製されている。
  • PALS:静注・骨髄 0.01mg/kg 気管内投与 0.1mg/kg
  • アナフィラキシーショック:皮下注~筋注で0.3mg

注意

  • 本剤は心筋酸素需要を増加させるため、心原性ショックや出血性・外傷性ショック時の使用は避けること(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

禁忌

副作用

ノルアドレナリン」

  [★]

noradrenarine NA
ノルエピネフリン norepinephrin NEノルエピレナミン norepirenamine l‐アルテレノール l‐arterenol、レバルテレノール levarterenol
塩酸ノルエピネフリン norepinephrine hydrochloride
ノルアドリナリン
カテコールアミンアドレナリンアドレナリン受容体
  • MAOCOMTによって代謝される
  • ノルアドレナリン合成阻害薬
α-methyldopa

生合成

ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン




強心薬」

  [★]

cardiotonic
心臓脈管薬 cardiovascular drug
薬理学


  • 心臓の機能不全を回復する薬物。
心臓の機能不全→うっ血性心不全。心拍出量が不十分で、末梢重要臓器に必要とされる酸素を供給できない (SPC.214)

強心薬の種類

  • カテコールアミン
  • ホスホジエステラーゼ阻害薬
  • 直接型アデニル酸シクラーゼ活性化薬
  • その他



カテコールアミン作動性大縦束」

  [★]

catecholaminergic major longitudinal bundle
中心被蓋路


カテコール」

  [★]

cathechol, 3'4'-dihydroxybenzene
 /\
| ○ | ̄OH
|   |
 \/  ̄OH
cathechol + ethanolamine catechol-CH(OH)-CH2-NH2-CH(CH3)2 isoproterenol
catechol-CH(OH)-CH2-NH-CH3 adrenaline
catechol-CH(OH)-CH2-NH2 noradrenaline
cathechol + ethylamine catechol-CH2-CH2-NH2 dopamine
[[]]
catechol
catechol
ピロカテキン pyrocatechine


catechol


アミン」

  [★]

amine
生体アミン


概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡