エンドトキシンショック

出典: meddic

endotoxin shock
内毒素ショック、グラム陰性ショック、gram-negative shock
内毒素細菌性ショック


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/26 00:54:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エンドトキシンショック関連肝障害におけるTRIF-NLRP3依存的なインフラマソーム形成の重要性 (特集 インフラマソーム)
  • 内山 良介,今村 美智子,筒井 ひろ子
  • 生体の科学 62(3), 213-220, 2011-05
  • NAID 40018883126
  • クレブシエラによるエンドトキシンショックを合併した火炎熱傷の2例
  • 種子田 紘子,橋本 裕之,竹内 善治,松尾 由紀
  • 熱傷 : 日本熱傷学会機関誌 = Japan journal of burn injuries 35(3), 148-153, 2009-09-15
  • NAID 10026927953

関連リンク

そして、免疫反応が亢進し、全身にエンドトキシンショックを引き起します。 死亡率 敗血症のショック症状が起こった場合、およそ四分の一の患者が死に至る危険があります。 特定の 細菌に感染する場合に発症する感染症と違い ...
感染・免疫学講座 横地高志 エンドトキシンショック、敗血症ショックは我が国で年間数万人が罹患し、一万人以上が命を落とす致命率30%以上という難治の疾患です。エンドトキシンショックの治療法の開発は、医療上今なお解 ...
敗血症性ショックとエンドトキシンショックの違いを教えて下さい。 エンドトキシンになる原因は何ですか?あと症状としてはどんな感じですか?教えて... ウォームショックとは何ですか?? ある参考書には「エンドトキシン ...

関連画像

エンドトキシンショックエンドトキシンショック エンドトキシンショックの新規 エンドトキシンショックではエンドトキシンショック エンドトキシンショック


★リンクテーブル★
先読み細菌性ショック
リンク元補体価」「ブラジキニン」「スーパー抗原」「内毒素」「内毒素ショック
関連記事ショック」「トキシン

細菌性ショック」

  [★]

bacterial shock
敗血症性ショック


補体価」

  [★]

complement activity, complement titer
血清補体価 serum complement level, serum complement titer
CH50

概念

  • 抗体に感作されたヒツジ抗体を50%溶血を生じさせる血清量。
  • 補体活性の指標となる;古典経路共通経路の評価。

正常値

  • 70-110 CH50

補体価が変化する病態 (OLM.394)

高値

  • 炎症疾患

低値

  • (1)産生低下による病態
  • 1. 後天性産生低下
  • 重症肝障害(肝硬変、劇症肝炎、慢性肝炎)
  • 2. 先天性産生低下
  • (2)補体活性が亢進する病態
  • 1. 古典経路が活性化される病態
  • 2. 代替経路が亢進する病態 ← 補体価では代替経路は評価していない ← どういうこと?
  • (3)補体成分の異化が亢進する病態
  • 蛋白質漏出性病態(肝機能が保たれていれば、補償される)
  • (4)cold activation
  • 生体外で肝や血清を放置すると古典経路が活性化される状態で、血清抗体価は減少するが補体成分タンパク量は減少しない。EDTAを抗凝固剤として用いるとこの現象はみられない。  ← ?
  • 慢性C型肝炎、肝硬変、混合型クリオグロブリン血症

血清補体価の低下

  • 血清補体価の低下が疾患の高活動性

国試


ブラジキニン」

  [★]

bradykinin BK
  • アレルギー、障害局所の腫脹、炎症反応に関与する

分類

性状

  • ポリペプチド
  • 9個のアミノ酸

産生

分解

作用

  • 血管平滑筋:弛緩→血管拡張→血圧↓
  • 内臓平滑筋:弛緩 収縮(QB2009.C-335)
  • 血漿滲出
  • 集合管:Na排泄↑
  • 発痛物質

産生の調節

  • 組織からの放出
  • 損傷組織から放出
  • 侵害刺激により組織に放出

分解の調節

アンジオテンシン転換酵素阻害薬(ACE阻害薬)によりブラジキニンの濃度が上昇する
→咳を誘発
ブラジキニン胎児動脈管閉鎖に関わっているので、母胎にACE阻害薬を投与すると胎児の動脈管が閉鎖する

分子機構

臨床関連

スーパー抗原」

  [★]

superantigen



内毒素」

  [★]

endotoxin
エンドトキシン菌体内毒素 bacterial endotoxin
外毒素毒素リピドA

内毒素の生理作用

  • 発熱作用
  • ショック発現→エンドトキシンショック
  • 補体の活性化
  • 血液凝固の活性化
  • 白血球増加
  • Limulus testゲル化陽性
  • マイトジェン活性(B細胞)
  • 抗腫瘍性


内毒素ショック」

  [★]

endotoxic shock
毒素ショック感染性ショック毒素性ショック症候群エンドトキシンショック

ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



トキシン」

  [★]

toxin
毒素毒物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡