アルドース還元酵素阻害薬

出典: meddic

aldose reductase inhibitor, ARI
糖尿病治療薬薬理学アルドースレダクターゼ阻害薬


  • 糖尿病自体の治療ではなく、糖尿病合併症の治療薬である
  • 糖尿病性末梢神経障害の治療に用いられる。

作用機序

  • 高血糖では、細胞内で以下の反応が盛んに起こっている。ソルビトールが末梢神経障害の原因とされる。アルドース還元酵素阻害薬は細胞内のソルビトールの蓄積を妨げ、症状を改善する。
グルコース-(アルドース還元酵素)→ソルビトール

アルドース還元酵素阻害薬




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルドース還元酵素阻害薬エパルレスタットによる薬物性肝障害の1例
  • 藤瀬 幸,孝田 雅彦,加藤 順,徳永 志保,的野 智光,杉原 誉明,永原 天和,植木 賢,岡本 欣也,大山 賢治,岡野 淳一,前田 直人,桑本 聡史,村脇 義和
  • 肝臓 52(6), 351-355, 2011
  • 症例は60歳代の女性.平成21年2月頃から口渇・多飲・全身倦怠感が出現し,約3カ月で5 kgの体重減少を認めた.同年5月に空腹時血糖291 mg/dl ,HbA1c 12.6%と異常を認め,糖尿病および末梢神経障害の診断にてインスリン治療およびエパルレスタット150 mg/日と高コレステロール血症に対してロスバスタチンが開始された.7月中旬にAST 246 IU/L,ALT 375 IU/Lと肝機 …
  • NAID 130000880383
  • アルドース還元酵素阻害薬 (糖尿病性細小血管症(第2版)--発症・進展制御の最前線) -- (糖尿病性細小血管症の薬物療法の進歩)
  • 糖尿病神経障害 アルドース還元酵素阻害薬 (特集 あの疾患・治療はどうなった?) -- (あの治療の現在の位置づけは?)

関連リンク

アルドース還元酵素阻害薬 薬品名・・・キネダック (ここをクリックすると実際の薬品が見られます。) どのようにして効くのか これは血糖値を下げる薬ではありません。 糖尿病によって起こる合併症の1つである ...
アルドース還元酵素阻害薬について。糖尿病治療薬の種類と副作用を解説しています。アルドース還元酵素は、神経内でグルコースからソルビトールを合成するポリオール代謝の律速酵素です。
キネダック)があります。エパルレスタットは アルドース還元酵素阻害薬 と呼ばれる種類の薬になります。 エパルレスタット(商品名: ありません。糖尿病によって腎臓の機能が悪くなって透析が必要になったり、目が見えなく ...

関連画像

アルドース還元酵素活性による アルドース還元酵素阻害薬の  のアルドース還元酵素阻害作用アルドース還元酵素阻害薬


★リンクテーブル★
先読み薬理学」「糖尿病治療薬
リンク元エパルレスタット」「ARI」「aldose reductase inhibitor
関連記事酵素」「アルドース」「」「還元酵素」「阻害

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


糖尿病治療薬」

  [★]

antidiabetic, antidiabetics, antidiabetic drug
薬理学糖尿病
SPC. 347


 肥満度高        ビグアナイド
 
 肥満度低     αGI      SU剤
       血糖値低   中    高

糖尿病治療薬一覧

糖尿病治療薬と体重

DMR.110
  血中インスリン濃度 単剤使用での低血糖 体重
インスリン分泌刺激薬
ビグアニド系薬 →~↓ →~↓
αグルコシダーゼ阻害薬 ××
インスリン抵抗性改善薬 →~↓
インスリン

禁忌

  • 妊婦に対しては経口糖尿病治療薬は禁忌。
  • 腎不全に対してはスルホニル尿酸薬(遷延性の低血圧を来す危険あり)やビグアニド薬(乳酸アシドーシスを来す危険有り)は禁忌。


エパルレスタット」

  [★]

epalrestat
エパタットエパルドースキナルドースキネアドールキネグルコキネスタットキネダックキネックスキネルダーキャルマックサイロフトモネダックス
アルドース還元酵素阻害薬糖尿病治療薬薬理学

概念

  • アルドース還元酵素阻害剤、糖尿病性合併症治療

適応

  • 糖尿病性末梢神経障害に伴う自覚症状(しびれ感,疼痛),振動覚異常,心拍変動異常の改善(糖化ヘモグロビンが高値を示す場合)

重大な副作用

  • 1. 血小板減少(頻度不明)
  • 血小板減少があらわれることがあるので,このような症状があらわれた場合には,投与を中止すること.
  • 2. 劇症肝炎,肝機能障害,黄疸,肝不全(頻度不明)

参考

  • エパルレスタット錠50mg「タナベ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999013F1282_1_01/3999013F1282_1_01?view=body



ARI」

  [★] アルドース還元酵素阻害薬 aldose reductase inhibitor

aldose reductase inhibitor」

  [★] アルドース還元酵素阻害薬


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





アルドース」

  [★]

aldose
糖質単糖
  • 単糖とは炭素原子3個以上を含む直鎖のポリヒドロキシアルデヒドまたはポリヒドロキシケトンである (FB.135-136)
  • 単糖はカルボニル基の種類と炭素の数で分類する (FB.135-136)
  • カルボニル基がアルデヒドならアルドースという (FB.135-136)


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



還元酵素」

  [★]

reductasereducing enzyme
レダクターゼリダクターゼ
オキシドレダクターゼ


阻害」

  [★]

blocking(精神医学), inhibition(生化学)
遮断 blockade途絶





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡