エステル

出典: meddic

ester


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/31 16:02:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 分解性熱硬化性樹脂開発のためのヘミアセタールエステル結合を有する多官能性モノマーの合成と重合
  • 水口 順子/漆崎 美智遠/阪口 壽一/橋本 保
  • 福井大学大学院工学研究科研究報告 61, 91-96, 2013-03-29
  • NAID 110009558004
  • シュウ酸エステル類の化学発光研究
  • 三浦 大和,近藤 潤
  • 豊田工業高等専門学校研究紀要 45, 159-164, 2013-02-12
  • NAID 110009560978

関連リンク

有機エステルの化学式は慣例的に RCO 2 R' (RとR'はそれぞれカルボン酸とアルコール由来の炭化水素基)と記される。例えば、n-ブタノールと酢酸から誘導される酢酸ブチルは CH 3 CO 2 C 4 H 9 と記される。この他、炭化水素基の略号を ...
有機エステルの化学式は慣例的に RCO 2 R' (RとR'はそれぞれカルボン酸とアルコール由来の炭化水素基)と記される。例えば、n-ブタノールと酢酸から誘導される酢酸ブチルは CH 3 CO 2 C 4 H 9 と記される。この他、炭化水素基の略号を ...

関連画像

は エステル ブライト エステル  様。通称エステル 18歳PSP】「テイルズ オブ ザ エステルのがいっぱい  ズ オブ ヴェスペリア エステルお気に入り登録 友だち登録

添付文書

薬効分類名

  • HMG-CoA還元酵素阻害剤

販売名

アトルバスタチン錠5mg「明治」

組成

  • アトルバスタチン錠5mg「明治」は、1錠中に下記の成分を含有する。

有効成分

  • 日局アトルバスタチンカルシウム水和物 5.42mg(アトルバスタチンとして5mg)

添加物

  • 乳糖水和物、D-マンニトール、ショ糖脂肪酸エステル、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール400、三二酸化鉄、カルナウバロウ

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 肝代謝能が低下していると考えられる以下のような患者
    急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸[肝硬変患者において、本剤の血漿中HMG-CoA還元酵素阻害活性体濃度が健康成人に比べて上昇した(AUCで4.4〜9.8倍)臨床試験成績がある。したがって、これらの患者では本剤の血漿中濃度が上昇し、副作用の発現頻度が増加するおそれがある。また、本剤は主に肝臓において作用し代謝されるので、肝障害を悪化させるおそれがある。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
  • テラプレビルを投与中の患者[「相互作用」の項参照]

効能または効果

  • 高コレステロール血症
  • 家族性高コレステロール血症
  • 適用の前に十分な検査を実施し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症であることを確認した上で本剤の適用を考慮すること。
  • 家族性高コレステロール血症ホモ接合体については、LDL-アフェレーシス等の非薬物療法の補助として、あるいはそれらの治療法が実施不能な場合に本剤の適用を考慮すること。

・高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

・家族性高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。

慎重投与

  • 肝障害又はその既往歴のある患者、アルコール中毒の患者[本剤は主に肝臓において作用し代謝されるので、肝障害を悪化させるおそれがある。また、アルコール中毒の患者は、横紋筋融解症があらわれやすいとの報告がある。]
  • 腎障害又はその既往歴のある患者[横紋筋融解症の報告例の多くが腎機能障害を有する患者であり、また、横紋筋融解症に伴って急激な腎機能の悪化が認められている。]
  • フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)、免疫抑制剤(シクロスポリン等)、ニコチン酸製剤(ニセリトロール等)、アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)、エリスロマイシンを投与中の患者[一般にHMG-CoA還元酵素阻害剤との相互作用により横紋筋融解症があらわれやすい。(「相互作用」の項参照)]
  • 糖尿病の患者[糖尿病を悪化させることがある。]
  • 甲状腺機能低下症の患者、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある患者、薬剤性の筋障害の既往歴のある患者[横紋筋融解症があらわれやすいとの報告がある。]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]

重大な副作用

(頻度不明)

横紋筋融解症、ミオパチー

  • 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれ、急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止すること。また、ミオパチーがあらわれることがあるので、広範な筋肉痛、筋肉圧痛や著明なCK(CPK)の上昇があらわれた場合には投与を中止すること。

劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸

  • 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

過敏症

  • 血管神経性浮腫、アナフィラキシー反応、蕁麻疹を含む過敏症状があらわれたとの報告があるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症

  • 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、多形紅斑

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、多形紅斑等の水疱性発疹があらわれたとの報告があるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

高血糖、糖尿病

  • 高血糖、糖尿病があらわれることがあるので、口渇、頻尿、全身倦怠感等の症状の発現に注意するとともに、定期的に検査を行うなど十分な観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

  • 間質性肺炎があらわれることがあるので、長期投与であっても、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元アラキドン酸」「ester」「エステラーゼ
拡張検索ペントサン多硫酸エステル」「リンゴ酸エステル」「コレステロールエステル転送蛋白質」「ガラクトセレブロシド硫酸エステル
関連記事エス

アラキドン酸」

  [★]

arachidonic acid, arachidonate
5,8,11,14-エイコサテトラエン酸 5,8,11,14-eicosatetraenoic acid5,8,11,14-イコサテトラエン酸 5,8,11,14-icosatetraenoic acid
脂肪酸必須脂肪酸
  • 炭素数が20で二重結合を4つ有する
  • CH3(CH2)4(CH=CHCH2)4(CH2)2COOH
  • リノール酸から合成される
  • アラキドン酸は細胞膜の中にホスファチジルイノシトールのC2エステルまたは他のリン脂質のエステルとして蓄えられる (FB.159)
ホスホリパーゼA2の作用でアラキドン酸として遊離

機能

ロイコトリエンプロスタグランジンの前駆体
prostanoidcyclooxygenase pathway
leukotrienelipoxygenase pathway
epoxide:cytochrome P-450 epoxygenase pathway

代謝



ester」

  [★] エステル

WordNet   license wordnet

「formed by reaction between an acid and an alcohol with elimination of water」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「エステル(酸とアルコールから水を分離してできる化合物の総称)」

エステラーゼ」

  [★]

esterase
  • エステルを酸とアルコールに分解する酵素の総称。リパーゼなど。



ペントサン多硫酸エステル」

  [★]

pentosan sulfuric polyester
ペントサン・リ硫酸ナトリウム、ペントサン・リサルフェート


リンゴ酸エステル」

  [★]

malate
リンゴ酸リンゴ酸塩


コレステロールエステル転送蛋白質」

  [★] コレステロールエステル転送蛋白


ガラクトセレブロシド硫酸エステル」

  [★]

スルファチド


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡