カテコラミン

出典: meddic

カテコールアミン CA

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/24 01:07:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 機能性副腎腫瘍を合併した原発性肺癌の2症例
  • 森野 茂行 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 86(3), 140-145, 2011-12-25
  • 術前に副腎腫瘍を指摘された肺癌の2例を経験した。症例1は58歳女性。胸部CTで左肺S6に24mmの結節と右副腎に30mmの腫瘤を認めた。肺腫瘍は気管支鏡生検で非小細胞肺癌と診断した。副腎腫瘍はPET-CTで副腎転移が疑われ、血中カテコーラミン値から褐色細胞腫の可能性も考えた。右副腎切除を先行し、病理学的に褐色細胞腫と診断した。二期的に左下葉切除術を行い、低分化腺癌、病期はpT1bN0M0 stag …
  • NAID 110008721133
  • 劇症型心筋炎として初期治療され、改善後の経過中にカテコラミン心筋症を発症し褐色細胞腫と判明した1例
  • 渡邊  有希,青井  俊輔,磯村  大地,小濱  康明,佐藤  琢真,平田  哲夫,二川  圭介,岡田  尚之,杉浦  亮,岡  俊明
  • 東京女子医科大学雑誌 80(8), 253-254, 2011-08-25
  • 第2回心臓病研究会 2010年5月8日(土) フォーシーズンズホテル椿山荘4階アンフィシアター
  • NAID 120003519069
  • 重症筋無力症で胸腺腫術後, 突然の呼吸不全でSTが上昇した80歳の女性
  • 鈴木 宏昌
  • 日本内科学会雑誌 100(4), 1129-1132, 2011-04-10
  • NAID 10029096987
  • 腎動脈狭窄を合併した副腎外褐色細胞腫の一女児例
  • 星野 顕宏,大橋 祐介,曽我 恭司,五味 明,梅田 陽
  • 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 48(1), 23-27, 2011-02-25
  • … 症例は11歳女児.典型的な臨床症状を認め,褐色細胞腫と診断した.腹部MRI検査,超音波検査で腫瘍は右腎周囲に位置し,下大静脈と腎動静脈を著明に圧迫していた.初診時から持続性の高血圧を認め,腫瘍からのカテコラミン分泌と腎血管性高血圧の両者が関与していると考えた.腫瘍と血管との癒着が強く,剥離に難渋したが全摘出可能で術後に血圧は正常化し,再発は認めていない.術前診断の重要性が再認識された. …
  • NAID 110008608576

関連リンク

ノルアドレナリンはノルメタネフリンへ、アドレナリンはメタネフリンへと代謝・不活化される 。 一般に、水溶性が高く、血液脳関門は通過しないため、静脈内投与で中枢に作用する ことはない。 カテコラミン神経伝達物質はモノアミン神経伝達物質の一部として含ま ...
2008年2月13日 ... カテコラミンの基本的見解として、 ... カテコラミン大量投与中の患者のカテコラミン レセプターは「しっかり機能していないレセプター」が存在するらしい。 ... レセプターを 増やすわけではないが、カテコラミンの効果が「戻る」というイメージらしい。

関連画像

クロム反応 で 褐色調化 中カテコラミン値に及ぼす影響カテコラミンは緊急のストレス 22カテコラミン02TMT負荷中.jpg22カテコラミン03TMT負荷後.jpg


★リンクテーブル★
先読みCA
国試過去問108C031」「097A052」「099H011」「101F065」「098G064」「100B025」「100G050」「103G023
リンク元ドパミン」「循環器疾患」「検査値」「カテコールアミン」「プロポフォール注入症候群
拡張検索カテコラミン誘発多形性心室頻拍」「カテコラミン輸送体」「カテコラミン受容体
関連記事ラミン

CA」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「California」


108C031」

  [★]

  • 次の文を読み、 30、 31の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:6か月前に左胸痛と労作時息切れを自覚したことがあったが数日間で自然に軽快していた。本日 1時間目の体育の授業中に、突然左胸痛を自覚したが、以前と同様に軽快すると思いそのまま授業を受けていた。しかし、しばらくして息苦しさが強くなったため教師に付き添われて受診した。
  • 既往歴:15歳時に虫垂炎で手術。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 173 cm、体重 60 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 122/分、整。血圧 96/58 mmHg。呼吸数 30/分。 SpO2 96%(マスク 6 l/分酸素投与下 )。心音に異常を認めないが、左胸部で呼吸音の減弱を認める。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。胸部エックス線写真(別冊 No. 5)を別に示す。
  • 直ちに行うべき処置はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108C030]←[国試_108]→[108D001

097A052」

  [★]

  • 53歳の男性。発汗過多頭痛および体重減少のため来院した。数年来、発作性高血圧と起立性低血圧とのため近医で投薬を受けているが血圧の調節は不良である。糖尿病も2年前に指摘された。血圧は普段は正常であるが、発作時250/150mmHgに上昇する。尿中アドレナリンは正常で、尿中ノルアドレナリンVMAとが高値である。腹部CTで両側の副腎には特記すべき異常所見を認めない。次に施行すべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A051]←[国試_097]→[097A053

099H011」

  [★]

  • 55歳の男性。スポーツジムで筋力トレーニング中に突然意識を消失し、全身けいれんがみられたため救急車で搬入された。救急車内での心電図モニターの波形を以下に示す。
  • まず行うべき処置はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099H010]←[国試_099]→[099H012

101F065」

  [★]

  • a. 小児期の低血糖の中で最も多い。
  • b. 血中乳酸が増加する。
  • c. ロイシン負荷試験で低血糖が誘発される。
  • d. カテコラミンの皮下注射が有効である。
  • e. 10歳ころまでに自然軽快する。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F064]←[国試_101]→[101F066

098G064」

  [★]

  • ホルモンの過剰と症候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G063]←[国試_098]→[098G065

100B025」

  [★]

  • 急性心不全の症候と治療の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B024]←[国試_100]→[100B026

100G050」

  [★]

  • 体液量が増加すると血中で上昇するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G049]←[国試_100]→[100G051

103G023」

  [★]

  • 腎で造られるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G022]←[国試_103]→[103G024

ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

  • カテコラミンの一つ

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態




循環器疾患」

  [★]

cardiovascular disease

循環器疾患と治療薬

  強心薬 抗狭心症薬 抗不整脈薬 降圧薬
ジギタリス    
カテコラミン      
Naチャネル阻害薬      
Kチャネル阻害薬      
Ca拮抗薬  
α遮断薬      
β遮断薬  
αβ遮断薬      
硝酸薬      
その他血管拡張薬      
ACE阻害薬      
ATII受容体拮抗薬      
利尿薬      


検査値」

  [★]

laboratory data
臨床検査

変動要因

食事

  • 影響ほとんどなし:総コレステロール( 肝臓で産生されるコレステロール >> 腸管から吸収されるコレステロール
  • 影響有り

運動

体位

個体間の変動

LAB.464
男性>女性 尿酸クレアチニンヘモグロビン
女性>男性 HDL-CクレアチンLHFSH
個体差 コリンエステラーゼアルカリホスファターゼコレステロールγGTPアミラーゼ
年齢 幼小児 アルカリホスファターゼリン
女性(閉経後) アルカリホスファターゼHDL-C

生活リズムによる変動

LAB.464
時間帯 日中 夜間
午前 午後
早朝   夕刻  
血清鉄 高値 低値    
カルシウム       低値
ACTH 高値   低値  
コルチゾール 高値   低値  
TSH 低値     高値
GH 低値     高値
プロラクチン 低値     高値
カテコラミン 高値     低値
レニン 高値   低値  
cAMP   高値    
尿アミラーゼ 低値   高値  


カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






プロポフォール注入症候群」

  [★]

propofol infusion syndrome, PRIS
プロポフォール


概念

  • 集中治療分野における、長期間鎮静のためにプロポフォールが投与された患者の病態
  • 集中治療における人工呼吸中の鎮静の目的でプロポフォール投与中に代謝性アシドーシス横紋筋融解症高カリウム血症心不全が発現した症例が報告されており、このような病態をプロポフォール症候群と呼ぶ
  • 4mg/kg•hr(60kgで24ml/hr)以上の高用量プロポフォールを48時間以上使用している患者で代謝性アシドーシス、徐脈を伴うショック(徐脈性不整脈)、横紋筋融解症、高脂血症、腫大肝・脂肪肝を呈する疾患
  • 5mg/kg/hを48時間以上としている情報源あり

疫学

  • 死亡率が高い
  • 小児で多いが、成人でもまれならず
  • PRISはまれではあるが、致死性合併症

診断基準

Brayによる小児PRISの診断基準

  • 突発性もしくは比較的突発性に治療抵抗性の徐脈が発現し不全収縮(心静止)へ移行する
  • 以下のうち少なくとも1項目を含む
  • 脂質異常症の発現
  • 肝腫大または剖検による肝臓の脂肪浸潤
  • BE≦-10を呈する代謝性アシドーシス
  • 横紋筋融解もしくはミオグロビン尿を伴う筋症状

リスク因子

  • 若年、重症の中枢神経疾患や呼吸疾患、カテコラミンステロイドの投与、先天性ミトコンドリア異常

PRIS発症に関する危険因子

  • 高容量(>5mg/kg/h)、長時間(>48時間)のプロポフォール投与
  • 乳幼児
  • 上気道感染
  • 多発外傷、頭部外傷
  • 内因性ストレスの存在、カテコラミンやグルココルチコイドの投与
  • 糖摂取の不足

PRIS発症時の所見


病態生理

検査

治療

  • プロポフォールの中止
  • 対症療法
  • 血液浄化など

予防

  • プロポフォールを使用する際は4mg/kg•hrを越えないようにする
  • 48時間以内でも除外しない。疑えば中止を考える。
  • 使用中は心電図(徐脈に注意、ブルガダ変化も)、pH、CK、TGをモニタリング
  • プロポフォールを漫然と長期投与しないように、鎮静レベルはRASSなどで評価


カテコラミン誘発多形性心室頻拍」

  [★]

  • 多形性心室頻拍(特発性)の一つ。
  • 感情の高まり、運動、イソプロテレノールで多形性心室頻拍が惹起される


カテコラミン輸送体」

  [★]

catecholamine plasma membrane transport protein
細胞膜カテコラミン輸送体、カテコラミントランス・ーター


カテコラミン受容体」

  [★] カテコールアミン受容体


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡